ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【LOGOS(ロゴス)ハイパー氷点下クーラー】保冷力高くて普段使いもできるコスパ高いソフトクーラー

f:id:gami_bookmark:20181007165442j:plain

 

年間10泊程度は家族でキャンプを楽しんでいます。

キャンプをするとなると必用になるのがキャンプ道道具。

近年のキャンプブームで多くのメーカーからキャンプアイテムがリリースされてます。

上をみればキリがないのがキャンプアイテムの世界。

我が家では身の丈にあったキャンプアイテムを厳選する毎日です。

 

そこで今回ご紹介するのは、ロゴスのコストパパフォーマンスの高いクーラーボックス

今回ご紹介する ハイパー氷点下クーラーLOGOS(ロゴス)というブランドのクーラーボックスになります。

 

最近はホームセンターなどにも売っている比較的手の届きやすい価格帯のアイテムを展開しています。

ですが、その品質や、使いやすさから玄人にも人気のあるブランドです。

今回ご紹介するクーラーボックスもキャンプ上級者の人も使っている人が多いアイテムになります。

ちなみにわたしはテント用のインナーマットもLOGOSのものをつかっています。

関連記事:キャンプだけじゃない!運動会などの場所取り用にテント用インナーマットが大活躍

 

LOGOS(ロゴス)ハイパー氷点下クーラーは持ち運びが便利

クーラーボックスの種類は大きく分けて

  • ソフトタイプ
  • ハードタイプ

の2種類があります。

 

ソフトタイプのクーラーは材質がビニールなどの変形できるものでできているもので、ハードクーラーはプラスティック樹脂などの変形できないものでできています。

今回ご紹介している ハイパー氷点下クーラーはソフトタイプのクーラーボックスになります。

 

もちろん、ハードタイプのクーラーボックスの方が冷えますよ。

ハードクーラーですと、YETIのクーラーが最強に冷えることで有名です。

 

ソフトタイプのクーラーボックスの利点

ソフトタイプのクーラーボックスはハードタイプのクーラーボックスより保冷力は弱まりますがいくつかメリットがありますのでご紹介しておきます。

形を変形できること

まずは変形できることです。

これって普段使いにはメリットになります。

使わないときは折りたたんで収納できますし、ちょっとの隙間、例えば、車に載せるときの座席の足元などに押し込んでいれることができます。

これってけっこう嬉しくて、キャンプの荷造りのさいに役立ちます。

軽い

なんだかんだで、これが一番のメリットですが、クーラーボックス自体の重量が軽いこともメリットです。

キャンプサイトではクーラーボックスを駐車場からもって歩いたりします。

大きいタイプのハードタイプのクーラーボックスだと1人で運べないこともあります。

そんな時に軽いのはやはりいいですよね。

 

ソフトクーラーにして一番感じたメリットはコレです。

 

LOGOS(ロゴス)ハイパー氷点下クーラーはよく冷える

こちらのクーラーボックスの特徴はよく冷えることです。

同社の専用の保冷剤である、氷点下パックを活用するとかなり冷やすことができます。

真夏以外であれば、家から用意したビールが夜ご飯のときまでキンキンに冷えたままです。

 

我が家ではクーラーボックスに氷点下パックを2つ入れて利用してます。

 

そんな場合には、我が家ではハードタイプのクーラーボックスの中にこのクーラーボックスを入れて保冷力を上げて利用します。

こうすると肉とか凍ったままですよww

そのときに使っているハードタイプのクーラーボックスはそんなに高性能でなくても大丈夫です。

我が家では安いこちらのクーラーボックスを使っています。

 

 

「LOGOS(ロゴス)ハイパー氷点下クーラー レビュー」まとめ 

以上のように、ハードタイプにはないメリットがあり、よく冷える ハイパー氷点下クーラーは、普段使いもできます。

例えば運動会。

重すぎないので、家から持っていくこともできますし、かさばりません。

お弁当をいれておくとかなり冷えますので、衛生的にも安心できます。

 

また、普段スーパーマーケットで生鮮食品を買う際にも持って行っています。

常に車に積んでおくと安心です。

少し遠い漁港や、道の駅などに行ったときにも鮮度を保って持って帰ることができます。

 

そんなこんなで我が家ではキャンプなどのアウトドアだけでなく、普段使いもできるLOGOSの ハイパー氷点下クーラーを使い倒してます。

その十分な保冷力とソフトクーラーとしての持ち運びやすさが普段使いには持ってこいですね。

 

価格も他のおしゃれキャンパーアイテムであるクーラーボックスと比べると半額以下ですので、お得です。

是非、ご検討してみてください。

 

ちなみにAmazonだとクーラーボックスと保冷剤のセットがあります。

ちょっとだけお得なので、どうせ保冷剤も買うならこちらがお得ですね。

 

キャンプ関連の記事はこちら 温泉併設のこじんまりとしたキャンプ場(北薩広域公園)
サラリーマンはタフなユーロシルムの折り畳み傘で。
2ルーム?テント+タープ?ワンポール?はじめて買うファミリーキャンプ用テントのオススメ