"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

【介護をやさしく解説】在宅サービスについて

介護勉強中です。 前回、前々回と介護保険制度について、かかるお金の話をしました説明しました。

介護関連の記事はこちら 【介護をやさしく解説】介護保険制度とは
【介護をやさしく解説】介護保険制度でのお金の話

いろんなサービスがあり、それぞれ、状況に合わせたサービスの選択が必要です。
今回はそんなサービスの中でも在宅のサービスに関して説明したいと思います。
住み慣れた家で介護を受けたいという方は多く、在宅サービスはかなりの方が利用しているサービスではないでしょうか。
f:id:gami_bookmark:20170907225911j:plain

サービスの種類

在宅系のサービスは大きく4つの種類に分けることができます。
それぞれのサービスの内容は以下の通りです。

サービスの種類 サービスの内容
訪問サービス 介護をうける方の自宅に訪問して提供するサービス
通所サービス デイサービスなど施設にかよってサービスを受ける
短期入所サービス 施設に短期間入所して受けるサービス
福祉用具サービス 介護をするために必要な用具のサービス

有名なところでは、通所サービスであるデイサービスですね。
このサービスをそれぞれ説明します。

訪問サービス

訪問系のサービスには以下のサービスがあります。

訪問介護(ホームヘルプ) 訪問入浴介護 訪問リハビリテーション 訪問看護 居宅療養管理指導

なんとなく意味わかるでしょうか?
それぞれのサービスでは各職種の方が自宅を訪問してサービスを実施します。
サービスごとに訪問する人とそのサービスの内容は以下の通りです。

サービスの種類 訪問する人 サービスの内容
訪問介護(ホームヘルプ) ホームヘルパー 自宅を訪問して、身体介護と生活援助を実施
訪問入浴介護 介護職員 浴槽を提供して入浴介護
訪問リハビリテーション PT、OT、ST(理学療法士作業療法士言語聴覚士 自宅を訪問してリハビリテーションを行う
訪問看護 看護師 持病がある方に対して療養上の世話、診療補助を実施
居宅療養管理指導 医師、薬剤師、栄養管理士 療養上の管理、指導を実施

各職種の方に自宅に訪問いただき、サービスを提供してもらうサービスです。

通所サービス

いわゆる、デイサービスなどの施設に自宅から通ってサービスを受けるものです。
朝、バスのお迎えがあり、デイサービスセンターで1日を過ごしてから夕方家に帰ります。
デイサービスの1日の代表的なスケジュールはこんな感じです。

なお、こちらのスケジュールはデイサービスに強い介護事業者であるツクイのデイサービスのスケジュールです。
だいたいどこでもこんな感じだと思います。

なお、デイサービスとデイケアという言葉があります。
それぞれがこの通所サービスにあたるもので、以下のような違いがあります。

サービスの種類 サービスの内容 目的
デイサービス(通所介護 デイサービスセンター 日常生活の介助がメインで、レクリエーションなどを通じて生きがいを見つける
デイケア(通所リハビリテーション 介護老人保健施設医療機関 主治医の支持のもとリハビリテーションして回復する

です。
どちらにせよ、自宅から通い、泊まることなく受けるサービスが通所サービスです。

短期入所サービス

短期入所サービスはその名の通り、短期に施設に入所して受けるサービスです。
ショートステイと言われるものですね。
通所サービスと違って泊まるのがポイント。

介護している家族にとっては一時的でも介護負担を減らすことができるサービスです。

こちらも入所する施設、実施するサービスによって名前が異なります。

サービスの種類 入所する施設 目的
短期入所生活介護 特別養護老人ホーム 日常生活支援
短期入所療養介護 病院 日常生活上の介護、機能訓練

短期入所療養介護は看護、医学的管理のもと介護がされます。

福祉用具サービス

介護にはいろいろな福祉用具が必要になることがあります。
それらの用具をレンタルしたり、購入費を補助するのがこのサービスです。

また、福祉用具以外にも自宅に手すりをつけたり、バリアフリーにするための住宅改修費用の補助もでることがあります。

いずれも、在宅で介護するためには必要なモノです。

まとめ

ということで、今回は在宅で受けることのできるサービスの細かい説明でした。
デイサービス、ショートステイなど、ちらちら聞いたことのある単語が出てきましたが、内容理解できましたでしょうか?
在宅で介護を受けるためには、訪問、通所、短期入所、福祉用具がキーワードになりますね。
それぞれどんな特徴があるかを理解したうえでケアプランを見るとより理解が深まると思います。

なお、施設系のサービス(デイサービスとか)は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:【介護をやさしく解説】施設系のサービスまとめ