ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【おすすめ文房具】贈り物にもつかえる愛着の持てるペンとノート

愛着のもてるおすすめの文房具

長く使えるモノ
わたしはどうせ身の回りに置くものであれば長く使えて、愛着の持てるものを置いておきたいと思います。
いつも使うものの1つに文房具があります。
スマートフォンなどでデジタル化が進んでも手放せないもので、特にペンとノートは常に持ち歩いています。
旅先にも持ち歩いていますよ。

今回はそんなペンとノートについてわたしがいつも持ち歩いているものをご紹介です。
持ち歩くため、高価すぎるものではありません。
どれも手の届くちょっと素敵なモノです。

おすすめのポップな万年筆「LAMY Safari

まずは万年筆です。
万年筆って、ちょっと敷居が高いですよね。
でも、このLAMY Safari(サファリ)はそんな万年筆のハードルをぐっと下げてくれます。
f:id:gami_bookmark:20181128212652j:plain

こんなポップなデザイン。
色鮮やかで、自分らしい1本を探すことができると思います。
ちなみに、わたしの万年筆は、黄色ですが、最新のモデルとの細かな違いがあったりします。
最近のモデルはクリップがシルバーですが、私のは古いタイプの黒いクリップ。
こういう細かいところにも愛着を持てるようになる万年筆ですよ。

素材はプラスティック製で、軽くて、乱暴に扱っても平気。
こういう気軽に扱えるところが、毎日持ち歩くのにピッタリな万年筆です。

【LAMY Safari(サファリ) レビュー】ポップなデザインで初心者にも使いやすい万年筆

飛行機の旅にはボールペンで「LAMY Safari ローラーボール

わたしはLAMY Safariの万年筆が大好きなのですが、飛行機で旅することが多く、なくなく諦めています。
理由は気圧によるインク漏れです。

飛行機に乗るとお菓子の袋が膨らむように、万年筆のインクカートリッジの中の空気が膨らんで、それが原因でインク漏れすることがあります。
私も一度ワイシャツのポケットに挿してて、上空でインクが漏れて大変になりました。
それからは飛行機に乗る時には万年筆は使わないようにしています。

ですが、どうしてもLAMY Safariが使いたいのでラミーのローラーボールを使っています。
見た目は万年筆のSafariとほとんど同じですが、ボールペンです。
f:id:gami_bookmark:20181128213000j:plain

私が使っているのは万年筆と同じ黄色のボールペンと、2017年の限定カラーであるペトロールです。
ペトロールは落ち着いたカラーでどこで使っても恥ずかしくない(浮かない)ので重宝していますよ。

【LAMY Safari ペトロール レビュー】2017年限定カラーは仕事でも使える落ち着いた色のボールペン

入門用にピッタリな万年筆「PILOT kakuno(カクノ)」

上で紹介したAMYのSafariよりもお手軽に万年筆を始めたいかたにオススメするのがkakuno(カクノ)です。
こちらは更に初心者向けの万年筆で、安いですし、使いやすい。
f:id:gami_bookmark:20181128213424j:plain

女性にもオススメしやすい可愛らしいデザインのものも多いのが特徴です。
わざわざ万年筆で書く必要があるか?と思われるかもしれませんが、そこには独特の魅力があります。
書き味に味わいがあり、きれいに字を書きたくなるかもです。

また、万年筆ならではの楽しみとしてインクの色を選ぶことができます。
純正のインクでも多数の種類があります。
ですが、コンバーターと言われるケースを使うともっとたくさんのインクを使えます。

インクを選ぶ楽しみは無限大です。
これも万年筆を使う魅力の1つだと思います。

【PILOT kakuno(カクノ) レビュー】女性にもおすすめできるコスパの高い入門用万年筆

書き残しておきたいものは「MOLESKINEモレスキン)」

ペンの次はノートに関してです。
ノートの中でも特に残しておきたいものはしっかりしたカバーのついたものに残しておこうと思います。
そんな時におすすめなのがモレスキンのメモ帳です。

こちらのメモ帳は表紙がしっかりしているので折曲がることがありません。
紙質はとても万年筆に向いていて書きやすい紙質です。

一冊書き終わると自分の本のようなものになり、愛着も更にわきますよ。
このメモ帳は万年筆にピッタリのメモ帳だと思います。

旅に持っていってもしっかりしているのでボロボロになることはないと思います。

日常使いにピッタリなノート「ツバメノート」

上で紹介したモレスキンのノートはなかなかお値段がはりますので、普段使いにはちょっと…
安いノートでもいいんですが、毎日使うものほど愛着もてるノートがよいです。
そこでわたしが愛用しているのはツバメノート です。

f:id:gami_bookmark:20181128214145j:plain

このノートはなんと言っても書き味が最高です。
普段使いできるちょっと贅沢なノート。
それがツバメノートです。
様々な種類、サイズがありますので、お気に入りの1冊が見つけられると思いますよ。

私は最終的に書きやすさから無地タイプにおちつきました。

ちょっとしたプレゼントにも

ということで今回はおすすめのペンとノートをご紹介しました。
どれも長く使えて、愛着の持てるものばかりです。
ですので、ちょっとしたプレゼントに使えるものたちです。