旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

スクリーンショットを超簡単に撮れるWindowsの標準ツールSnippingTool(もちろん無料)

SnippingToolってみなさんご存知ですか?
Windowsに標準で入っているツールなのですが、これがものすごい便利です。
ですが、同僚を見渡しても使っている人って全然いないんですよねぇ。
このツールも前回ご紹介したOneNoteと同様、結構使えるのに知らない、使っていない人が多いツールです。
そこで、私がいつも多様しているこのSnippingToolについて今回はご紹介です。
f:id:gami_bookmark:20161216085827j:plain

どんなツール?

どんなツールかというと、スクリーンショットを簡単に撮ってくれつツールです。
Windowsスクリーンショットといえば、

Alt + PrtSc

で全画面が撮れたり、

Alt + Ctrl + PrtSc

でアクティブなウィンドウのプリントスクリーンが撮れますね。
特にお仕事をやっていると、特定のウィンドウのプリントスクリーンを撮ることが多いと思います。
そんな時にAlt + Ctrl + PrtScって面倒くさくないですか?

そこで登場するのがこのSnippingToolです。 このツールは任意の領域のスクリーンショットを撮ることができるツールです。

使い方はとても直感的

このツールは使い方がとても直感的です。 起動すると小さいメイン画面が現れます。
こちらです。

f:id:gami_bookmark:20161212171924j:plain

すでにこの状態で、プリントスクリーンを撮れる状態になっています。
このウィンドウ以外の領域がグレーになっていると思います。
この状態でマウスを使ってドラッグアンドドロップするとプリントスクリーンを撮る領域を選択できます。

f:id:gami_bookmark:20161212172006j:plain

なおこのツールでは領域を選択する方法として
+ 自由形式の領域切り取り
+ 四角形の領域切り取り
+ ウィンドウの領域切り取り
+ 全画面領域切り取り
が用意されています。

f:id:gami_bookmark:20161212171941j:plain

このツールで領域を選択すると、その領域だけをスクリーンショット撮ることができるのです。
すごく直感的だと思います。

f:id:gami_bookmark:20161212172015j:plain

ウィンドウの一部分だけ切り出したい時などにわざわざペイントに貼り付けて編集しなくてもいいのです!
これだけでも使う価値ありますね。

アプリでちょっとだけ編集

このツールの使いやすいところの1つに少しですが、アプリ上で編集できることです。
具体的にはペンで文字や、線を描いたり、蛍光マーカーで強調したりできます。

例)赤ペンで○を付けた場合
f:id:gami_bookmark:20161212172220j:plain

この状態でCtrl+Cでコピーしてワードや、パワーポイントに貼り付けたり、そのまま画像としてJPGやPNGとして保存できます。   ちょっとだけ修正したい時に便利ですよ!

スクリーンショットを効率的に

このツールを使うとスクリーンショットがかなり効率的に撮ることができます。
資料作成の効率も上がると思います。

もちろんWindows標準なので無料ですので今すぐにお試しください!