"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

初心者にオススメ!VAIOをSIMカードの通信とセットで割安に使えるアドベントのサービスがお得!

f:id:gami_bookmark:20171011200631j:plain

ITエンジニアのため、ノートパソコンは仕事道具。
これまでいろいろなノートパソコンを試してきてきました。
それはこのブログでもご紹介しています。
そんなわたしでもまだ試せていないことがあります。
それが、ノートパソコンにSIMカードを挿して使うことです。
前から試したいと思っていて、いろいろ調べてたのですが、今回、面白いサービスを見つけたのでご紹介です。
わたしの大好きなノートパソコンの1つ、VAIOSIMカードをセットで販売しているサービスがありました。

スタイリッシュなWindowsノートPC、VAIO

まず、VAIOってご存知ですか?
以前はSONYが作っていたパソコンのブランドです。
デザイン性の高いノートパソコンで、こだわりのある方には人気ですよね。
わたしも、ThinkPadの前には2台連続でVAIOを使っていました。

薄くて、軽くて、出張にはもってこいのPCでしたが、灼熱の出張中に熱暴走してお亡くなりになりました。
ちなみに、現在、VAIOVAIO株式会社が作っています。

VAIO|公式サイト(モバイルノートパソコン)

安曇野にある工場で組み立てをする通称安曇野フィニッシュが有名です。
安曇野にある工場で専任の技術者が1台ずつ仕上げを行う最終工程。
日本のものづくりの一端を見ることができます。

これがわたしが使ってたVAIO株式会社のVAIOです。
f:id:gami_bookmark:20171011193519j:plain

f:id:gami_bookmark:20171011193618j:plain

スタイリッシュですよね。
現行のVAIOに近いのはこちらの機種でしょう。
このVAIOの前にはSONY製のVAIOを使っていましたが、そんなに差はないです。

ちなみにVAIO株式会社では、わたしが使っているスマートフォンであるVAIO Phoneも作っています。
このVAIO Phone Aは本当にいいスマートフォンですよ。

関連記事:シンプルでコスパの高いVAIO Phone A(VPA0511S)を選んだ理由

SIMカードが使えるVAIO

このVAIO株式会社のVAIOからですが、パソコン本体にSIMカードを挿して通信することができるようになりました。
「パソコンにSIM?」
と思われた方もいるかと思いますが、パソコンにSIMです。

もともと、モバイルを想定して作っているVAIOは持ち出すことを前提に考えられています。
ですので、外でネットワークがないと困るんですね。
Wi-Fiスポットに行けばもちろんネットワークにはつながりますが、Wi-Fiスポットがないところももちろんあります。

というか、スマートフォンってどこでもネットワークに繋がってますよね?
それは、SIMカードがささって、通信しているからです。
スマートフォンと同様にどこでもネットワークに繋がるために、パソコンにSIMカードを挿して使います。

ここ数年ですが、LTEモデルという名で、SIMカードをさして使うことのできるノートパソコンがいくつか出てきました。
VAIOもその流れで出しています。

VAIO以外にもSIMカードを挿して使うことのできるパソコンはいくつかあります。
有名なところでは、

などです。
あと、わたしが今、メインで使っているSurafaceにもSIMカードが挿せる、LTEモデルがありますよ。

関連記事:【レビュー】新しいSurface Proを2週間使いこんだ感想(出張にも行きました)

ネットワークでいろんなことができるようになってきたので、いつでもネットワークにつながっていたい。
そういう要望を満たすのが、SIMカード+ノートPCの組み合わせです。

もちろんSIMカードはどこの格安SIMを使ってもいいです。
わたしは楽天モバイルSIMカードを使っていますが、安くて、ポイントも貯まるしオススメです。

関連記事:楽天モバイルへの申し込みはMNPでもWEBだけで完結です。

SIMカードとPCを一緒に販売

で、今回ご紹介するのがSIMカードを挿して使うことのできるVAIOと、SIMカード自体をセットにして販売しているサービスになります。
アドベントという会社が提供しているサービスで、VAIO本体とSIMカードをセットにし、月額で利用できるようにしています。

ちなみにアドベントMVNO事業を営んでいる会社で、いわゆる格安SIMを販売している会社です。
docomoのネットワークに対応したSIMカードと端末をセットにしたサービスを提供しています。

このアドベントという会社はVAIO製品のみを扱っている会社です。
VAIO 11 / 13 の他にVAIO Phone Aも扱っています。
格安SIMVAIO関連のデバイスがメインの商品です。

VAIO本体代をお得に分割で

特徴は、パソコン本体(VAIO本体)の代金を分割でお得に使えることです。
そういう特徴がなければアドベントを選ぶ理由もないですよね。

2017/10現在、VAIOストアでVAIO S11のCore i3のモデルは168,264円です。

それに対して、アドベントCore i3のプランは以下のようになります。
f:id:gami_bookmark:20171011194637j:plain

本体の月額支払料は36回払いで、3,800円(初回のみ6,800円)。
トータルで、139,800円になります。
本体代、お得です。

そこに実際にはデータ通信量が乗りますが、データ通信のサイズは普通のスマートフォンよりは大きくなると思いますので、10GBを選ぶのが賢明ですね。
そうすれば月額4,180円です。
SIMカードによって、パソコン本体で通信するので、家に光回線などをひく必要がありません。
光回線だと安くても5,000円くらいはしますので、そこを考えるとトータルで安く抑えられますよね。

初期投資を抑えられるメリット

なんといってもメリットは初期投資を抑えることができることですね。
VAIOはどちらかというと高い部類のパソコンです。
高スペックで、デザインもかっこいい。
本当はこういうパソコンを持ちたいと思っていてもなかなか価格がネックで買えないってことありますよね。
実際、わたしは家ではこんなパソコンを使ってます。

関連記事:【レビュー込み】家庭用ノートPCとして15.7型ThinkPadはコスパが高くオススメ(E550、E570)

コストパフォーマンスのみで選びました。
もちろん、満足していますよ。
でも、本当はVAIOや、Surfaeや、MacBookを使いたい気持ちはどこかにあります。

本体代分割ですので、初期投資を抑えて使うことができるようになるのは大きなメリットだと思います。
ノートパソコンってそんなに頻繁に買い換えるものでもないので、3年間使い続けることがほとんどだと思います。
端末代として36回払いで金利なし(むしろ安くなる)と思えばかなりお得だと思いました。

特に初心者にオススメできます

ということで、今回はVAIO本体とSIMカードをセットで使うことのできるアドベントのサービスのご紹介でした。
初心者の方は、外でパソコンを使ってインターネットにつなぐときに、Wi-Fiの設定ができない方もいらっしゃるかと思います。
そういう方には、このSIMカードとセットのプランはオススメできますね。
また、新生活で新しく家を借りた方もこのセットが便利ですね。
別途、部屋に光回線をひく必要がないので契約関連が楽になります。
最新のパソコンを初期投資少なく使えるこのアドベントのサービス、使えると思いますよ!
気になったかたは以下からどうぞ。

アドベント【advent】をチェックする!