ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【無印良品 スーツケースレビュー】キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリーが使いやすくコスパ高くておすすめ

f:id:gami_bookmark:20190112102034j:plain

年間100泊旅しているわたしが旅行で使うスーツケースについてご紹介します。
いろいろ試した結果、無印良品のスーツケースのうち、キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリーを選びました。
このスーツケースわたしは2代目で、買い替えたくらい気に入っています。
有名な海外製のスーツケースはちょっと高すぎて…という方におすすめできるコスパの高いいいスーツケースです。

無印良品のスーツケースのラインナップ

無印良品にはいくつかのスーツケースの種類があります。

  • 半分の厚みで収納できるソフトキャリー
  • アルミハードキャリー
  • キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー

名前がそおスーツケースの特徴を表しているので特に説明はいらないですね。
この中で私が選んだのがキャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリーです。

それぞれの値段ですが、「半分の厚みで収納できるソフトキャリー」と「キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー」が1万円前後で、「アルミハードキャリー」が7万円くらい。
無印良品で7万円前後のキャリーケースを買うことはないですね。

無印良品のスーツケースのサイズ

今回ご紹介する「キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー」にはいくつかサイズがあります。

f:id:gami_bookmark:20190112093728p:plain

この中で私は35Lを利用しています。
出張が2~3泊だということ、一人で旅することが多いこと、飛行機に持ち込めることから35Lを選びました。
特に飛行機に持ち込めるのはわたしにとっては大きいです。
空港での荷物待ちの時間がもったいないんで。

無印良品の店頭にならんでいるときは少し小さいかなと思いましたが、結構収納力ありますよ。
この写真だと一番手前が35Lです。
f:id:gami_bookmark:20190112093737j:plain

無印良品のスーツケースの外観

このキャリーケースの外観はとにかくシンプルです。
色は黒を選びました。
こんな感じの見た目です。
f:id:gami_bookmark:20190112093802j:plain

黒を選んだこともあり、かなりシンプルな外観ですよね。
表面がメッシュのように凹凸のある独特な素材感です。

全周をジップで囲んでいて、TSAロックがついています。
f:id:gami_bookmark:20190112093827j:plain

ホイールは4つついていて、どのホールも大きめでよく転がります。
f:id:gami_bookmark:20190112093905j:plain

外からの見た目はとてもシンプルなデザインですので、ステッカーなどを貼ってもいいですね。

無印良品のスーツケースのキャリーバーは高さが調節できます

商品名にもなっていますが、このキャリーバーの最大の特徴が、キャリーバーの高さを自由に調節できるところです。
一般的なスーツケースのキャリーバーって、何段階か(だいたい3段階くらい)でしか止まりませんよね。
でもこのスーツケースはどこでも止めたいところで止まるのです。

身長に合わせて変えれるのはもちろんですが、階段を歩いたりするときにちょっとだけ下げたいときなどにとても便利。
極端な例だとこんなポジションでも止めることができます。
f:id:gami_bookmark:20190112094105j:plain

一番伸ばすとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20190112094130j:plain

かなり自由度が高いと思います。
この特徴だけでこのスーツケースを最初は選びました。
それぐらい、便利だと思います。

無印良品のスーツケースはよく動きよく止まる

スーツケースを使う時に一番きになるのは、ホイールの動きですよね。
この大きいホイールかなり動きます。
f:id:gami_bookmark:20190112095749j:plain

これは他のスーツケースを使ったことのある人ならすぐにその動きの良さに感動すると思いますが、かなり軽快に動きますよ。
今まで、ホイールでストレスを感じたことはありません。
ちなみに耐久性のほうですが、私が初代のこのスーツケースを買って、年間100泊以上持ち歩き、4年はもちました。
4年たっても一番最初に壊れたのはキャリーバーで、こんな感じで疲労破壊して終わりました。
f:id:gami_bookmark:20190112095827j:plain

その間ホイールは周り続けていましたよ。

で、このホイールすべりが良すぎて、駅のホームとかで勝手に進むことがあります。
電車の中とかでも手を離すと大変です。

そこでロック機能がついています。
f:id:gami_bookmark:20190112095846j:plain ここのボタンをこういう感じでおしておくとホイールがロックされます。
これ、初代のころにはなかった機能で、電車の中で使う時に便利です。

よく滑り、よく止まる、そういうホイールで使いやすいですよ。

無印良品のスーツケースの中身

スーツケースを広げると荷室が2つあります。
ひとつはベルトがついているだけの荷室で、もう一つは全面をカバーで覆っているもの。
f:id:gami_bookmark:20190112095924j:plain

ベルトがついているだけの荷室のほうは、キャリーバーが通っているので、底が平らではないです。
これがちょっと使いにくいです。
f:id:gami_bookmark:20190112100037j:plain

ですが、反対側の方は底が平らです。
カバーを開くと結構なスペースの収納空間があります。
f:id:gami_bookmark:20190112100107j:plain

このカバー自体もメッシュポケットになっていて、ちょっとした収納に使えます。
このポケットが意外と便利です。
f:id:gami_bookmark:20190112100202j:plain

ここに私は無印良品の「たためる仕分けケース」を使って荷物をパッキングしています。
f:id:gami_bookmark:20190112100709j:plain

2泊3日までならのひとり旅なら十分余裕をもって収納できると思います。
いつも3泊4日の出張ですが問題なく使えていますよ。
私がこのスーツケースに詰めて持っていっているものもご紹介しておきます。

無印良品 スーツケース レビュー」まとめ

ということで、今回は無印良品キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリーについてご紹介しました。
35Lで約15,000円ですので、激安ではないですが、高すぎることもないと思います。
シンプルで使いやすいスーツケースを探されている方にはピッタリなスーツケースです。

このスーツケースと一緒に東急ハンズの衣類圧縮袋を使っていますが、これがサイズがぴったりでものすごく使いやすいです。
スーツケースの中のパッキングにはこちらの衣類圧縮袋がおすすめですよ。

無印良品ときいて、耐久性を気にされる方もいるかもしれませんが、私は初代のこのスーツケースで4年もちました。
私の4年なので400泊くらいww
それだけもてば十分なのではないでしょうか。

スーツケースに迷われているかたはぜひ、選択肢に入れてみてください。

無印良品の商品はLOHACO(ロハコ)で買うことができます。
LOHACO(ロハコ)ですとTポイントがたまるのでTポイント貯めている方はこちらから買ったほうがお得ですね。