ひとり旅、ひとり酒、音楽、大切にしたいモノ

東京の夜景をクルージングで海側から満喫できる東京ヴァンテアンクルーズをご紹介。

f:id:gami_bookmark:20171009100044j:plain

東京湾をクルージングしながらディナー。
絵に描いたような東京ですよね。
なかなか実現するにはハードルが高いディナークルーズ
でも、このあいだはじめて利用したので、その内容をご紹介したいと思います。

東京ヴァンテアンクルーズを利用

東京湾クルーズで検索するといろんな会社がクルージングを提供しています。
今回わたしが利用したのは、東京ヴァンテアンクルーズ
f:id:gami_bookmark:20171009100234j:plain

知り合いが以前利用してよかったということで、こちらを利用しました。

特別な日は東京湾クルーズで[東京ヴァンテアンクルーズ]

こちらの会社ではいくつかのクルーズが用意されており、

  • ランチタイムクルーズ
  • トワイライトクルーズ
  • ディナータイムクルーズ

とあります。
夜景を楽しむなら、ディナータイムクルーズですね。

こちらのクルーズは出発地点が竹芝桟橋になります。
最寄り駅はゆりかもめ竹芝駅ですが、地下鉄大門駅や、JR浜松町駅からも徒歩圏ですので便利です。

f:id:gami_bookmark:20171009093318j:plain

コース

コースは竹芝桟橋を出発して、からレインボーブリッジをくぐり、大井コンテナふ頭を超えて羽田空港沖を航行して戻ります。
写真を交えてご紹介します。

まずは竹芝桟橋を出発してレインボーを目指します。

f:id:gami_bookmark:20171009093420j:plain

レインボーブリッジをくぐって更に進むとお台場の夜景も見ることができますよ。

f:id:gami_bookmark:20171009093627j:plain

とても東京らしい風景です。
そして進んでいくと右手に大井コンテナふ頭が見えてきます。

f:id:gami_bookmark:20171009093806j:plain

ここでは、きりんといわれるガントリークレーンの夜景がきれいです。
このきりんはかなり有名で、写真集も出ていますよ。
いわゆる工場萌えってやつですね。

光量が一番あるスポットかもしれません。
そして羽田沖へ。
遠くに東京の街の明かりが見えます。

生ハムがオススメ

料理ははっきり言ってそんなにオススメはしません。
ちゃんとしたもの食べたいなら陸で食べたほうがいいかなぁと。

ただ、生ハムだけは見た目含めてオススメですね。
目の前で切り分けてくれます。
f:id:gami_bookmark:20171009093849j:plain

わたしは立食スタイルのパーティーへの参加だったのですが、この生ハムはすぐに売り切れてました。
たしかにおいしくて、一緒に提供されるワインにとてもあいます。

この夜景は見逃せない

ちゃんとカメラで撮っておきたい夜景があります。
それがこの景色。
f:id:gami_bookmark:20171009094044j:plain

羽田沖から戻って来る際にレインボーブリッジをもう一回くぐるのですが、レインボーブリッジ越しに東京タワーが見えます。
やっぱり東京タワーの夜景っていいもんです。

ってか、もっと夜景の写真をちゃんと撮れるようになりたいなぁ。
もう少し勉強します。

気になる料金

で、気になる料金に関してです。

大人1名様料金 ¥9,000(税込)~
18:50ご乗船 19:20出航~21:20着岸(船内ご利用時間150分)

まぁ安くはないですよね。
ですので、特別なことがないと利用することはないかもです。

わたしの場合、会社のイベントで利用しました。
会社の補助がありましたので利用できたようなものです。
大人数の会場を抑えるのが大変な場合にはクルーズもありっちゃありです。

大人数でのパーティープランは個別で対応してもらえますので、こちらからお問い合わせしてみてください。

まとめ

夜景を楽しむツアーとしてはありです。
レインボーブリッジや、お台場といった超メジャーな観光スポットの夜景を海側から見れるのはこのクルージングの醍醐味ですね。
あと、大井コンテナふ頭も海からじゃないと見えないです。
東京の夜景を楽しむならオススメできますよ!
都内から出発なのでアクセスも良好。
東京観光のイベントに組み込んでみてはどうでしょうか?