ひとり旅と音楽が人生を豊かにしてくれる、はず

【Anker PowerCore+ mini レビュー】持ち運び便利なコンパクトモバイルバッテリー

f:id:gami_bookmark:20181013133137j:plain

スマートフォンに、ミュージックプレイヤー、タブレットなど、持ち運ぶガジェットがふえて困るのがバッテリー問題ですね。
わたしのように出張して外出することが多い場合、なおさら困ります。
そこで、今回はわたしが購入したモバイルバッテリーについてご紹介したいと思います。
Anker PowerCore+ miniです。

Anker PowerCore+ mini 外観

今回ご紹介するモバイルバッテリーはAnkerという会社のものです。
Apple Storeでも売られている信頼のある会社で、モバイルバッテリーが主な商品です。
今回はそんな会社のAnker PowerCore+ miniというモバイルバッテリーをご紹介します。

ここのモバイルバッテリーはデザインが秀逸で、箱からすでに期待させるデザインです。
f:id:gami_bookmark:20170825181419j:plain

まるでMacのようなメッセージ入りのカードが入ってます。
f:id:gami_bookmark:20170825181447j:plain

そして本体の方はこちらです。
f:id:gami_bookmark:20170825181611j:plain

カード型というか、四角いデザインの多いモバイルバッテリーの中で円柱形のスティックタイプ。
このデザインに惚れました。
四角いデザインって結構かさばるんですよね。

しかも質感がかなりいいです。
いわゆるアルミ削り出しのようで、高級感があります。
毎日使うもの、見た目は大事です。
ちなみに黒、シルバー意外にもピンク、ゴールド、ブルーがあります。
f:id:gami_bookmark:20181013133343j:plain

付属品にケースもついているので、傷なども安心。
至れり尽くせりです。

f:id:gami_bookmark:20170825181831j:plain

I/Fはとてもシンプルで、USBとマイクロUSBのI/Fがあります。
USBは給電用、マイクロUSBが充電用。

f:id:gami_bookmark:20170825181911j:plain

小さいボタンがついていてここを押すと充電できます。
このボタンは発光するのですが、充電量を色で表現してくれるのもうれしいところです。
緑の間は50%以上残っていますので安心して使えます。

Anker PowerCore+ mini 持ち運び性能

モバイルバッテリーを選ぶに当たって、最優先に考えたのがモバイル性。
特に重量はかなり気にしました。
せっかくPCなどで重量を気にして軽いものを選んでもモバイルバッテリーが重いと意味がないですよね。

また、基本的にスマートフォンは毎日満タンで使い始めて夕方にバッテリーがなくなる感じなので1回充電できれば十分。
そんな条件でいろいろ探して決めたのがAnker PowerCore+ miniです。
  ちょうど片手に収まるくらいのいい感じのサイズ感です。
f:id:gami_bookmark:20170825181710j:plain

このサイズなので、カバンの開いたスペースに放り込んでおけます。
大きさが全くきにならないモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore+ mini 充電性能

肝心の充電の性能ですが、カタログスペックでは以下の通りです。

最大容量を誇る3350mAhバッテリーセルを使用。iPhone 8Galaxy S8に約1回、その他ほとんどのスマートフォンにも1回以上の充電が可能です。

で、実際どうだったかというと、私のiPhoneSEでも約1回の充電ができました。
この約1回というのは、1回できないのではなく、1回とちょっとできるという感じ。

のこり20%の状態で満タンにしたあとに更に少しだけ充電できるような感じでした。

「Anker PowerCore+ mini レビュー」まとめ

ということで、本記事ではAnker PowerCore+ miniをレビューしてみました。

とにかく小さくて、持ち運びはかなりやりやすいです。
充電性能としてはスマートフォン1回分はありますので、用途として、複数のガジェットを充電するのでなければ十分だと思います。
持ち運び便利なモバイルバッテリーを探されている方にはおすすめできますよ。

Ankerの製品はAnker公式オンラインストアでも買えます。