ガミログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CDで買える!難しくないジャズの入門用のおすすめアルバムまとめ。

音楽

ジャズって何から聴き始めればいいかわからないですよね。
しかもCDで買えないものもあるんです。
さらに難しいジャズを聴いてしまうと、なんとなくわからなくなって苦手意識が…
そういう状況に陥らないように、私が聴いてきてすんなり受け入れることのできた難しくないアルバムを選びます。
手に入りやすいよう、ここではCDで買えるジャズのおすすめアルバムを色々な切り口でご紹介します。

これだけは聴いておかないと!

ジャズって難しそうと思っている人がいたら、まずこのアルバムから聴くことをすすめる。そしてこのアルバムを聴いてつまらないと思ったら、ジャズとは縁がなかったということ。(市川正二)

私もこのアルバムからジャズを聴き始めました。
マイルスのトランペットがどうこうよりもこのアルバムのAutumn Leavesを大きな音で聴いてみてください。
多分、気持ちいです!  

おもわず体がうごいてしまう。

波に乗る名トランペッター、ドーハムが初代ジャズ・メッセンジャーズの仲間たちと共に、圧倒的なラテン・ジャズを展開。 「アフロディジア」は世界中のクラブDJ御用達のキラー・トラック!

このアルバムはクラブシーンからも指示されたアルバムです。 「アフロディジア」ははじめて聴いたとき、衝撃を受けましたね。
体が勝手に動き出しました。
ラテンのリズムなのでジャズ初心者でもすんなり最後まで聴けるんではないでしょうか?
私はこのアルバムのおかげでジャズを嫌いにならずにすみましたww

有名でメロディアスな名曲を収録

誰もが口ずさんだといわれるアート・ブレイキーの代表的名盤。ファンキージャズといえばまず真っ先に思い浮かべるのが『モーニン』だろう。ボビー・ティモンズのペンによるこの曲は、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界中でヒットした。モダンジャズ黄金時代を象徴する名曲で、日本におけるジャズブームの火つけ役ともなった。

私がスタンダード曲の中で一番好きな曲がこのアルバムに入っているMornin'です。
おそらくどこかで聴かれたことがあるんではないでしょうか?
ジャズにはそういったどこかで聴いたことのある曲がたくさんあると思います。
まずはそういう曲から聴くと聴きやすいんではないでしょうか?

サンバジャズの名盤

ブラジルのサンバ・ジャズには名ピアニストが何人もいるが、その中でもテノーリオ・ジュニオルはテクニック、疾走感、抒情性と、三拍子揃ったピアニストだったと思う。そのテノーリオが唯一のリーダー作がこの「エンバーロ」だ。

こういうアルバムが一般的なおすすめまとめには入ってこないと思います。
そのそもいわゆるジャズといわれるモダンジャズやではなく、サンバジャズと呼ばれるブラジルのジャズになります。
でも、こういう聴きやすいものから是非聴いてください。
特に、「Nebulosa」が最高です。 ヒップホップアーティストにもサンプリングされた素晴らしいフレーズを聴くことができます。

やさしいトランペットが聴ける名盤

自己主張の強いジャズメンたちの中にあって、この人は力強い訳ではないし、テクニックがすごいでもない、ちょっとつかみ所のない気もするが、懐の深い、なんとも人が良さそうなやさしいトランペットを聴かせてくれる。

ジャズといえばトランペットですよね。
あまたのトランペット奏者がいますが、ブルー・ミッチェルはわかりやすい、やさいいトランペットを聴くことができると思います。
1曲目の「I'll Close My Eyes」が白眉で、きれいなメロディーのトランペットを聴かせてくれます。
じっくり聴くもよし、BGMのように流すもよし、すてきなアルバムですよ。

ニューヨークのため息、女性ボーカル入門

ヘレンの最高傑作といえば、1954年に録音した本作できまりだろう。極め付きの<2>はコール・ポーターの名曲だし、ほかにガーシュウィンやロジャース&ハートらのメジャースタンダードを取りあげていて、選曲がいい。それらの曲を控えめに料理したクインシー・ジョーンズのアレンジも冴えている。そして、クリフォード・ブラウンの素晴らしいトランペットソロが聴けるのも本作の魅力だ。当時25歳だったヘレンのみずみずしい歌声と輝かしいブラウンのソロ。その絶妙なコンビネーションがなんともいえずいい。2曲目が突出したかたちで有名になってしまったけど、ほかの曲もすべてチャーミングだ。(市川正二)

ジャズの1つの側面にボーカルがあると思います。
なんか、昔っぽくて、古臭くて、最初はダサいと思っていたのですが、このアルバムを聴いてからその印象は変わりました。
ニューヨークのため息と言われるハスキーボイスで歌われる名曲の数々は聴いていて本当に気持ちよくなります。
特に「You'd Be So Nice To Come Home To」はテレビでもたまに使われたりしてて、もしかしたら聴いたことがあるかもですよ。素敵な曲です。
ちなみにこのアルバムではクリフォード・ブラウンがトランペットを吹いています。
この人のトランペットも絶品です。

現代のかっこいいジャズ

ジャズといえば50~70年台を創造しがちですが、現行でも素敵なジャズはたくさんあります。
とくに、ロバート・グラスパーを始めとするいわゆるブラックミュージックと融合したジャズが人気ですね。
もちろんその流れも好きなのですが、おすすめするのはこちらのアルバムです。
ロイ・ハーグローヴは、ディアンジェロのアルバムにも参加しているトランペッターです。
とてもクールなトランペットを聴くことができます。 特に3曲目の「Strasbourg / St. Denis」はかなりいいですよ。