ひとり旅と音楽が人生を豊かにしてくれる、はず

The Firewood Projectのキレイだけど激しい音で感情を揺さぶる1stアルバム「Cause」

f:id:gami_bookmark:20181011102005j:plain

わたしはいわゆるエモ/インディーロックと言われるジャンルをあまり聴くことはありませんでしたが、今年、このバンドの音を聴いてハマってしまいました。
バンドの名前はThe Firewood Project
ざらついているけど気持ちいい音に、切なさのある歌。
広がってほしいし、こういう音を探している人いるんじゃない?と思いましたので紹介したいと思います。

Husking Bee, fam, malegoat

このバンドは結成自体は2016年あたり。
それだけ聞くと新人バンドのようですが、メンバーそれぞれはあまりにも有名なバンドで活動してます。
結成時は3人編成で

2018年にサポートギターだったwatanabe kazuya(正式なお名前わかりませんでした)が加入しました。
ファンの多くの方は、Husking Beeからの流れで知ったかもしれませんが、わたしは試聴コーナーの視聴で知ったクチです。
その時視聴したのがこちらのKeys & Lights e.p.というEP。

視聴して衝撃うけましたよ、かっこいい。
「あれ、洋楽?」って感じで、日本のバンドではあまり聴かない音だと思います。

待ちに待った1stアルバム

そんな彼らの1stアルバムが2018年にリリースされました。
このCausesというアルバム。

本当に名作だと思います。
このアルバムの中から何曲かご紹介したいと思います。

The Midnight Sun

まずはアルバムの1曲目から。

The Midnight Sun

The Midnight Sun

アルバムの幕開けらしい曲だと思います。
目をつむって聴いていれば、太陽が上って目の前が開けるシーンが浮かんできます。
個人的にこの曲ですきなのがドラムの音。
気持ちよく鳴っています。

曲の展開はそんなにないですが、あっという間に終わってしまう。
そんな儚さのある曲です。

Moratorium

1曲目の終わりから続いて始まる曲。

Moratorium

Moratorium

歌い出しの声がたまんないです。
切ないメロディーですが、音はとても迫力があって、迫ってくる感じです。
まだまだアルバムの序盤ですので振り切ってはなくて、がまんしている感じ。
そんな印象を受けました。

Dove In A Haze

この曲は勢いのある曲です。

Dove In A Haze

Dove In A Haze

サビで一気に爆発する感じが気持ちよすぎます。
明らかにライブ映えする曲。
ギターの轟音が気持ちよくて、でもやはりどこか憂いがあって、きれいな曲です。
まさにエモ

Behind The Door

この曲でこのバンドに出会いました。

Behind The Door

Behind The Door

イントロのしずけさからの盛り上がり、
サビ前の静寂からのサビの盛り上がり、
複雑な展開、
曲の最後のリズム、
完璧な曲だと思います。

まずは、この曲から聴いてみるといいかもです。

アナログレコードもリリース

で、9月にこのアルバムのアナログレコードがリリースされました。

わたしはCDも持ってますし、なんならサブスクでも聴けるのですが、買いました。
このバンドの音はぜひ、アナログレコードで聴いてみたいと思ったんですよね。

限定350枚、まだ残ってます。
ダウンロードコードもついていますので、気になった方はこちらを買ってみてもいいかもですよ。

これからも楽しみ

ということで、今回はthe firewood projectというバンドのご紹介でした。
まだ、ライブがみれていないのが残念なところ。
東京や大阪ではちょこちょこライブしているみたいですので、タイミング合わせて見たいです。
メンバーそれぞれ他のバンドもやってますので、次回作がすぐにできるとは思いません。
1stアルバムは長く聴けるアルバムだと思いますので、聴きながら気長に待っておきます。
とにかく、感情が揺さぶられるいいアルバムですのでオススメです。