"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

北九州銀行レトロライン「潮風号」は門司港観光のちょっとした時間つぶしにもってこい

f:id:gami_bookmark:20170930111727p:plain

門司港レトロといえば、レトロな町並み。
門司港駅はレンガ造りで、古くからある素敵な駅舎で旅行の際にはぜひとも訪れたい場所です。
我が家ではこんなコースで門司港レトロを楽しみました。

関連記事:九州の玄関口、門司港でコンパクトに観光するならここがおすすめ - GAMILOG

そんな門司港レトロで新たにみつけたのが北九州銀行レトロライン「潮風号」。
潮風号はトロッコ電車。
夏休みのイベントとしてなかなか楽しかったのでご紹介です。

f:id:gami_bookmark:20170826170415j:plain

レトロライン

北九州銀行レトロラインは、もともとは貨物を運んでいた路線です。
2キロの長さを30分くらいで走る路線で、廃線となっていた線路を観光路線として復活させたのがレトロライン。
現在、日本で一番短い路線であり、一番遅い電車が走っている路線になるそうです。
北九州の海沿いを走るため景色もいいです。
観光にはもってこいな路線ですね。 ここに潮風号というトロッコが走っています。
こんな電車。
f:id:gami_bookmark:20170826170556j:plain

とてもレトロで可愛い電車です。
この機関車にコンパクトな客車が2両ついてます。
f:id:gami_bookmark:20170826171245j:plain

乗り場と駅

まずは九州鉄道記念館駅から乗ります。

その名の通り九州鉄道記念館の近くにある駅です。
こちらの記念館も楽しめました。
ここは別記事でご紹介します。
門司港駅からも近いので、便利な場所にあります。
f:id:gami_bookmark:20170826170712j:plain

ここから終点の関門海峡めかり駅まで乗りましょう。
そこまで乗っても10分です。
そして同じ電車で折り返して帰ります。
関門海峡めかり駅付近は少し写真を撮れば十分ですww

そうすればちょうど30分で往復できます。
時刻表的にはこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170826170828j:plain

少し遊ぶにはちょうどいい時間です。

きもちいい景色

九州鉄道記念館駅から進行方向に向かって左側に座ってください。
そうすれば海側になります。
ちょっとせまめの座席とテーブル。
ここに座ります。 f:id:gami_bookmark:20170826170928j:plain

出発するとすぐに海に出ます。
いつも泊まるホテルと、ブルーウィングを見ながら進みます。
f:id:gami_bookmark:20170826170848j:plain

ここのホテルは本当におすすめです!

門司港に泊まるならここ1択!便利すぎるホテル、プレミアムホテル門司港 - GAMILOG

何気に関門海峡にかかる橋がきれいに撮れるのはこのトロッコ電車からかもしれません。
港と橋。
f:id:gami_bookmark:20170826171010j:plain

いい構図です。

サプライズのトンネル

夏は最高なのがトンネル。
トンネルに入るとひんやりして最高です。
しかも、列車の天井が光るのです。
f:id:gami_bookmark:20170826171058j:plain     

子供たちは大喜び。
これだけでもとは取れたかなぁとww
f:id:gami_bookmark:20170826171134j:plain

海の生き物が描かれていてきれいでしたよ。

ちょっとしたイベント

ということで、往復600円、30分で楽しめるイベントとしては上出来だと思います。

一泊した翌日の午前中にもう一つ観光して帰ろうというときなどには最適ではないでしょうか?
門司港駅から電車で移動する場合にも便利な立地ですので、ぜひ、行ってみてください。