1人旅と大好きなモノで人生をちょっとだけ豊かにするメディア

イラスト豊富でわかりやすい、小学生の英語辞書はレインボー英和和英辞典がオススメです。

我が家の小学校3年生の長男は英会話を習っています。
はじめは親が進めて通わせてみたのですが、今は結構楽しんで行けているようで親としてはうれしいところです。
そんな長男のために英語の辞書を選ぼうといろいろ調べてみました。
かなり種類あって本当悩みますよね。
英会話スクールの先生にも相談してみたのですが、「基本、なんでも大丈夫ですよ!」とのこと。
困ります。
そこで、私なりに調べて考えて、最終的にはレインボー英和和英辞典にしました。
今回は決めた理由とか、考え方とかをお伝えしたいと思います。
同じように悩んでいる方の参考に少しでもなればいいです。

辞書いるのか?ネットでよくないか?

そもそも論なのですが、書籍としての辞書がいるか?というところです。
これだけインターネットが発達して、スマートフォンに辞書アプリがある現代において辞書っているんですかね?
はじめはいらないと思っていました。

我が家では子供に使わなくなったiPhoneWi-Fiだけで使えるようにして渡してます。
そのiPhoneでアプリを入れれば一応十分です。
でも、アプリとかネットの検索結果見たことありますか? こんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170127122910j:plain

まぁ間違いではないですよね。
でも、これだと面白みも何もない…
親としては英語に興味を持ってもらいたい、面白みを感じてもらいたいので、この結果だとダメだと思っています。
また、ネットだと調べた結果にふりがながないので読めない字も多い…
1人で調べられないですよね。

ということで、ネットではなく、子供用の辞書を与えようと思いました。

もちろん、電子辞書という選択肢もあったのですが、壊しそうで…
しかもそこそこ値段するので、ちょっと怖かったのでやめました。

子供用の英語辞書

そこで、子供用の英語辞書を調べてみました。
結構たくさんあるんですね。
悩みます…
Amazonのレビュー見たり、実際の本屋さん行ったりして決めました。

私が今回選んだ辞書以外に検討した辞書はドラえもん はじめての英語辞典です。

我が家では子供用の国語辞典としてドラえもんの国語辞典を使っています。

小学1年生のころはよかったんですが、だんだん調べる言葉が載っていないことが多くなりました。
語彙が少なすぎる気がします。
そういう印象を持っていました。
小学校1年生であればいいかもしれませんが、3年生には少なかったのです。
そういうイメージを持っていて英語辞書を検討する際にも語彙の多さはレビューなどで気にしていたのですが、Amazonのレビューを見ると、語彙が少ないとのレビューがそこそこ見られます。
ですので、今回は見送ることにしました。
ドラえもんですんで、興味をひくことはできます。
もっと小さいお子さんを対象にするのであればいいのかもしれません。

絵がたくさん入った楽しい辞書

そこで最終的に選んだ辞書が今回ご紹介するレインボー英和和英辞典です。
f:id:gami_bookmark:20170127122938j:plain

こちらの辞書は本屋でも中身を確認して買いました。
とにかく、絵が多いです。
カラフルなイラストが描かれており、子供の目を引くデザインだと思います。
f:id:gami_bookmark:20170127123030j:plain

まだ英語を習っていない長女も中身を絵本のように見ていました。
また、例文が多いのもいいみたいで、子供はその例文をよく声に出して読んでます。

CDもついていて、音楽や、発音もある程度学べます。
ここに関してはおまけレベルですが…

長く使えそう

小学生に対しては長く使えそうな1冊です。
とにかく、興味を持って、自分で調べるようになってもらいたい思いがあります。
この辞書のように絵が充実していることは小学生にとっては、(うちの子供にとっては)重要なことなのかもしれません。
辞書の中で英語の読み方をカタカナで書いていますが、まぁ、今の時点ではいいかなぁと思っています。
こども用の英語辞書に迷われましたら、今回ご紹介した辞書、オススメします。

子育て関連の記事はこちら 子供と一緒にファミコンミニをプレイしてみた
子供用の地球儀は1人で学ぶことのできる「しゃべる地球儀」がおすすめです(パーフェクトグローブ)
小学3年生の息子のためにパソコンの使い方を教える教科書を作ってみました。(noteで公開中)
小学生くらいの子供のカメラに最適です、Nikon COOLPIX W100