"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

初心者にオススメする「聴きやすい」ブルーノートの名盤5選

f:id:gami_bookmark:20170929195459p:plain

ジャズといえばブルーノート
ブルーノートといえばジャズ。
というくらい有名なジャズ・レーベルですね。
そんなブルーノートには星の数ほど作品があり、かっこいい作品もかなり多いです。
初心者の方は何から聴けばいいか迷うと思います。
ということで、今回はブルーノートの中でも初心者の方に向けてぜひ聴いてもらいたいアルバムを選んでみました。
選んだ視点は聴きやすいかどうか
一般的な基本の5枚とは違うと思いますが、どれもわたしがジャズを聴きはじめてから今までずっと聴いている名盤で、オススメできるものです。

やさしいジャズ「Dizzy Reece / STAR BRIGHT」

まずは、基本的な構成、音で楽しめる1枚です。
Dizzy Reeceというトランペッターの作品で、とても聴きやすいアルバムだと思います。
この人はあのマイルス・デイヴィスに認められた人としても有名で、とても歌心のあるトランペットを吹く人です。

関連記事:[お気に入りレコード]Dizzy Reece/STAR BRIGHT

特に「I'll Close My Eyes」ではやさしい音でやさしい曲を吹くのでとても幸せな気持ちに。
純粋に楽しんでいただけるアルバムだと思います。

はげしいジャズ「Art Blakey and The Jazz Messengers / mosaic

次もジャズの基本の1枚でよく紹介されるアルバムです。
有名なアート・ブレイキーのアルバム。
彼のアルバムを入れないわけにはいきません。
とにかく激しいドラム、最高です!

関連記事:[お気に入りレコード]Art Blakey and The Jazz Messengers/mosaic

1曲目のmosaicは印象的なテーマから最後までずーーっと疾走感が漂う激しいアルバムです。
スカッとしたい時にオススメです。

たのしいジャズ「LOU DONALDSON / Blues Walk」

次にご紹介するのはLOU DONALDSONのアルバムです。
LOU DONALDSONといえば、レアグルーヴ方面では有名な人で踊れる曲を何曲も出しているサックスプレーヤーになります。
そんな人のジャズよりのアルバムがこちら。

といっても、ザ・ジャズではなく、楽器にコンガが入っていて、ちょっと陽気な仕上がりです。
聞いてて楽しい、そんなアルバムがこのアルバムになります。

関連記事:[お気に入りレコード]コンガが入ってるモダンジャズ!LOU DONALDSON/Blues Walk

かっこいいジャズ「LEE MORGAN / THE SIDEWINDER」

次は有名人、LEE MORGANです。
ジャズの代表的なトランペッターの1人で、いろんなレーベルにたくさんの作品を残しています。
ブルーノートにもリーダー作を何枚も残していて、特に「CANDY」はかなり有名なアルバムです。

そんなLEE MORGANのアルバムの中で、ジャズファンの中で賛否両論あるのがこのアルバム。

関連記事:[お気に入りレコード]ちょうどいいジャズ感、LEE MORGAN/THE SIDEWINDER

表題曲の「THE SIDEWINDER」はどこかで聞いたことがありませんか?
とてもかっこいい曲。
ジャズにロックのリズムを取り入れたいわゆる、「ジャズ・ロック」と言われる曲の元祖です。
どうもこういう曲は昔からのジャズファンには受け入れられないようですがわたしはかっこよくて大好き。
ロックが好きな人は気に入ってもらえると思います。

クールなジャズ「Wayne Shorter / JUJU」

そして最後はWayne Shorterです。
ここまでの3枚とは少し印象が違うかもしれません。
どこか不気味な感じがありながらも都会的な音が聴けます。

はじめ、少し抵抗感があるかもしれませんが、お酒を飲みながら聴いてみてください。
ウイスキーなんかがオススメですね。

関連記事:[お気に入りレコード]Wayne Shorter/JUJU

中毒性の高い曲ばかりで、気持ちよくなることうけあいですww

まとめ

ということで、聴きやすいブルーノートのオススメアルバムをご紹介しました。
昔からのジャズファンの人には怒られるかもしれませんが、このアルバムはどれも初心者の方にオススメできるアルバムです。
どのアルバムもCDで買うことができますので、気軽に聴きはじめてみてはどうでしょうか?
ちなみ、ご紹介した順番はオススメ順でもあります。
1枚からでもはじめてみてください。