"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

[お気に入りレコード]福居良/SCENERY(シーナリー)

秋が深まってくるとジャズを聴きたくなります。
お気に入りのジャズや、まとめをこのブログでもいくつか紹介してきました。
そんなジャズの中でもこの季節、特にピアノ・トリオが高に会いますよね。
秋のいい意味でさみしい感じが音数の少ないピアノ・トリオにピッタリ。

ということで、今回はわたしがいつも友人にオススメする日本人のピアノ・トリオをご紹介したいと思います。

f:id:gami_bookmark:20171002090557j:plain

和ジャズ

今回ご紹介するアーティストは福居良さんです。
そう、日本人。
このブログでは初めての日本人のリーダー作です。
日本人が演っているジャズ、通称和ジャズですが、近年のブームでレコードは高騰しています。
ですが、ブームが後押ししてリイシューも多く、今回ご紹介するアルバムもリイシューされたレコードで手にいれました。
ブームの恩恵を受けたわけです。

福居良とは

ちょうど昨年(2016年)に亡くなってしまったのですが、札幌で活躍していたピアニストです。
若いころは東京で新宿ピットインなどで腕を磨き86年から札幌に戻り、ライブハウス「スローボート」で活躍されていたそうです。
とてもリリカルなピアノを弾く方で、旋律がきれい。
今回ご紹介するアルバムで初めて聴きましたが、外国人にはない、何か繊細な音を感じることができると思います。

オススメの曲

そんな福居良さんのファーストアルバムが今回ご紹介するSCENERY(シーナリー)
そのアルバムから2曲だけご紹介したいと思います。

Early Summer


RYO FUKUI - Early Summer

福居良さんの代表曲と言ってもいいと思います。 テーマのフレーズが夏っぽくありながらどこかすずしい印象。
そんな優しい曲からどんどん曲があがっていく感じがたまんないです。
長めの曲ですが、飽きずに最後まで聴けます!

Autumn Leaves


Fukui, Ryo (福居良) - Autumn Leaves

みなさんご存知のスタンダード・ナンバー、枯葉ですね。
この演奏は日本の枯葉の中でナンバーワンだと個人的には思っています。
スタンダードな演奏なんですが、どこかはねている演奏が心地よい。

CD再発あり

ということで、2曲だけご紹介しましたが、ピアノ・トリオのアルバムとしてはかなりいいアルバムだと思います。
和ジャズというくくりの中では最高峰ではないでしょうか?
CDでも再発されていますのでぜひ聴いてみてください。

このブログで紹介したジャズのまとめはこちらです。
こちらも合わせて読んでみてください。

ジャズのまとめ記事はこちら 初心者にオススメする「聴きやすい」ブルーノートの名盤5選
CDで買える!ジャズ初心者にオススメの難しくない入門用アルバムまとめ
最近リリースされた(ロバートグラスパー以外の)おすすめのジャズアルバム4選