"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

名前にインパクトあり!高知の日本酒「自由は土佐の山間より」はお土産にピッタリです。

わたしが最近良く行くのが四国です。
仕事の都合で松山に行く機会が増えてて、その延長で高知や、香川にも足を伸ばしています。
そんなわたしはおみやげによく買うものの1つが日本酒。
これまでにもこのブログでおみやげで買った日本酒をご紹介してきました。
今回は高知県の日本酒になります。
名前にインパクトがあり思わず、手にとって試飲してしまいました。

f:id:gami_bookmark:20171022094015j:plain

自由は土佐の山間より

この聞きなれない言葉ですが、「高知県詞」というもの。
他の県ではあまり聞くことはないですが、県のシンボルの1つです。
自由民権運動の指導者の1人植木枝盛という人の立志社機関誌「海南新誌」掲載されたの文章からの言葉になります。

わたしは初めて聞きました。
そんな高知県の県詞を名前にした高知のお酒が今回ご紹介するお酒になります。

司牡丹

高知は有名なお酒がたくさんある酒どころ。
その中でも司牡丹は有名なお酒ですね。
高知に行くとまずは司牡丹か?土佐鶴か?みたいな感じです。
司牡丹酒造のお酒で有名なのは、その会社名にもなっている司牡丹。

f:id:gami_bookmark:20171022094155p:plain

高知らしい辛口のお酒です。
わたしのイメージですがこのお酒は大衆的なお酒。
高知のおんちゃん(おじさん、おじいちゃん)がよく飲んでいる印象です。

喉越しのいいお酒

そんな司牡丹なのですが、このお酒は別格ですね。
司牡丹のイメージとは全く違うお酒でびっくりしました。
パッケージもパンチが効いてます!

f:id:gami_bookmark:20171022094103j:plain

ものすごく喉越しがよく、フルーティーです。
まるで吟醸酒。(ちなみにこのお酒は純米酒
ですが、さっぱりしてて、食中酒にちょうどいいんじゃないでしょうか?

お酒に合わせる料理は、鳥料理が合いそうだと思いました。
さっぱりしたお酒なので、宮崎の地鶏の炭火焼きののような濃ゆい味の料理に合うと思います。

まだ珍しいお土産です

ということで今回は司牡丹酒造の自由は土佐の山間よりという日本酒のご紹介でした。
司牡丹自体は高知県では有名なお酒です。
でもこちらのお酒はまだそこまで知名度もないと思いますのでお土産にいかがでしょうか?
純米酒ということでお値段も高くありませんので普段飲みにも使えます。
ネットでも買えますのでぜひお取り寄せしてみてください。

四国の日本酒の記事はこちら 愛媛の地酒といえば梅錦。「つうの酒」がコスパ高くておすすめです
洋食にも合う次世代の高知の日本酒、美丈夫(特別純米酒)
愛媛の酒造好適米「しずく媛」。山丹正宗のしずく媛のスッキリ感がハンパない。