GAMILOG
出張族が見つけたいろんなモノやコト

議事録やメモをとるのにはOneNoteが最高だと思う

社会人ならみんな議事録作りますよね?

議事録と言わないまでも、メモをとりますよね?

そんなときに皆さんはどんなツール使っていますか?

ノートに手書きでしょうか?

それともPCでテキストエディタでしょうか?

 

私が扱う情報は基本的に電子化して最終的にはPCに情報は集めています。

ですので、メモの類も可能であればすべてPCに入力するようにしています。

ただし、客先でプレゼンする場合には、PCでメモがとれないのでノートを使います。

 

gamilog.hatenablog.com

 

そんな私がメモに使っているのがMicrosoftOneNoteです。

このアプリ、便利なのですが地味ですよねぇ。

社内で他に使っている人見たことないです。

でも、これほんとうに使いやすいツールなんですよね。

今日は勝手にアンバサダーとして、OneNoteの良さをご紹介したいと思います。

 

OneNoteとは

まずは、OneNoteとはというところからです。

OneNoteMicrosoftのOffice製品の1つです。

 

Microsoft OneNote | デバイスに対応したデジタル ノート作成アプリ

 

デジタルノート作成アプリということで、まさにメモにはもってこいのアプリなのです。

手書きもできたり、絵や写真を自由に貼れたり、と普通のテキストエディタよりもより、ビジュアルなノートを作成できる機能がついています。

特に手書きに関しては、私は普通のノートPCを使っているのであまり使いませんが、Surfaceとの親和性が高そうですね。

 

 

また、OneDrive経由でクラウドに保存することもできます。

こちらの機能に関しては、仕事では情報セキュリティの問題もあり、なかなか利用することはできないですね。

ただし、この機能は共同で作業することができるようになったり、結構強烈な機能なんでもったいないですよね。

 

議事録での活用

で、私はこのアプリを議事録とか、メモをとる際に利用しています。

どんな感じかというとこんな感じです。

f:id:gami_bookmark:20161124141857p:plain

OneNoteにはノートブックという考え方があります。

上の図ですと赤枠の「提案&営業」「プロジェクトA」がそれにあたります。

このノートブックを1つのプロジェクトとして考えてます。

その下にセクションという考え方があります。

上の図ですと赤枠のプロジェクトにぶら下がっている「議事」とか「メモ」になります。

プロジェクトごとに議事や、メモを階層を持って管理できるのが便利です。

 

そしてこのセクションの下にノートを作るイメージです。

上の図ですと青枠になります。

このノートが1文書になっていて、1議事録であったり、1メモになったりしています。

 

今、あなたのPCにはプロジェクト名がフォルダになっていて、その下に「議事録.txt」もしくは「無題.txt」が溢れていることはないですか?

OneNoteにするとそんな状況にはなりません。

 

また、議事録の保存忘れとか経験ないですか?

議事録を作ったあとに保存し忘れて、消えてしまったことないですか?

OneNoteには保存の概念がないです。書けば勝手に保存してくれています。

これもなにげに便利な機能ですよね。

 

検索性の高さ

もう一つ便利な機能として全文検索ですね。

OneNoteの中の文書を全文検索してくれます。

検索するとほぼリアルタイムにこんな感じで結果が出てきます。

f:id:gami_bookmark:20161124143501p:plain

しかも最新の文書から優先度を上げて結果を表示してくれます。

これ、ものすごい便利ですよ。

人の名前や、場所、プロジェクトのキーワードなどで探している文書をすぐに探すことができます。

ちなみにローカル環境で動いているので検索結果がものすごく早いです。

Windowsの検索だと遅いし、結果が見にくいんで使えないですよね。

 

最高のテキストエディタ(もちろん非コーディング)

OneNote

保存しなくても勝手に保存してくれて、

画像や写真も貼れて

手書き入力ができて

高い検索性で検索も容易です。

開発以外の分野では、最高のテキストエディタだと信じてます!