旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

格安SIMでの通話料は自身の電話の利用状況にあわせて選びましょう

わたしが選んだ格安SIM楽天モバイルです。
楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

楽天モバイル関連の記事はこち 楽天モバイルへの申し込みはMNPでもWEBだけで完結です。
楽天モバイルのMNPは電話で開通!簡単に乗り換え完了です。

楽天モバイルのメリットや、他の格安SIMとの比較は別の方がブログでご紹介されていると思いますのでそちらをご覧ください。
で、サラリーマンとしてはどうしても電話が必要ですよね。
会社携帯を持っている人はいいですけど、何かとチョコチョコかけます。
そこで、電話かけ放題のオプションについて調べて検討しました。
今回はその内容をご紹介したいと思います。
f:id:gami_bookmark:20170531211314j:plain

通話の選択肢

大きく分けて通話の選択肢は3つあると思います。

  • 通話SIMの基本プラン
  • かけ放題プラン
  • データSIM+050plusなどのIP電話

それぞれ細かく見てみます。

通話SIMの基本プラン

まずは通話SIMの基本的なプランです。
格安SIMの通話SIMはもちろん電話することができます。
国内の通話料を見てみると20円/30秒です。
やはり結構割高ですね。
といいながら、楽天だと楽天でんわというアプリを使って電話すると半額になります。
f:id:gami_bookmark:20170531165123p:plain

どのくらいかけるかがポイントそのシミュレーションはこのあとで。

かけ放題プラン

これはどこの格安SIMも用意しているっぽいですね。
いわゆる定額プラン。
ある通話時間の間だと定額になるということです。
f:id:gami_bookmark:20170531164727p:plain

楽天モバイルの場合、5分内の通話かけ放題で850円/月です。
もっとかける人はもう一つ上のランクのかけ放題で、無制限にかけ放題できるものもあります。

ある程度かける場合にはこの選択肢でしょう。

データSIM+050plusなどのIP電話

最後はデータSIMを使うパターンです。
データSIMには通話がついていないので、値段が通話SIMよりも安いです。
そこに050plusなどのIP電話を使うことで通話できるようにするものです。
050plusの通話料は、代表的な国内の携帯に対して、17.28円/1分です。
f:id:gami_bookmark:20170531164803p:plain

こちらは電話番号が今とは変わってしまうことが最大のデメリット。
それが許容できるのであればこの選択肢もありですね。

わたしの電話の利用頻度

わたしは出張族ですので、外で電話を使う機会が多いです。
また、会社用の携帯を支給されていないので、放題がないと厳しいかもです。
かと言って長電話ではないので5分以内だとは思います。
例えば、楽天モバイルのかけ放題である850円は他のプランだったらどのくらいの頻度で電話することになるのでしょうか?

通話SIMの基本プランですと、約42分電話すると850円になります。
1回3分くらい電話したとして、14回ちょっと。

これが050plusだと、49分です。
1回3分くらい電話したとして、16回。

このレベルは使い切ってしまいそうです。
そもそも、電話番号変わるのはやっぱりサラリーマンにはきついのでIP電話はなしだな…
わたしの利用状況だとかけ放題の850円プランになりそうです。

それぞれの状況にあわせて

ということで、わたしは5分以内かけ放題の850円のプランになると思います。
というかこれ以上のプランにするのはちょっと割高感があるのでここで抑えるようにしないといけませんね。
ちなみに通話SIMは10GBのものを選ぶので、トータルで4,000円弱になります。
大手キャリアと比べれば随分安いのでここを落とし所としたいと思います。

電話料金を払うパターンは通話SIMの基本プラン/かけ放題プラン/IP電話の3パターンがほとんどだと思いますのでそれぞれの電話の利用状況にあわせて賢く選びましょう。