"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

はじめて行くと戸惑う?三島駅(静岡県)を解説します。

静岡県の三島という駅をご存知でしょうか?
新幹線も乗り入れてて、なにげに重要な場所です。
乗り換えすることもあるのですが、初めて行ったときには結構戸惑いました。
そんな三島駅についていろいろご紹介したいと思います。
f:id:gami_bookmark:20170831232337j:plain

こんな駅

三島駅静岡県の東部に位置する駅です。
熱海と沼津の間にある駅ですね。
地図だとここ。

こんな中途半端な場所にある駅なのですが、新幹線が止まります。
しかもひかりが止まるんです。
となりの熱海のほうが有名だと思うのですが、ひかりが止まるのはここ三島。
なぜかはよくわかりませんが、鉄道的には周辺地域では主要な駅であることには間違いありません。

また、各種在来線への接続があります。

静岡、伊豆への入り口の駅ですね。

新幹線から在来線への乗り継ぎ

ここの乗り継ぎで気をつけないといけないのが乗り継ぎ。
新幹線⇔在来線の乗り継ぎが結構たいへんです。
おそらく、新幹線のホームが後で作られたのでしょう。
結構な距離を歩く必要があります。
f:id:gami_bookmark:20170831232443g:plain

しかも、新幹線のホームが丘の上にあるようなイメージ。
高低差があります。

乗り換えには急ぎ足で10分くらいは見てたほうがいいでしょう。
在来線→新幹線の場合、上りになります。
荷物を持っていたらエスカレーターを使うことになり、もう少し時間がかかるかもです。

新幹線利用の場合北口がいいんですが…

三島駅で新幹線を使うなら北口のほうが近いです。
南口からですと、乗り換えの時間+αで時間がかかります。
ですので、朝一利用で前泊する場合、北口がいいです。
といいながら、北口にはいいホテルがないんですよね…
南口ですと、こちらのホテルが大浴場もついてオススメです。

余裕を持って駅に行くようにしましょう。

新幹線待合所は快適

新幹線の時間に余裕をもたせるなら、待合所でゆっくり仕事してもいいかもです。
こちらの待合所はかなりゆっくりできます。
f:id:gami_bookmark:20170831232529j:plain

お客さんの数に比べて席が多いです。
多分、新横浜と同じくらい席数があります。
壁際には電源も使える席がありますので仕事できますよ。

お土産は改札の中で買えます

三島駅のお土産は改札の中で大丈夫です。
在来線から新幹線に乗換えるところに1つ、新幹線改札の中にもう1つあります。
おすすめは新幹線改札の中のお店ですね。
一通り揃っています。
三島土産というよりも静岡土産。
うなぎパイも売られてます。

そんな中、わたしのオススメは黒はんぺん。
おかずにもなりますし、子供も食べれるのでオススメです。

静岡旅行のハブ

ということで三島駅のご紹介でした。
ここは静岡を旅行する際にはハブになる駅です。
このブログで紹介してきた沼津旅行の際にもここで乗り換えることになります。

関連記事:都内から週末日帰り一人旅で沼津はいかがでしょうか? - GAMILOG

みなさんの静岡旅行の際にこの記事の情報が役立つとうれしいです。