ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

【一芳亭@なんば】 他とは違う黄色い皮のふわふわシュウマイ

f:id:gami_bookmark:20180524085346j:plain

大阪の美味しいもの探索は続いております。
これまでにもこのブログでいくつか紹介してきました。
今回はシュウマイです。

シュウマイといえば、横浜の崎陽軒が有名ですよね。

関連記事:崎陽軒のシウマイはお弁当意外にも横浜駅で食べれます「崎陽軒 中華食堂」

でも大阪で有名な一芳亭のシュウマイは一味違います。
今回はそんなここでしか食べられないシュウマイをご紹介したいと思います。

難波の老舗

今回ご紹介するお店の名前は一芳亭
南海なんば駅のすぐ近くにあります。
地図だとここですね。

こちらのお店古くからあり、周辺の方にはシュウマイのお店として古くから親しまれています。
お店はこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20180524084845j:plain

なんともレトロで素敵な雰囲気です。
お店の玄関横にはお持ち帰り用のカウンターもあります。
持ち帰りできるのは嬉しいですね。

お店の中は1Fと2Fに分かれてて、1Fはおもにカウンター、2Fにテーブルがあります。
私は2F席に案内されました。
f:id:gami_bookmark:20180524084938j:plain

地元の食堂のようでなんだか落ち着きます。

シュウマイを中心にしたメニュー

メニューはシュウマイ定食をメインに、シュウマイ+おかずの定食ばかりです。
シュウマイのお店ですので、シュウマイを堪能できるメニューです。
f:id:gami_bookmark:20180524085105j:plain

シュウマイ定食にはシュウマイが10個、その他の定食にもシュウマイが5個ついています。
どれを頼んでもシュウマイは満喫できそうですね。

皮が黄色いシュウマイ

わたしははじめて行きましたので、とりあえずシュウマイ定食を頼んでみました。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20180524085157j:plain

ご飯とお汁がついていてシュウマイ10個。
お値段のわりにそこそこボリュームありますよ。

で、ここのシュウマイの特徴的なところが、皮が黄色いところです。
f:id:gami_bookmark:20180524085234j:plain

これはいわゆるシュウマイの皮を使わずに薄焼き卵を使っているからなんです。
なんとも不思議な見た目ですね。

このシュウマイが食べたかったのです。

お味はとにかくふわふわしてました。
皮も、中身もとてもエアリーで、ふわふわ。
いままで 食べたシュウマイとはまったく違う感覚で面白かったですよ。

白ごはんにあいます

ということで、今回は、大阪の難波にあるシュウマイのお店一芳亭のご紹介でした。
こちらのシュウマイ、ふわふわしているためか、お酒よりもご飯が食べたくなります。
ぜひ、ランチで白ごはんとともに食べてみてください。
大阪で粉もんに飽きたらここのお店、オススメですよ。

お店の情報・予約はこちらから

その他にも大阪には粉もん以外のおいしいものがたくさんあります。
以下の記事でまとめていますので、ぜひ見てみてください。

また、大阪の美味しいお店についてこちらにジャンル別でまとめてみました。
結構なボリュームになっていますww

周辺のおすすめホテル

難波にもたくさんのホテルがあります。
ですが大阪随一の繁華街ですので、かなりにぎやか。
そんな難波でも静かに泊まれるホテルを探して泊まるようにしています。

駅至近なのに高層階なので静かに泊まれる「ホテルモントレグラスミア大阪」

高層階のホテルだと街がうるさくても静かです。
ホテルモントレ グラスミア大阪は少しグレード高いですがかなりおすすめですよ。

ホテルのレビューはこちら

1駅離れると静かな「スーパーホテルなんば・日本橋

難波から1駅離れた日本橋ですと静かですよ。
そんなときにはスーパーホテルなんば・日本橋に泊まることが多いです。

ホテルのレビューはこちら


これまでにこのブログでご紹介してきた大阪の情報をまとめました!
【随時更新】大阪ひとり旅のための情報まとめ(移動手段、食べ物、ホテル、お土産)
【随時更新】大阪ひとり旅のためのおすすめ情報(移動手段、食べ物、ホテル、お土産)