ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

個性的な音、曲が気持ちいい「WOMAN」という名前のバンド

f:id:gami_bookmark:20181009190146j:plain

今年はホントにいいバンドをたくさん発見できてて、いい音楽に出会えて、音楽的にはなり刺激的な1年になってます。
今回ご紹介するのも、今年知ったバンド。
WOMANというバンドです。
他のバンドにない、個性的な音ですので例えるのがなかなか難しいバンドです。
是非聴いてもらいたいので、がんばって紹介します(笑)

大阪のバンド

このWOMANというバンドは大阪のバンドです。
こんなバンド名なので、ググるのが難しいのが難点ですが、そんなことはわかってたはず。
それでもこういう名前をつけたところに自信を感じます。

2017年に結成されてから今年1stアルバムをリリースしました。
こちらのアルバムbeautiful です。

このジャケットのアートワークが、音をすごく端的に表現していると思います。
とにかくクールな音を奏でるバンドなのです。

なお、このバンドは大阪のレコード屋さん、FLAKE RECORDSで知りました。

オススメの曲を何曲か

ではここでファーストアルバムから何曲か紹介します。
はっきり言って捨て曲なしなのですが、うまく紹介できるのが以下の3曲でした。

breaking down

breaking dawn

breaking dawn

アルバムの一曲目です。
静かで、キレイなイントロから始まるこの曲。
途中までは水の中に潜ったように神秘的な印象で、視聴してすぐに引き込まれました。
曲の途中からは4つ打ちでどんどんテンションが上がっていく感じ、たまんないです。
わたしはこの曲で心掴まれました!

butterfly

butterfly

butterfly

すごく個性的な曲です。
音も展開も他のバンドにない彼らならでわのものですね。
言ってみれば、オルタナ
そんな印象を受けました。
イントロの音源もかっこよくて、映画に使われてそうな音。
センスのかたまりですね。

bystander

bystander

bystander

最後にもう一曲ご紹介です。
1番聴きやすい曲だと思います。
ボーカルの声がたくさん入っています。
この声を聴いてはじめは女性ボーカルだと思っていました。
ですが、エフェクトかけた男性の声でなんともいえない怪しい雰囲気が出ています。
音の方は途中からかなりドラマティックな展開。
ライブでも気持ちいい曲です。

実は意外とアナログ

こないだはじめてライブを見ました。
想像してたよりも人力なことにビックリしたところです。
完璧に打ち込みだと思ってたリズム隊は意外と楽器で演奏されてます。
そのため、ライブだとその音に圧倒されますよ。

ライブパフォーマンスもはげしめで、見ていて引き込まれます。
音源はかなりクールですが、ライブはアツい、そんなバンドです。

電子音好きならぜったいハマる

ということで今回はWOMANというバンドについてご紹介しました。
わたしはもともと電子音が好きだったのでこのバンドを視聴して一気に好きになりました。
よくありがちな電子音バンドになってない、個性的な彼らの音に溺れてみてください。
かなり気持ちいいです!

このWOMANが気にいった方にはこちらのアーティストもご紹介です。
おそらくこちらもハマると思います。

関連記事:夏の終わりに聴きたい「Opus Inn」ハンパない浮遊感が気持ちいい
関連記事:都会的でクールなだけでなく、ソウルフルな魅力もあるバンド「the engy」
関連記事:衝撃の心地よさ!ハープが特徴的なバンド「んoon(ふーん)」

定額制の音楽配信サービスで気軽に音楽を

定額制の音楽配信サービス使っています?
まだ利用していないのであればぜひはじめてみてください。
とりあえず「聴きたい!」と思ったときにすぐに聴けるのは本当に便利ですよ。

関連記事:定額制の音楽配信(聴き放題)サービスをはじめてみませんか【Spotify・Prime Musicなど】

オト・マガジン

このブログでご紹介しているおすすめのオト(音楽)についてまとめています。
基本的にジャンル関係なくおすすめの音楽と、周辺の情報(機材、お店など)をご紹介していますので、こちらのページも御覧ください。