ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【おすすめ入浴剤まとめ】ロフトや東急ハンズなどで買える少し贅沢な入浴剤

入浴剤タイトル

年間100泊程度出張しています。
体調管理のために、ビジネスホテルでのお風呂では湯船にお湯をはって浸かるようにしています。
やはりシャワーだけ浴びるよりは断然効果がありますからね。

そんな時に利用するのが入浴剤です。
このブログでもずっとコンビニで簡単に買える入浴剤について以前ご紹介しました。

この記事、意外に皆さん見ていただいているみたいでうれしいです。
これまでは旅先で簡単に手に入れるならコンビニと思っていたのですが、実はどこの街にもあるのがロフト東急ハンズです。
こちらのお店ですともっと種類も多く、選ぶ楽しみもあります。
そこで、今回はロフトや東急ハンズで買えるおすすめの入浴剤のご紹介です。
少しだけ贅沢なものを選んでみました。
ちなみに全てわたしが*実際に使ってのレビューです。

おすすめ入浴剤:プレミアムなバブ「バブ エピュール」

まずは、日本の入浴剤の代表格バブのプレミアムラインであるバブ エピュールです。
ロフトや東急ハンズではこんな個包装で売っています。
f:id:gami_bookmark:20161222214328j:plain

通常のバブは固形ですが、この入浴剤は粉末です。
お湯にとかすとこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20161222214255j:plain 粉末なのですが、泡立ちがあります。
その泡が通常のバブと比べると明らかに細かいんですよね。

しかも泡が長持ちします。
ずっと表面に白い小さい泡の粒が残ってます。
これによって入浴効果が高まって、汗をかいて、お風呂から上がった後もあったかい状態が続いてました。
疲れに効いている感じがすごくします。
細かい泡に包まれてリラックスしたいときにはおすすめです。

ちなみに香りは3種類あります。
それぞれ個包装ではないパッケージで販売されていますので家で使うならこちらがいいですね。

おすすめ入浴剤:疲れを取るなら「きき湯FINE HEAT」

次にご紹介するのは、きき湯のプレミアム版です。
きき湯はコンビニで買える入浴剤として紹介した3つの入浴剤の中で一番効果を感じることができた入浴剤でした。
きき湯ファインヒート」です。
わたしが試したのは以下の3種類です。

きき湯プレミアム

両端の2つは通常のきき湯に

  • 濃厚炭酸ガス
  • ジンジャー粉末
  • 温泉ミネラル

を配合したものです。
まずはこの2つからご紹介です。
お風呂に入れようとすると入浴剤がこんな感じで、粒がでかい!
f:id:gami_bookmark:20161223110626j:plain

なんだか期待できますよね。
f:id:gami_bookmark:20161223110705j:plain

お湯に入れると炭酸は通常ものより強く、鼻で吸うとちょっとむせそうになります。
体に染み渡っている感じは実感できました。
ですが、思ってたよりは強めの効果ではなかったです。

ですが上の写真の真ん中のこちらはちょっと違いましたよ。
FINE HEAT(赤)

このシリーズはきき湯ファインヒート スマートモデルというシリーズで、ファインヒートに更に3つの成分が追加されています。

FINE HEATまとめ

このトウガラシ、レモン、塩の効果が抜群で、風呂上がりの体の温浴効果がかなりありました。
ずっと体があったかくて気持ちい感じ。
疲れが体感レベルで抜けました。

おすすめ入浴剤:お肌すべすべ「東京べっぴん入浴剤 米ぬか」

次におすすめするのはここまでご紹介したものとは少し違う系統です。
東京べっぴんの入浴剤(米ぬか)です。

東京べっぴん

こちらの入浴剤は、産地限定にこだわった日本古来の成分が入っています。
具体的には、富山産コメヌカエキス、兵庫産ヨモギエキス、徳島産ユズ果汁が入っています。
優しい成分です。
徳島産のユズ果汁が本当にいい匂いで、リラックス効果がありますよ。

中身はこんな感じで、発泡剤も入っているのがポイントですね。
東京べっぴん中身

発泡剤が入っているので微炭酸で気持ちいいです。
また匂いを拡散する効果もあると思います。

で、この入浴剤の最大の効果は美肌効果だと思います。
とにかく、お風呂上がりお肌すべすべです。
びっくりしましたが、保湿されている感がとても強かったです。

優しい匂いと、保湿で全身リラックス間違いなしですよ。

ちなみに、こちらの入浴剤のシリーズには米ぬかの他に甘酒もあります。
結構お酒の匂いが強いですが、お酒の匂いが好きな方はこちらで。
保湿効果は米ぬかと同じくらいありました。

おすすめ入浴剤:ハーブの香りのバスソルト「アーユルタイム」

入浴剤の種類の中にバスソルトというものがあります。
塩化ナトリウムなどの砕いた水溶性鉱物などから作られるもので、簡単にいうと岩塩みたいなブツブツしたものをお風呂に入れます。
そんなバスソルトのシリーズがあのバスクリンから出ています。
それが「アーユルタイム」です。

私が使ったのはこちらです。
アーユルタイム

レモングラスベルガモットの香りです。
とてもさわやかな香りがします。
中身はこんな感じで、まさにバスソルトというようなもの。

アーユルタイム中身

これをお湯の中にいれてまぜると完全に溶けます。
あまりにも硬いので完全に溶けるかどうか心配でしたが、問題ありませんでした。

優しい香りがしてリラックスできますよ。
どこかはちみつのような香りもします。

入っているときにはそんなに体に効いてる感覚はなかったのですが、お風呂上がりに体が軽くなった感じがしました。
ジワーッと効く感じですね。
体の匂いもずっといい匂いでそのまま布団に入ると気持ちよく眠れます。

おすすめ入浴剤まとめ

ということで、今回はわたしが旅先で使っているおすすめの入浴剤をご紹介しました。
体の疲れを取りたいとき、いい匂いでリラックスしたいとき、などいろんなシチュエーションがあると思います。
それに合わせて入浴剤を選んでみてはどうでしょうか?

ロフトや、東急ハンズの入浴剤売り場はかなり充実していますので行ってみると新しい発見があるかもですよ。