"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

年間100泊出張している出張族がオススメする旅行術【荷物編】

年間100泊程度出張しています。
前回は、そんなわたしがオススメする快適に旅行するための移動方法についてご紹介しました。
今回は荷物に関してお話したいと思います。
荷造りから、旅行中の荷物の扱いまで、どれもわたしが実践している方法ですので参考になるかと思います。
f:id:gami_bookmark:20170712091536j:plain

カバンは分ける

まずは旅行カバンについてです。
どのくらいの日数旅行するかによりますが、わたしは2泊以上する場合にはキャリーケース+手持ちカバンの組み合わせで移動します。
出張のときはこのセット。

関連記事: 出張カバンは無印のキャリーとノースフェイスのデイパック - ガミログ

プライベートのときには手持ちカバンがカジュアルなリュックに変わるくらいです。

関連記事: シンプルだけどクール!Mission Workshopのバッグがお気に入りです! - ガミログ

2泊くらいですと、カバンの中は余裕があるのですが、お土産を入れるスペースと割り切ってこのセットです。
基本的なことですが、キャリーケースの中には移動時に使わないもの、手持ちのカバンには移動時に使うものを入れますね。
移動時に使うものといえば、

  • これがないと困るカメラ
  • 移動中にも充電できるようにスマホの充電器
  • 移動中の時間潰しのための書籍
  • 貴重品
  • 壊れてはいけないPC、タブレットなどの精密機器

などなどです。
特にPCなどは絶対にキャリーケースには入れないようにしましょう。
飛行機や、高速バスで預けると衝撃が激しいトランクルームに入れられるので壊れる可能性があります。
その他、着替えなどがキャリーケース、これが基本です。

ちなみに、わたしはビジネスでもリュック派です。
両手があくことは旅行時にはかなりメリットになります。
是非、リュックやショルダーなど両手があくバッグを選んでください。

カバン内収納

次にカバンの中の話です。
特にキャリーケースの中ですが、ゴチャゴチャしてませんか?
いつも旅行の時に荷造りに悩んでませんか?
そんな悩みは、カバン内収納を使えば解決します。
わたしが使っているのは無印良品のモノです。

関連記事: 旅で使える道具の1つ、無印良品のたためる仕分けケースでパッキング - ガミログ

わたしの場合、キャリーケースも無印良品ですので、サイズがピッタリ。
この小さい方に1泊分の着替えを入れて泊数分もっていくようにしてます。
大きい方はぐちゃぐちゃにしたくないワイシャツや、パンツなどを入れる時に使います。

ホテルについてからも部屋がゴチャゴチャしないのでオススメです!

3泊以上は洗濯する

5泊分の荷物なんてもっていったら大変です。
3泊以上は洗濯するようにしましょう。
だいたい、どこのホテルでもコインランドリーがあります。
(まれにないところもあるので注意!)
1日目の夜に洗濯しちゃいましょう。

ですのでわたしはキャリーケースにつねにこんな洗剤をいれています。

ここでポイントが1つ。
乾燥機使わなくてもいいです。
ホテルの部屋って、基本乾燥しているので、部屋干しで1日で十分乾きます。
加湿にもなるので、部屋で干しましょう。
乾燥機待つ時間もお金ももったいないですからね。

ホテルに預けて移動する

これは初日、最終日はもちろん、中日でもホテルを移動する際には意識したいことです。
キャリーケースを持っての移動はやめましょう。
やはり、疲れます。

チェックイン前、チェックアウト後はどこのホテルでもその日は無料で荷物を預かってもらえます。
コインロッカーに入れると500円かかるので是非、ホテルに預けたいところ。
預けることも考慮してホテルは選びたいですね。
移動に飛行機を利用するなら羽田空港に近い蒲田近辺のホテルがオススメです。

関連記事: 年間100泊している出張族がおすすめする蒲田の満足度の高いビジネスホテル3選 - ガミログ

新幹線を使うなら、新横浜がいいですね。
ここのホテルなんて最高ですよ。

関連記事: 新横浜ですこし優雅に泊まるなら、ホテルアソシア新横浜がおすすめです。 - ガミログ

”お荷物”にならないように

旅行の”お荷物”にならないよう、荷物に関してもしっかり考えて旅行しましょう。
どうしても邪魔ならホテルに送る、ホテルから送ることもアリです。
クロネコヤマトでは、往復宅急便というものもあります。
これは往復が同じ場所なら安くなる宅急便です。
旅行でホテルに送るならこれですね。

クロネコヤマト 往復宅急便