ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【まとめ】年間100泊している出張族がオススメする、東京ひとり旅で泊まるならこの街このホテル

f:id:gami_bookmark:20181011103212j:plain

年間100泊出張していると、だんだん自分の居心地のよい宿が見つかるものです。
いやゆる定宿というやつ。
わたしも各地に定宿がいくつかあります。
出張族にとってはこのいくつかというのがとても重要。
定宿が満室などということもよくあることで、そういう場合にいくつか定宿を作っています。
今回はそんなわたしの東京での定宿にしている地域と、ホテルをご紹介したいと思います。
ご紹介しているホテルに関してはすべて私が泊まって撮影した写真とともに別記事でレビューしています。
そちらの写真を参考にホテルをえらんでみてください。

ちなみに予算は1万円前後で検討しています。

わたしが泊まる場所とその理由

まずは泊まる場所、街についてです。
東京といってもいろんな街があり、その街によってだいぶ個性があり、違った表情を見せます。
渋谷、新宿、上野、東京駅、蒲田などなど。
それぞれ個人的な好みによって好きになれるかどうかって決まりますよね。
わたしも何度も東京に泊まっているうちに自分の好きな場所が見つかりました。

わたしにとってはこのエリアがとても居心地のよい場所です。
このエリアが好きな理由を少し說明します。

繁華街すぎない

東京ってやっぱり大都会です。
ですので、渋谷や、新宿などの繁華街はほんとうに賑やかで眠らない街
駅からホテルまで帰る間に男のわたしでも怖いなぁと思うことがあります。
とくにひとり旅、さらには女性の方だとなおさらですね。
ですので繁華街すぎるのはいやです。

また、旅の夜はゆっくり寝ないと明日に響きます。
ゆっくり寝れる環境を求めると繁華街すぎる街ははずしますよね。

オフィス街は寂しいので避ける

ビジネスホテルはオフィス街にも多いです。
日本橋や、茅場町、丸の内、汐留など。
そんなところは平日の昼は賑やかなのですが、夜や休日はほんとうに寂しい。
これは個人的な主観が強いですが、寂しすぎる気がします。
そもそもオフィス街はかなり作られた街です。
そのため個性がない…

せっかく旅に出ているのに、その土地の空気感を感じられないのはちょっとさみしいですよね。
そんな理由からオフィス街は避けています。

美味しい飲食店が多い場所

ひとり旅では意外と昼間に歩き回って疲れていることも多いです。
ですので泊まるホテルの周りにできれば美味しいお店が多いとうれしいですね。

昔からやっている居酒屋、町中華、純喫茶など。 こういうお店がおおい街は間違いありません。
その街の名物を是非食べたいところです。

以下のまとめ記事に出ててくるお店もこのエリアからのお店が多いですよ。

おすすめ大衆酒場のまとめ

おすすめ純喫茶のまとめ

羽田空港にアクセス抜群な蒲田エリア

ということで、わたしがよく泊まる街ランキング1位は蒲田です。
本当によく泊まっていますよ。

蒲田は繁華街自体はそんなに大きくないですが、居酒屋の数はとてつもなく多いです。
上でご紹介した羽根つき餃子をはじめとした美味しいお店もたくさんあります。
治安がわるい印象があるかもしれませんが、それはJR蒲田駅の駅前ロータリーの印象だと思います。
京急蒲田駅は最近再開発されてとてもきれいですよ。
遅い時間でなければ怖いと思うこともないと思います。
f:id:gami_bookmark:20181016221018j:plain

また、羽田空港へのアクセスが抜群にいいのもポイント高いですよね。
地図だとこのへん。

京急蒲田駅から京急線ですぐです。
夜遅い到着や、早朝の出発でも安心です。
美味しいお店もとても多いので食の楽しい街です。

そんな蒲田のオススメホテルはこちらです。

洗濯乾燥機付きの部屋もあり「東急ステイ蒲田」

まずはわたしの一番おすすめのホテル、東急ステイ蒲田です。

こちらのホテルはきれいで、部屋ひろくて申し分ないうえに部屋に洗濯乾燥機がついている部屋があります。
旅がながくなると選択して荷物を減らしたいところですよね。
そんな時に部屋にあると便利ですよ。
部屋は広めのゆっくりできるつくりです。 f:id:gami_bookmark:20190430085410j:plain

ホテルのレビューはこちら

京急、JR両方使える「京急EXイン蒲田」

次はJR蒲田駅京急蒲田駅のちょうど中間にあるホテル、京急EXイン 蒲田です。

JR蒲田駅京急蒲田駅は徒歩で15分くらいなのですが、その中間にあるので両駅を使えるこのホテルはかなり便利です。
部屋自体はコンパクトですがシンプルできれいです。
f:id:gami_bookmark:20190430085557j:plain

どなたにもおすすめできるいいホテルです。

ホテルのレビューはこちら

JRを使うならこちら「西鉄イン蒲田」

JR蒲田駅のみを使うのであればこちらのホテル、西鉄イン蒲田がおすすめです。

JR蒲田駅西口からアーケードを通って徒歩3分くらい。
こちらのホテルの最大の特徴はトイレと浴槽が別れていることです。
まるでマンションのお風呂のようでゆっくり湯船に浸かることができます。
f:id:gami_bookmark:20190430085734j:plain

旅の疲れをとるのにぴったりです。

ホテルのレビューはこちら

大浴場のある「ルートイン東京蒲田」

最後にご紹介するのは大浴場のあるホテル、ホテルルートイン東京蒲田-あやめ橋-です。

京急蒲田駅から徒歩3分くらいにある便利なホテル。
大浴場がついているホテルは都内では少ないですから貴重ですよね。
以下、公式HPからです。
f:id:gami_bookmark:20190430085912j:plain

足を伸ばして旅の疲れがとれるのはうれしいです。
まだ新しいホテルですので、かなりきれいですよ。

ホテルのレビューはこちら

蒲田で一番しずかな場所にある「ホテルマイステイズ蒲田」

蒲田は基本的に賑やかな街です。
居酒屋や、ご飯屋さんが多いので夜遅くまで困ることはないです。
特に女性は夜遅い時間にひとりだとすこし怖いと感じることもあるかもしれません。
そんなときにおすすめなのが、こちらのホテル「ホテルマイステイズ蒲田」。

蒲田の中ではかなり静かな区役所側にあります。
ホテルの部屋は広めなのでしずかに、ゆっくり過ごせるでしょう。

f:id:gami_bookmark:20190430092335j:plain

ホテルのレビューはこちら

ロボットが働くへんなホテル「変なホテル東京羽田」

ホテルの名前がそのまんまなのですが、変なホテル東京 羽田は変なホテルでした。

場所は蒲田から少しだけ空港側によった大鳥居にあります。
受付がロボット。
f:id:gami_bookmark:20190430092717j:plain

最先端のホテルですね。
お子さん連れだとかなり盛り上がるのではないでしょうか?
羽田に近く、交通アクセスは抜群ですので、翌日の飛行機に備えるときにも便利ですよ。

ホテルのレビューはこちら

東京の中心部、御茶ノ水、神保町、秋葉原

蒲田の次に泊まるのがこのエリアです。
地図だとこのエリア。

東京駅から1,2駅の場所にあるいわゆる東京の中心です。
東京っぽい文化を感じれる場所だと思いますよ。

上でも紹介しましたが、ジャズ喫茶や、純喫茶が多いエリアでひとりで街の雰囲気を味わうことができます。
もちろんおいしいお店もたくさんあります。
f:id:gami_bookmark:20181016220804j:plain

そんな、御茶ノ水、神保町、秋葉原のおすすめホテルはこちらです。

神保町の中心にある「相鉄フレッサイン御茶ノ水神保町」

まずは神保町のこちらのホテル、相鉄フレッサイン 御茶ノ水神保町から。

東京の中心神保町のさらに中心にあります。
ですので、まわりにおいしいお店はたくさんあります。
かといって夜までうるさくないのが神保町のいいところ。

流石に東京の中心ですので、部屋は狭めです。
f:id:gami_bookmark:20190430090138j:plain

ですが、かなりきれいな部屋なのでゆっくり休めると思いますよ。

ホテルのレビューはこちら

大浴場が最高にきもちいい「お茶の水ホテル昇龍館」

次のホテル、お茶の水ホテル昇龍館には大浴場があります。

東京のどまんなかのホテルなのに大浴場があります。
しかも部屋は和室の部屋もあったりと、旅館のようなホテル。
とても居心地がいいのでおすすめです。
f:id:gami_bookmark:20190430090303j:plain

和室の部屋も洋室の部屋もあり、部屋を選べるのも楽しみですね。

ホテルのレビューはこちら

秋葉原に泊まるなら比較的安めの「ヴィアイン秋葉原

秋葉原って御茶ノ水、神保町よりも交通アクセスがいいです。
すごい数の路線が乗り入れています。 そのため、ホテルも多いのですが、高い高い…
なかなか手がでるホテルがありませんでした。
そんななか、このヴィアイン秋葉原はギリギリ泊まれるレベルです。

少しだけ離れますが、お値段的にはこちらおすすめできますよ。
部屋はこんな感じでいたって普通のビジネスホテル。
不満はないでしょう。
f:id:gami_bookmark:20190430090544j:plain

ホテルのレビューはこちら

いろいろ便利な大門・浜松町エリア

モノレールの駅があり、山手線の駅があるこのエリア。
どこに行くにも便利な街です。
また、地下鉄の大門駅もあるため、都内屈指の交通アクセスのいい場所だと思います。
しかも目の前には東京タワー。
f:id:gami_bookmark:20190430094057j:plain

東京を感じれる素敵な場所なのでわたしはよく泊まることがあります。
そんなエリアのおすすめは次のホテルです。

東京タワー至近のきれいなホテル「京王プレッソイン浜松町」

まずは東京タワー近くのホテル京王プレッソイン浜松町です。
こちらのホテルからは歩いて東京タワーがすぐ。

駅からは少し歩きます(といっても10分かからないくらい)が、東京タワーに行きたい方にはおすすめですね。
ホテル自体はまだ新しくかなりきれいで快適です。
部屋にオットマンがあったりするのもうれしいです。
f:id:gami_bookmark:20190430093512j:plain

ホテルのレビューはこちら

かなり広めのつくりが快適な「名鉄イン浜松町」

このエリアで一番お気に入りのホテルが、こちらの名鉄イン浜松町です。

こちらのホテルは駅にも近いのはもちろんですが、かなり作りが広くて快適でした。
ツインをとったのですが、こんな感じでゆとりのベッドスペース。
f:id:gami_bookmark:20190430093753j:plain

さらに水回りはかなり広めのバス・トイレ別でした。
f:id:gami_bookmark:20190430093816j:plain

とにかく快適なホテルですので、大切な方との旅行にも使えると思います。

ホテルのレビューはこちら

その他の地域

最後にその他の地域でもご紹介しておきます。
目的地次第では、こちらのホテルも検討してみてください。

サラリーマンの街のきれいなホテル「東急ステイ新橋」

まずは新橋の東急ステイ新橋です。

新橋も便利な場所ですので旅でも使えます。
が、少し賑やかすぎるかもなので、賑やかすぎるのが苦手な人は避けたほうがいいかもですね。
でもホテル自体はとてもきれいで快適です。
夜、銀座をぶらぶらしたい人などにはおすすめできるホテルです。

ホテルのレビューはこちら

千葉方面へのアクセスがよい「ロッテシティホテル錦糸町

次は錦糸町にあるロッテシティホテル錦糸町です。

錦糸町は千葉へのアクセスが便利な場所。
旅行で千葉方面に足を延ばすことを考えるのであればこちらのホテルがおすすめです。
また、スカイツリーや、浅草にも近いのも観光にはうれしいところです。
スカイツリーはホテルからきれいに見えます。
f:id:gami_bookmark:20190430091825j:plain

錦糸町自体はよるも賑やかな街ですが、駅のすぐ近くにある高層ホテルですので、こわい思いをすることはないと思います。

ホテルのレビューはこちら

ビッグサイトへのアクセスが便利な「ヴィアイン東京大井町

東京ビッグサイトでのイベントや展示会に参加するなら大井町が便利です。
りんかい線ビッグサイトの最寄り駅の国際展示場駅まで10分くらい。
そんな大井町のおすすめのホテルが、ヴィアイン東京大井町です。

部屋はコンパクトですが、機能的で居心地よいです。
f:id:gami_bookmark:20190501092944j:plain

ホテルのレビューはこちら

できれば安く、でも快適に

ということで、今回は年間100泊くらいは関東にいっているわたしがおすすめする泊まる場所と、おすすめホテルのご紹介でした。
蒲田エリアと、御茶ノ水、神保町、秋葉原エリアは本当にいい場所だと思います。

おいしいごはんと、お酒に困ることはないでしょう。
また、基本的に夜はしずかに眠れるホテルをご紹介していますので、旅の疲れをとってくださいね。

宿泊費に関しては9千円くらいを狙って、少し高くても1万円をちょっと超えるくらいまでが限界です。
探せばもっと安いホテルもありますが、そういうホテルは快適かというとそうではないですよね。 もちろん上をみればキリがない。
ですので、1万円前後で泊まれるところをピックアップしています。
ただ、土曜日はもっとも高くなり、今回ご紹介するホテルも2万円近くに跳ね上がることもありますのでご注意ください。

最安のホテルを探したい場合には、トリバゴ を使ってみてください。

関連記事:ホテル予約はtrivago(トリバゴ)で料金を比較してからが断然お得です!

みなさんの東京ひとり旅の計画の参考になればうれしいです。

なお、こちらの記事で東京までの移動手段についてまとめました。
ホテルと一緒に飛行機や、新幹線も検討して東京ひとり旅を有意義なものにしてください。

関連記事:【まとめ】東京ひとり旅のためのおすすめの交通手段(飛行機、新幹線)