ひとり旅と音楽が人生を豊かにしてくれる、はず

西郷隆盛を祀る「南洲神社」で せごどん にごあいさつ

f:id:gami_bookmark:20180515121851j:plain

鹿児島といえばの西郷隆盛
今、鹿児島では、大河ドラマ「せごどん」の影響で、西郷さんゆかりの場所がとても盛り上がっています。
そんな盛り上がりは関係なく、幕末ファンの皆様にはおなじみなのが、今回ご紹介する南洲神社です。
以前より、鹿児島のちょっとコアな観光スポットとして、ツアーなどには組み込まれていました。
今回はそんな南洲神社を旅行の際の観光スポットとしてご紹介したいと思います。

南洲神社とは

南洲神社には西郷隆盛が祀られています。
といいいますが、正確には西郷隆盛をはじめとした、西南戦争でなくなった薩摩軍の方の墓地である南洲墓地の横にある神社です。
西郷隆盛の参拝者が多いことから、あとで作られた神社だそうです。

そのため、西郷隆盛だけではなく、西南戦争における戦没者も祀られています。
村田新八,永山盛弘,辺見十郎太などはご存知の方も多いのではないでしょうか?

鹿児島市の北部、鹿児島県鹿児島市上竜尾町にあります。
地図だとここ。

車でないと行きづらい場所ですが、駐車場は広いですし、観光バスでもコースになっていますのでアクセス悪くはないです。

南洲墓地

まずは、墓地を見ていきましょう。
多くの西南戦争戦没者の墓地があります。
どれも墓石が大きいのが特徴です。
f:id:gami_bookmark:20180515120538j:plain

そんな中にひときわ大きい墓標があります。
こちら。
f:id:gami_bookmark:20180515120611j:plain

西郷隆盛、せごどんのお墓です。
ひっきりなしに皆さん手をあわせていました。

西郷さんが眠る場所は墓地の中でも一番見晴らしのいい場所です。
この日は天気もよくて、ほんと気持ちよかったです。
f:id:gami_bookmark:20180515120725j:plain

墓地の横の神社

さて、今回ご紹介する神社ですが、この墓地の真横になります。
墓地から北側に歩いていくと手を洗う場所があります。
f:id:gami_bookmark:20180515120820j:plain

その奥に見えてくるのが南洲神社です。
f:id:gami_bookmark:20180515120955j:plain

本殿の中には西郷さんがいらっしゃいました。
ここで参拝します。

神社の横には西南戦争でなくなった方のお名前が書かれたプレートがありますよ。
先頭に西郷さんのお名前があります。
f:id:gami_bookmark:20180515121054j:plain

f:id:gami_bookmark:20180515121644j:plain

御朱印をいただきます

神社の入り口に社務所があります。
f:id:gami_bookmark:20180515121927j:plain

ここでお守りなど売っていますが、ぜひ、御朱印帳を持っていないのであればここで買ってみてはどうでしょうか?
ここの御朱印帳はこんなデザインです。
f:id:gami_bookmark:20180515121229j:plain

これぞ鹿児島の西郷さんがデーンと入った御朱印帳です。
旅の記念になりますね。

私はこの御朱印帳を手に入れ、御朱印ライフを始めることにしました。
f:id:gami_bookmark:20180515121405j:plain

西郷さんに挨拶してから

ということで、今回は西郷隆盛を祀っている神社、南洲神社のご紹介でした。
鹿児島市街地からもすぐですし、ぜひ、旅行の際にはここで西郷さんに挨拶してみてはどうでしょうか?
なにげに桜島の絶景スポットでもあります。
こんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20180515121435j:plain

人もそんなに多くないですので、かなりオススメできる場所ですよ。
鹿児島旅行の際にはここで西郷さんに旅の安全を祈願するところからはじめてみるのもいいかもですね。
鹿児島への旅行はスカイマークがお得ですよ。

鹿児島観光関連の記事はこちら 1泊2日でめいっぱい鹿児島を満喫!鹿児島人オススメコースをご紹介です!
鹿児島土産に焼酎を買うならここ!薩摩酒蔵@鹿児島市(ドルフィンポート)
フォトジェニックなレトロ駅、嘉例川駅は空港から近くて観光にもってこいです
せごどんロケ地の知覧武家屋敷庭園。鹿児島旅行で気軽に行けます。
有形文化財を使用した仙巌園のスタバは雰囲気が抜群にいいです@鹿児島市


これまでにこのブログでご紹介してきた鹿児島の情報をまとめました!
【随時更新】大阪ひとり旅のための情報まとめ(移動手段、食べ物、ホテル、お土産)
【随時更新】鹿児島ひとり旅のためのおすすめ情報(移動手段、食べ物、ホテル、お土産)