"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

Redwingのポストマン(POSTMAN)を仕事でも使っています。

仕事で使う革靴って悩みます。
先人たちはみな、「靴だけはいいものを」というのですが、この雨の多い日本でレザーソールの高級革靴を履くのはナンセンスだと思うんですよね。
なので、安い消耗品で、というのもなんだか寂しい…
せめて思い入れを持てる靴が履きたいものです。
そこで、わたしはドクターマーチンの3ホールを仕事用の靴として使っています。
こちらの記事をご覧ください。
関連記事:仕事用の靴にドクターマーチン3ホールという選択 - ガミログ

で、ドクターマーチンの他にももう一つ愛用している靴があります。
それが今回ご紹介するRedwingのポストマンシューズです。

ポストマンシューズとは

ポストマンシューズとはその名の通り、郵便配達員のためのシューズです。
昔は郵便配達は歩いてやってました。
そんな彼らの足元を支えるタフなシューズです。
現在ポストマンシューズはいろんなブランドから出ています。
その中でも元祖といわれるのが、Redwingです。
働く男の足元を支えるタフな靴であり、そういううんちくがあると愛着を持つことができますww

Redwingのポストマン

わたしはRedwingのポストマンを買いました。
買ったばかりのときはこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170524222202j:plain

いわゆる外羽根のプレーントゥというやつですね。
フォーマルであれば内羽根がよいと言われますが、ビジネスカジュアルだとこれで十分だと思います。
買ったばっかりのころはコロンとした顔が印象的でかわいかったです。

ソールはクッションソール。
ある着心地がふわふわして長く歩いても疲れません。
さすがポストマンのための靴。
歩く営業にも優しい靴です。

アジが出ます

一度出張で履いたものがこちらです。
f:id:gami_bookmark:20170524222234j:plain

一度だけ履いて、履き皺が入っただけなのになんともいえないアジが出てきます。
これが、この靴の最大の特徴ですね。
革靴というよりもブーツのような感覚。
エイジングを楽しめる靴だと思います。

使いまわせるいい靴

基本的に何にでも合う靴ですね。
わたしはチノパンに合わせることが多いです。
こんな感じ。

f:id:gami_bookmark:20170524222318j:plain

でも、グレーパンツにあわせてもそんなに違和感はないです。
f:id:gami_bookmark:20170524222356j:plain

ベーシックなくつならではですね。

プライベートでもジーンズ、ミリタリーパンツなどとの相性は抜群。
何にでもあわせて使いまわせます。
みなさんも仕事靴を買い足すときにこのポストマンシューズを選択肢に入れてみてはどうでしょうか?
愛着持って育てることができると思いますよ。

ちなみにダナーからもポストマンシューズは出ています。
こちらは少しだけお安くなってます。