"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

[初心者向け]わかりやすい言葉でブロックチェーンってなに?を説明したい!

仮想通貨、ビットコインブロックチェーン
巷で話題のキーワードです。
これまではなんとなく見ていたのですが、あるツイートが気になり出してきちんと勉強してみることとしました。
わたしが勉強した内容をここでご紹介したいと思います。
というか、自分の学習メモとしても記事にしておきたいと思います。

ということで、まずは、ブロックチェーンとはなんぞや的なお話です。
f:id:gami_bookmark:20170905215507j:plain

言葉としてのブロックチェーン

言葉として、ブロックチェーンとは、技術のことを指します。
得てして、ビットコインを始めとする仮想通貨と一緒に語られるのでごちゃまぜに考えてしまいますが、別物。
ブロックチェーン技術を使って実現しているのが仮想通貨(ビットコインなど)です。
今回はその技術であるブロックチェーンの技術についてできるだけ簡単にご紹介したいと思います。
ちなみに参考になる本はこちらです。

ブロックチェーンとはなんぞや

ここからが本題ですが、ブロックチェーンとはどういうものか?
よく言われていることとして

世界中に点在するコンピューターにデータを分散することで、中央集権を置かずに破壊・改ざんが困難なネットワークを作る技術である

ということです。

わかりづらい…
ここをできるだけわかりやすく説明したいと思います。

中央集権をもたない

中央集権というとなんとも難しく聞こえます。
例えば、銀行での取引は、銀行がその取引を台帳で管理していて、すべての取引がそこを経由して行われます。
この場合、銀行が中央集権ですね。
銀行が1つの台帳を管理し、運営しています。

f:id:gami_bookmark:20170905172725j:plain

ちなみにブロックチェーンの説明にはよく台帳という言葉が出てきます。
銀行の場合、取引履歴ですね。
ひろい意味ではデータベースくらいに捉えてていいと思います。

ブロックチェーンの技術を使うとこの取引台帳がいろんな場所に置かれることになります。

f:id:gami_bookmark:20170905172741j:plain

いろんなところに台帳のコピーを持つのです。
それぞれの台帳に取引の内容がコピーされている状態ですね。

破壊・改ざんされない

中央集権をもたず、いろんなところに台帳のコピーがあるので、1つの台帳が壊れても復旧することができます。
これがブロックチェーン技術のメリットの1つです。

さらに、それぞれの台帳に登録する際に、登録する情報が正しいかどうか参加者がチェックします。
ある台帳で不正があっても他の台帳を比較することで、不正を見つけることができますね。
不正をみんなで監視するような仕組みです。
こうすることでデータを改ざんされない仕組みを構築するのです。

何がいいのか?

とにかく安全であることです。
上で説明したように、なりすまし行為が難しくなります。
また、過去データに関しても改ざんしようものならその後のデータもすべて改ざんしないと不整合になります。

そしてもう1つはコストが低いこと。
例えば上で説明した銀行ですが、送金するときに手数料払いますよね。
これって中央集権的なシステムであるがゆえなのです。
よく言われるのが海外送金ですが、これまでは1週間ちかくかかるうえに、手数料も1,000円ほどかかっていました。
これがブロックチェーンで送金するとかなりすくない手数料(100円以下?)でしかもすぐに送金することができるようになります。
いろんんあ仲介役が必要なくなるということですね。
これは、利用者としてはうれしい限りです。

まずは金融業界に

このブロックチェーン、いろいろな業界に適用することはできるのですが、まだまだその分野の開拓は発展途上な状態。
逆にいうと何がでてきてもおかしくなく、とてもおもしろい状態だと思います。
そんななか、ブロックチェーン技術がビットコインから生まれたように、金融業界では浸透が始まっていますね。
その最たるものが仮想通貨。
まずはブロックチェーンとともに仮想通貨の勉強も初めてみようと思います。
まずはcoincheckで仮想通貨を運用できるようにします。
次回はそのあたりも記事にしたいと思います。