"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

【介護をやさしく解説】受けれる介護サービスの種類について

介護保険制度の中で請けられる介護のサービスはたくさんあります。
このサービスを組み合わせて(ケアプラン)介護保険の枠組みの中でサービスを受けることになります。
しかし、受けられるサービスは要介護度によって異なるので要注意。
今回は、介護保険制度の中で受けられるサービスについてご紹介したいと思います。

介護関連の記事はこちら 【介護をやさしく解説】介護保険制度とは
【介護をやさしく解説】介護保険制度でのお金の話

f:id:gami_bookmark:20170907225843j:plain

要介護度により受けられるサービスが違う

まずは、要介護度によって受けられるサービスが違うことから説明したいと思います。
主に、介護保険制度の枠組みのなかでサービスを受けられる人は以下の3種類にわけられます。

  • 要介護
  • 要支援
  • 認定なし

この3種類の人により、それぞれ受けられるサービスがことなります。
具体的な例をいうと、要介護の人のみ特別養護老人ホームに入ることができるというようなことです。

実際には、

  • 要介護の人のみが受けれるサービス
  • 要支援、要介護の人が受けれるサービス
  • 要支援、認定なしの人が受けれるサービス

に別れます。

受けられるサービス

介護保険で受けられるサービスは数多くあり、よく改正されます。
ですので細かく一覧を出すのはやめて、主にどういったサービスがあるかを紹介したいと思います。
その際には上で説明したように、要介護度によって受けられるサービスが違いますので、そこも合わせて説明します。

要介護の人のみが受けれるサービス

要介護の人が受けれるサービスの有名なところでは介護老人福祉施設特別養護老人ホームや、老健といわれる介護老人保健施設です。
要介護というのは介護度が高く、なかなか一人で生活することが難しくなってくるので、施設に入ってサービスを受ける場合にはこの2つのサービスを選択することになります。

f:id:gami_bookmark:20170906185910p:plain

ただし、施設に入りたくない人もいますので、そういう場合んいは24時間、夜間にも対応して必要に応じて介護スタッフがご自宅などにかけつけるサービスもあります。 夜間対応型訪問介護などがそれにあたります。

要支援、要介護の人が受けれるサービス

一般的に介護保険制度のサービスといえばここです。
在宅でサポートをうけたい人のためには、訪問介護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーションなどがあります。
また、自宅にいるだけだと外の世界とのつながりがなくなってしまうから通所介護、通所リハビリテーションなどの一般的にデイサービスと言われるサービスもあります。
意外なところでは、車椅子などの福祉用具のレンタルや、手すりをつけるための住宅改修費の補助なども用意されているんです。

要支援、認定なしの人が受けれるサービス

そして、まだまだ軽度である要支援、認定なしの人は市区町村が提供している介護予防サービスを受けることができます。
最近は、とくに認知症予防・支援の話はよく聞きますね。

サービスはどこで受けるためには

サービスをうけるためには、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要になります。
このケアプランで、どこで、どのサービスを、どのくらい受けるかを計画します。
ケアプランを作るのはケアプランナーと言われる人で、各地域にある地域包括支援センターという場所だったり、居宅介護支援事業者にいます。
その相談先が、要介護度によって違っていて、要支援のケアプランは、地域包括支援センターに、要介護のケアプランは、居宅介護支援事業者に相談することになります。
居宅介護支援事業者は大手の介護事業者がそれにあたることが多いようです。

まとめ

ということで、今回は介護保険制度で受けれるサービスについて説明しました。
いろいろなサービスが受けられますが、これを予算の範囲内で効率的に受けれるようにプランニングする必要があるんですね。
といいながらお金だけでなく、本人や、家族の希望や、状況なども考慮していくと大変だなぁと思います。
まだ介護生活に突入していない今こそ、こういうことを考えておかないといけないのですね。