ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【ぎょうざ大学@神戸】中華街南京町でビール飲みながらたべる餃子が旅の思い出

f:id:gami_bookmark:20180526013234j:plain

神戸でランチを食べるときに真っ先に思いつくのが中華街。
地区でいうと南京町という地区になります。
そんな南京町でオススメなのがぎょうざの名店ぎょうざの大学
店名から期待できますよね。
ということで、ビールのおいしい餃子が食べれるぎょうざの大学をご紹介です。

南京町の名店

南京町は神戸の主要な駅である三宮駅から徒歩圏にあります。
地図だとここです。

三宮駅からでも徒歩15分位の場所です。

このあたりはいわゆる中華街で、街の風景はまさに中国。
こんな中華街の路地に今回ご紹介するお店があります。
f:id:gami_bookmark:20180526011925j:plain

路地にたたずむ名店

メインの通りから路地に一本入ったところにこんな店構えのお店があります。
老舗の町中華の名店といった店構えですね。
レトロな雰囲気が抜群です。
f:id:gami_bookmark:20180526011954j:plain

お店の中に入ると入り口側にカウンターがあり、奥にテーブルがあります。
中もこれでもかというくらいのレトロ加減。
f:id:gami_bookmark:20180526012046j:plain

たまんないですね。

1人2人前から

ここのお店の特徴は1人2人前以上たのまないといけまないことです。
そもそも餃子しかメニューがないこのお店なのですが、2人前以上の注文が必須です。
お店の入り口にも注意書きがあります。
f:id:gami_bookmark:20180526012124j:plain

追加注文ができないのもここの特徴。
はじめに食べる量を決めないといけませんね。

ビールにあう餃子

餃子2人前はこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20180526012753j:plain

12個の餃子。
これだけでおなかいっぱいになりそう。
薄めの皮でパリッと焼かれていてとてもビールにあいます。
味は結構濃い目なのですが以外にパクパクいけるのが不思議。
3人前は行ける自信がありました。

f:id:gami_bookmark:20180526012839j:plain 瓶ビールはキリンとアサヒが選べるのですが、わたしは餃子には迷わずアサヒですね。
すっきりした後味を求めちゃいます。

ちなみに、注文の際ににんにく入にするかどうかを聞いてもらえるのが助かります。
仕事の商談がある場合にも安心して頼めますね。

でも、デート前にはにんにく抜きにすることをオススメしますよww
神戸でデートするなら、縁結びの神社、生田神社がおすすめです。
三宮駅からもすぐですのでアクセスしやすいですよ。

関連記事:神戸三宮駅に近い生田神社はちょっとしたスキマ時間にも参拝できます

餃子&ビールでお腹を満たしてから

ということで、今回は神戸中華街にある餃子の名店ぎょうざの大学のご紹介でした。
お店の名前にぎょうざをつけるだけあり、とてもおいしい餃子をいただけます。
昼間からビールと一緒にぜひ食べてみてください。

お店の情報・予約はこちらから

大阪からフラッと足を伸ばして

今回ご紹介したぎょうざ大学のある神戸は大阪からわりと近い距離にあります。
大阪駅から快速で30分かかりません。
ぜひ、大阪からもフラっと足を伸ばして神戸観光してみてください。

関連記事:関西方面(京都、奈良、神戸)への旅行は大阪宿泊がオススメ

そんな時にオススメのホテルは、大阪駅のある梅田から一駅離れた中津にあるこちらのホテルです。
梅田の喧騒から離れて静かに泊まることができますよ。

ホテルのレビュー:大阪でも静かな場所に泊まりたいなら北梅田が便利、ハートンホテル北梅田

こちらのお店で餃子とビールを飲んで神戸散歩、素敵だと思います。
もちろん、新神戸駅には新幹線が止まりますので、新幹線+ホテルセットプランでお得に旅行してみてくださいね。

つかれたらプリンの美味しい純喫茶で休憩するのはどうでしょうか?