ひとり旅と音楽が人生を豊かにしてくれる、はず

最高にノレる!ドライブにオススメなエレクトリックミュージック5選

f:id:gami_bookmark:20180515214816j:plain

ドライブのお供にノリのいい音楽は欠かせないですね。
そんな時にぴったりな曲を今回はご紹介したいと思います。
特に今回は電子音を使っている楽曲をメインに集めてみました。
ジャンルはばらばらですが、どれも気持ちいい曲ばかりですのでぜひ聴いてみてください。

1. more more more / CAPSULE

CAPSULEはパフュームをプロデュースしている中田ヤスタカさんの別プロジェクト。
というよりもこちらのユニットの方が先だったと思います。

more more more

more more more

  • CAPSULE
  • エレクトロニック
  • ¥200

曲調は中田節全開ですが、パフュームより硬派な感じ。
といっても曲自体はとてもかわいいので聴きやすいと思いますよ。
サビのモアモアモア♫は中毒性が高いです。

2. Omen / The Prodigy

Prodigyの超有名な曲ですね。

Omen

Omen

ドライブのときにコレかけると間違いなくアガります。
高速を走る時に聞きたい曲です。
Prodigyはドライブ向きの曲が多いのでオススメです。

3. Overlap (Radio Edit) / KEN ISHII

日本のテクノレジェンドKEN ISHIIの名曲。
わたし個人的にテクノはほとんど聴かないですが、この人は別格です。
特にこの曲は大好きな曲。

Overlap (Radio Edit)

Overlap (Radio Edit)

テクノの曲って長いものだと10分くらいあるから、長くて飽きちゃうことがあります。
ですのでオススメは短めのRadio Editですよ。

浮遊感がたまんないんで、ぜひ、聴いてもらいたいです。

4. NICE DAY / RYUKYUDISKO Feat. BEAT CRUSADERS

RYUKYUDISKOは沖縄のテクノユニット。
そのRYUKYUDISKOと、解散しましたがビークルことBEAT CRUSADERESがコラボした曲です。

Nice Day (feat. BEAT CRUSADERS)

Nice Day (feat. BEAT CRUSADERS)

RYUKYUDISKOは、楽曲に沖縄テイストが色濃く出ているので海にぴったり。
そこにビークルのポップさが相まって、海ドライブにもってこいな曲になっています。

アルバムでは他にもいろんなアーティストとコラボした曲もありますので聴き応えありますよ。

5. No Time / Opus Inn

最後は若い神戸在住2人組のビートメイカーの作品をご紹介です。
明らかに他のアーティストと比べると知名度が下がるのですが、ここで紹介した人たちなのです。
この曲、夕方のドライブで聴くと気持ちよすぎます。

No Time

No Time

  • Opus Inn
  • エレクトロニック
  • ¥250

まだアルバム1枚しか出ていない注目したいアーティストです。

ノレる音楽とともに

ということで今回はドライブのお供にぴったりなエレクトリックミュージックをご紹介しました。
エレクトリックミュージックといっても、電子音多めなポップなものばかりですので聴きやすいと思います。
ぜひ、ドライブする時のおともに、今回ご紹介した音楽を持っていってみてください。

音楽関連の記事はこちら 初心者におすすめ!コストパフォーマンの高いオーディオセットはこちら
音質抜群の低価格帯イヤホン「final E2000」を買いました
【レビュー】WalkmanのNW-A35は音質と価格のバランスがちょうどいい
90年台~00年台のリフがかっこいいヘビー級ロック5選(1)
90年台~00年台のリフがかっこいいヘビー級ロック5選(2)
コーヒーにあうあう、アコースティックサウンドの気持ちいい曲6選