ひとり旅と音楽が人生を豊かにしてくれる、はず

【ロゴス neos Z-マット レビュー】キャンプだけでなく運動会の場所取りにも使えるテントインナーマット

f:id:gami_bookmark:20171010211535j:plain

運動会や、発表会などのシーズン。
お子さんがいると何かと学校や、幼稚園のイベントが多くて忙しい季節ですね。
そんな時に必要なのが場所取り
すこしでもいい席で見たり、ご飯を食べたりするためにみんながんばります。
そのときって何を使っていますか?
やはりレジャーシートが一番多いですよね。
我が家ではキャンプで使うテント用のインナーマットを使っているのですが、これがかなり快適なので、今回ご紹介したいと思います。
使っているマットはロゴス neos Z-マットです。

場所取りで使うレジャーシート、嫌いです

我が家は子供が3人。
幼稚園児と小学生がいます。
それぞれ、運動会があり、さらに幼稚園に関しては発表会で場所取りすることになるんです。
カラフルなレジャーシートが体育館や、校庭、園庭を覆うことになりますね。
レジャーシートで場所取りすると嫌なことが2つあります。

すぐにめくれるレジャーシート

軽いレジャーシートは風が吹くとすぐにめくれちゃいますよね…
端っこを重さのあるもので抑えてても人に蹴られたりしてあんまり意味がなかったりと。
座る頃にはぐちゃぐちゃで砂だらけでみたいなこともよくあります。

座り心地悪し

レジャーシートって薄いですから、地面のデコボコがダイレクトに伝わります。
運動場だと小さい石が痛かったり…
体育館でも長時間座っているとお尻がいたくなったり…
とくに祖父母を連れて行く場合には座り心地って気になります。
お弁当を食べるときはゆっくりしたいものです。

テントインナーとは

そこで我が家が使っているのがテントのインナーにつかっているマットです。
テントの居住部の床にしくマットで、我が家のものはウレタンでできています。

実際にテントをする時にはこの上に寝袋を敷いて寝るので、寝心地に響くものですのでいろいろ試した結果、今のマットに行き着きました。
ちなみに、以前は空気でふくらませるエアマットを使っていたのですが、破れたり、空気入れたりするのが大変で、空気をいれない今のマットになりました。

関連記事:ファミリーキャンプ初心者にオススメ!コールマンのラウンドスクリーン2ルームハウス

我が家で使っているコールマンの2ルームテントにピッタリのサイズでキャンプでは重宝しています。

ロゴス neos Z-マット のサイズ感

実際に使っているマットはロゴスのマットです。
表面に凹凸があってポリエチレンでできたこのマットは、ロゴスのテントにぴったりな設計ですが、コールマンのテントでも十分使えます。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20171010141703j:plain

すでにわたしが買った商品はなくて、新しい商品が出ています。
それが、ロゴス neos Z-マットです。

サイズが小さくなって、組み合わせて使うようになったみたいです。
確かにこちらの方が使い勝手はいいと思います。
いろんなサイズのテントで利用できるようになりました。

なお、キャプテンスタッグからはわたしが持っているもとの同じような大きさの収納袋付のもが出ています。
この収納袋が使えるんですよねぇ。

4,5人の家族での利用だとこのくらいの大きさはほしいです。

ロゴス neos Z-マットの座りごこち最高

材質は、ポリエチレンで、触ると反発する感じのさわり心地。
この弾力が座り心地をかなり良くしてくれます。
表面は波打った模様が入っていて、これも弾力を産む要素になっていますね。
そのため、薄さのわりにふわふわします。
f:id:gami_bookmark:20171010141932j:plain

あぐらで座っても足が痛くなることはありません。
運動会のお昼ごはんのときとか本当に快適になりました。

ロゴス neos Z-マットは適度な重さ

もちろん、レジャーシートよりも重さがあります。
そのため風で飛ぶことはないですね。
また、マットなので端っこがめくれるといったこともありません。
敷いておいて安心感があります。

ロゴス neos Z-マットはすぐ広げられる

そして、すぐ広げられるのも何気にメリットでした。
運動会の場所取りってちょっとした争奪戦。
すぐに広げたいんですが、レジャーシートだと広げるのが1人だと難しかったりしませんか?
反対側がめくれちゃったり。
その点このマットは硬さもあり、折りたためれるので、1人でも問題なくすぐに広げられます。
f:id:gami_bookmark:20171010142254j:plain

また、逆に収納も簡単です。
折り目にそって折りたたんで、専用のバッグに入れるのも1人でなんの問題もなくできます。
持ち運びも専用のバッグがあると便利です。

f:id:gami_bookmark:20171010142024j:plain

「ロゴス neos Z-マット レビュー」まとめ

ということで、今回はロゴス neos Z-マットについてでした。
もともとキャンプ用に使っていたこのマットですが、今や学校行事の必需品になりました。
レジャーシートを使うくらいならこちらのマットを是非お試しください。
もちろん、学校行事以外にもいろいろ使えます。
屋外で使うと割り切れば、ピクニックの時にレジャーシートの代わりにしいたりすることもできますね。
水洗いも簡単にできますので、とても扱いやすい。
安いレジャーシートを何度も買い換えて使うなら、一度このマットを使ってみてはどうでしょうか?

オススメのキャンプ・アウトドアアイテム

最後に、我が家で使っているオススメできるキャンプ・アウトドアのアイテムをご紹介します。
どれも実際に使ってみて、コスパが高いことは確認しています。
ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

4~5人用のテント

よく冷えるソフトクーラーボックス

メイン照明器具のガスランタン

簡単にお米が炊ける