旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

肩こり・首こりは温熱シート(蒸気の温熱シート/メディカルジーン)で軽減

わたしはITエンジニアで、一日中パソコンを使っています。
そのため、肩こり、首こりはかなりひどいです。
これまでもいろいろなことを試してきました。
以前ご紹介したツボきーくもその1つです。

関連記事: 肩こりにはドイツ生まれのツボきーく - GAMILOG

今回は、その肩こり・首こりの症状を緩和する方法のご紹介です。
実際にわたしは肩こり・首こりの症状がひどくなったらこの方法を試しています。
根本治療ではないですが、かなり楽になります。

肩こり・首こりの原因、血行不良

肩こり・首こりの原因はいくつかあると思いますが、そのうちの1つは血行が悪くなることです。
血行が悪くなることでコリの症状が出てきて、ひどくなると痛くなります。
そこで血行をよくする必要があります。
わたしが実施している血行促進の方法としては、これまでにもご紹介した入浴剤があります。

この方法も肩や首の血行をよくするための方法です。
だいぶ楽になりますよね。
そんな状態をお風呂の時間以外にもキープしたいものです。
その方法が今回ご紹介する方法です。

温熱シート

その方法が、温熱シートです。
温熱シートというのは、40℃くらいに発熱するシートです。
ホッカイロとは違い肌に直接貼れるものがあります。
わたしがオススメしているのはこの肌に直接貼れるものです。
オススメの2つをご紹介です。

めぐりズム 蒸気の温熱シート

これは有名なシリーズ。
蒸気のほっとマスクが有名ですね。

f:id:gami_bookmark:20170411211804j:plain

このめぐりズムシリーズの1つです。
若干高いですが、間違いないですね。

約40℃の状態が5~8時間続きます。
わたしは寝る前にこれを首に貼ってねることがおおいです。
気持ちよい暖かさが眠りに誘ってくれますよ。

メディカルジーン

これはめぐりズムの代わりに使ってみたら調子が良かったものです。
f:id:gami_bookmark:20170411211958j:plain

めぐりズムを買いに行ったけどなくて、これがあったので試してみました。
値段は安いのですが、高価はほぼおなじ。
まとめて買うならこちらがオススメかもです。

使い方

どちらの温熱シートも箱に入ってますが、個包装になっています。 f:id:gami_bookmark:20170411211830j:plain

この個包装を開けると温かい状態になります。
ですので、開けると使わなければなりません。
f:id:gami_bookmark:20170411211906j:plain

シートは端っこに両面テープがついていて、これを肌に貼ります。
f:id:gami_bookmark:20170411211930j:plain

思ったより強力でなかなか外れないですよ。
少しするとじんわりとあたたかくなってきます。   めぐりズムに関してはパッケージに蒸気の温熱が患部に効くとありますが、蒸気はあまり感じれないかもです。
ほっとマスクは蒸気を感じることができますが、こちらのシートでは期待しないほうがいいです。

あたたかさはお風呂に浸かっているような感じです。
心地よいですよ。
使い終わると、肩や首が軽くなっています。

症状の軽減に

どうしても、根本治療にはならないですねぇ。
肩こり・首こりとはある程度気長に付き合って行く必要があります。
わたしは日常的にツボきーくをつかってツボ押しして、夜は入浴剤。
ひどくなってきたら温熱シートで軽減。
痛みが出たら、湿布。
といった流れで付き合っています。
今後もいろいろチャレンジしていこうと思っていますので、いい方法が見つかりましたら、またご紹介します。

肩こり関連の記事はこちら 肩こりにはドイツ生まれのツボきーく
コンビニやドラッグストアで買える入浴剤おすすめ3選
ドラッグストアで買えるプレミアムな入浴剤を試してみました!