"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

[お気に入りレコード]ソウルフルなピアノを満喫できる良盤、SOUL FINGERS/MORRIS NANTON

コンガが入っていると邪道ととらえられる傾向がありますよね。
でもJAZZにコンガ、私はありです。
今回ご紹介するアルバムはピアノトリオにコンガが入っている編成のアルバムです。
私はこのMorris Nantonのピアノが大好きです。
なんとも気取ってなくて、それでいておしゃれで。

この人のリーダーアルバムはコンプリート目指してます!
といっても5枚ですが… ということで、今回はMorris NantonのSOUL FINGERSというアルバムをご紹介です。

f:id:gami_bookmark:20161217132631j:plain

全曲大好きなのですが、よりすぐりで何曲かご紹介です。

A2.The Shadow Oh Your Smile

コンガが入ることでなんとも映画音楽のような雰囲気を醸し出している名曲です。
この曲のようにコンガが活きることもあるので、コンガを毛嫌いしたくないんですよねぇ。
というか私はもともとラテン系の音好きですから、こういうカバーを純粋に楽しめます。

A3.Georgia

なんともブルージーなピアノですよね。
ナントンのこういうピアノ大好きです。
この曲も途中まではコンガも入っていないので、純粋なピアノトリオの作品として聴くことができます。 最後の最後で入ってきますがww でも、往年のJAZZファンの方で毛嫌いしている方にもぜひ、一度聴いてほしいです。

A4.Fly Me To The Moon

なんといってもこのアルバムではこの曲です。
途中までは?って感じでクラシックのような展開なのですが、途中から爆発します!
こんなに高揚感のあるFly Me To The Moonもないんではないでしょうか?
ドラムはブラジル音楽のようなリズムを刻み、ピアノはこの曲ならではの跳ねるようなフレーズで最後まであおります。
聴き終わるとそこには快感しかないですよww

B5. Soul Fingers

アルバムタイトルのこの曲はやはりいいです。
すごい渋い演奏ですよ。
Nantonのピアノを一番堪能できる曲ですね。
正統派のJAZZのスタイルで演奏が展開され、すこし長めですが、聴いてて飽きません。 アルバムの最終曲らしい曲ですね。 ちなみにこの曲はソウルセット渡辺俊美さんのセレクトCDにも入っています。

他にも名曲「LOVE」のカバーも入っていたりと、とにかくアルバム全体で楽しく聴けます。
かなりおすすめのアルバムです。
残念ながらCDで見ることはないですが、レコードではちょこちょこ出てきますのでぜひ手にとってみてください。