"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

気合入れるときのプレゼントにピッタリなGODIVA(ゴディバ)のグランプラス

最近、贈り物にチョコレートを買うことが多いです。
特に嫁にはもういろんなプレゼントをこれまでに贈ってきたので正直、ネタ切れ。
ですので、タベモノかお酒になっちゃいます。
特にチョコレートは、プレミアムなものもあり、プレゼントとしてもちょうどいい。
以前紹介したピエールマルコリーニのチョコレートもかなり喜んでくれました。

関連記事: 失敗したくない贈り物に見た目も素敵な美味しいピエールマルコリーニ(Pierre Marcolini)のチョコレートがおすすめ - ガミログ

そんな中、今回ご紹介するのはゴディバです。
有名すぎるチョコレートですが、プレゼントにピッタリのシリーズを見つけましたのでご紹介します。

f:id:gami_bookmark:20170501093142j:plain

ゴディバにはいろんなシリーズがある

あまり意識したことなかったのですが、ゴディバのチョコレートにはシリーズがいくつかあります。
代表的なものとして、

  • ゴールドコレクション
  • トリュフアソートメント
  • グランプラス
  • タブレットバー

などです。
トリュフと、タブレットバーはよく買ってましたが、ゴールドコレクションやグランプラスはこれまで手にとることもありませんでした。
このゴールドコレクションやグランプラスがプレゼントにピッタリのシリーズです。

ゴールドコレクションはチョコレートの詰め合わせをゴールドのエレガントなパッケージに詰め合わせたモノ。
グランプラスは上質な質感のギフトボックスに、選りすぐりのチョコレートを贅沢に並べたモノ。

どちらもプレミアム感がある贈り物にピッタリなシリーズです。

グランプラスを贈り物に

このうち、グランプラスの方をわたしは贈り物として贈りました。
グランフロントにも2種類あり、30粒入りと、59粒入りです。
f:id:gami_bookmark:20170501093218j:plain

わたしは30粒入りを選びました。
1人に贈るのであれば30粒入りでも十分だと思います。

30粒入りでも8,000円ちょっととなかなかのお値段。
でも、以前紹介したピエールマルコリーニにチョコレートよりも値段に比べて量が多く、贈り物としての存在感は高いかもしれません。
また、ピエールマルコリーニは首都圏にしか店がないのでなかなか手に入れるのが難しいですが、ゴディバであれば最近、地方でも主要都市の駅ビルの中に出店しており、比較的手に入れやすいと思います。
是非、ご自身の目で見てみてください。

プレミアム感の高まる包装

包装もしっかりしてますので、プレゼントとして恥ずかしくないです。
まずはゴールドの紙包装。
f:id:gami_bookmark:20170501093235j:plain

これはゴールドコレクションでも同様の包装です。
まぶしいです。

そして紙の包装を開くとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170501093308j:plain

まだ箱に到達しません。
焦らされます。

そしてメインの外箱。
f:id:gami_bookmark:20170501093337j:plain

こちらは、表面が毛羽立った高級感のある箱です。
アクセサリーケースのような箱。
この箱がプレミアム感をかなり演出してくれると思います。

この包装が通常のゴディバのチョコレートにはない要素です。

安定のチョコレート

肝心のチョコレートはまったくもって問題なし。
上段にはこのように鮮やかで、多種多様なチョコレートがぎっしり入ってます。
f:id:gami_bookmark:20170501093420j:plain

箱を開くとまずこれが見えますが、見栄えもよく、素敵です。

そして隠し引き出しにタブレットチョコがぎっしり入ってます。  f:id:gami_bookmark:20170501093451j:plain 

これがサプライズのポイントです。
甘いチョコレートからビターなチョコレートまで揃っています。
このチョコレートがワインなどお酒には合いますのでお酒好きの方には特に喜ばれると思います。

特別な日のチョコレートとして

ということで、かなりプレミアム感を出すことができますので、プレゼントには持ってこいです。
お金に余裕があれば59粒入りもいいと思います。
箱を見ましたがかなり迫力ありました。
間違いなく、喜ばれると思います。
チョコレートが好きな方へ、特別な日に贈るチョコレートとしてオススメです!