ひとり旅と音楽が人生を豊かにしてくれる、はず

【Logicool M336/M337 レビュー】コストパフォーマンスの高いBluetoothマウス(ロジクール)

f:id:gami_bookmark:20181013124834j:plain

最近タブレットPCを使い始めました。
でもやっぱりマウスってあった方が作業は格段に早くなりますね。
そこでタブレットと一緒に持ち運ぶことのできるマウスとして、ロジクール のBluetooth マウス M336を買いましたのでレビューします。

M336/M337 Bluetoothマウス

今回はBluetoothのマウスを選ぼうと思いました。
理由はタブレットPCはUSBのI/Fが少ない(というか1つ)なので、それを潰したくなかったからです。
LogicoolのHPを見るとBluetoothマウスはいくつかありますが、その中で気になったのがM337。

ポップで小さく、持ち運びも楽そうなのでこちらにしたいと思ったのですが、色がポップすぎて…
仕事でも使いますので、落ち着い色が欲しくて1つ前のモデルのM336というのがあり、こちらはシルバー系の配色が落ち着いてます。
これなら大丈夫ですね。

M336/M337 外観

ロジクールのマウスは安定のシンプルデザインのこの箱で届きます。
f:id:gami_bookmark:20170725194457j:plain

型番が大きく印字されているので、わかりやすいですね。
f:id:gami_bookmark:20170725194547j:plain

マウスのデザインはこんな感じでマットで落ち着いてていいです。
f:id:gami_bookmark:20170725194628j:plain

マットな質感で、指紋汚れとか気にならなさそうです。
黒いホイールは樹脂製。
f:id:gami_bookmark:20170725194710j:plain

M336/M337 サイズ感と操作性

次はサイズ感についてです。
大きさはモバイルできるレベルで、私の手は小さめですがこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170725194809j:plain

少し小さいなぁと感じるレベルですが決して操作性が悪いわけではないです。
操作性を殺さない絶妙なサイズ感だと思います。
やはりセンターホイールがあると便利です。
特に、左右にも倒れて、ブラウザの「前ページ」へはかなり使います。

ホイールが静かに回のもいいですね。
カリカリ音が出るのは外で使うときに気になりますから。

Logicool M336/M337 レビュー」まとめ

本記事は「【Logicool M336/M337 レビュー】コストパフォーマンスの高いBluetoothマウス(ロジクール)」について書きました。
Bluetoothのペアリングも簡単にでき、途切れることもなく使えています。
このあたりは信頼のLogicoolですね。

持ち運べるサイズ感使いやすい操作性のこのロジクール M336は持ち運びするマウスを探されている方におすすめできますよ。

なんと言っても価格も安いです。
実売2,000円ちょっとでこのクオリティなら後悔することはないと思います。