"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

鹿児島土産に焼酎を買うならここ!薩摩酒蔵@鹿児島市(ドルフィンポート)

f:id:gami_bookmark:20170916131936j:plain

これまでにも鹿児島在住のわたしの目線でいくつかの鹿児島土産をご紹介してきました。

もちろん忘れてはいけないお土産として芋焼酎があります。
ですが、最近はイオンやコストコなど大手量販店でも芋焼酎を扱いはじめているのでお土産として買って帰る銘柄に悩みます。
そんなときにオススメなのが今回ご紹介するお店。
ここならお土産にピッタリの焼酎を選ぶことができると思います。

ドルフィンポートにあります

お店の名前は薩摩酒蔵
どストレートなお店の名前です。
f:id:gami_bookmark:20170916132127j:plain

鹿児島市の海沿いにあるドルフィンポートという商業施設が集まった一帯にあります。
地図だとここ。

鹿児島観光にはレンタカーが必須ということはこれまで何度かお伝えしました。
ここも車があると非常に便利な場所です。
駐車場は30分無料ですし、2,000円以上買うと無料の時間が増えます。
お土産買うなら、ほとんど無料になるでしょう。

すごい量の銘柄

ここのお店の特徴はなんと言っても銘柄の多さだと思います。
一升瓶がこんな感じで並んでいます。
f:id:gami_bookmark:20170916132048j:plain

また、だいたいどの銘柄も5合瓶が用意されています。
わたしはお土産には5合瓶のほうがいいと思うんですよね。
違う銘柄を2本お土産にするほうが楽しめていいと思います。
f:id:gami_bookmark:20170916132159j:plain

鹿児島限定銘柄

もう一つここのお店の特徴は鹿児島限定銘柄もたくさんあることです。
鹿児島限定といいながら、ネットでは買えてしまうことはあるのですが、珍しい銘柄も多いですよ。

また、期間限定で小さい酒蔵がポップアップストアを出してます。
こういう小さい酒蔵は全国流通できないので、まさにここでしか手に入らない。
わたしが行ったときには指宿の小さい酒蔵がお店出してました。(無名すぎて名前覚えてませんww)

鹿児島ならではの焼酎を選べると思います。

酒器をお土産に

そして焼酎とは別にならではの酒器をお土産にいかがでしょうか?
まずはお湯割りコップ。
f:id:gami_bookmark:20170916132233j:plain

各銘柄がお湯割りのコップを出してます。
このコップには5:5や、6:4、7:3の線が入っていて、焼酎を割るときの参考にします。
これは鹿児島の居酒屋では必ず出てくるコップですので、お土産に添えるのにちょうどいいかもしれません。

もう一つは黒じょかです。
f:id:gami_bookmark:20170916132301j:plain

黒じょかというのは、薩摩焼でできた陶器で、焼酎を直火で温めて飲むときにつかう酒器です。
黒じょかに入れる酒は、前日に水で割った焼酎(割り水)したものを使います。
関東圏では芋焼酎をロックで飲む方がおおいですが、鹿児島ではほとんどの方が割ります。
鹿児島ならではの飲み方ができますよ。

ちなみに前割された状態で売られている焼酎もあります。
こちらですと、割る必要もなく便利ですよ。

関連記事:父の日などの贈り物にぴったりな爽やかな本格芋焼酎「赤利右衛門きりり」 - GAMILOG

芋焼酎をお土産に

ということで、鹿児島で芋焼酎をお土産に買うさいにオススメできるお店のご紹介でした。
ぜひ、ご家庭でも鹿児島の味を堪能してみてください。
ただし、焼酎瓶や酒器は重いし、割れます。
持ち帰らずに、送ったほうが無難でしょう。