ガミログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
出張族が見つけたいろんなモノやコト

レコードのクリーニングはフラッシュ・ディスク・ランチのアイテムで

古いレコードの音がたまらなく好きです。
あたたかみのある、音。
よなよなお酒を飲みながら聴くレコードは最高の贅沢です。
そんなレコードはどうしてもよごれます。
ホコリはもちろん、人が触ることでつく脂や、擦り傷。
しょうがないですね。
でもなるべくいい音で聴きたいのでクリーニングは必須です。
そんな時に愛用しているのが、下北沢のレコード屋さん、フラッシュ・ディスク・ランチのクリーニングアイテム。
今回はそんなアイテムをご紹介します。
f:id:gami_bookmark:20170425064942j:plain

フラッシュ・ディスク・ランチ

まずはフラッシュ・ディスク・ランチについて。
下北沢に昔からあるレコード屋さんです。
これぞアメリカのレコード屋、といった雰囲気のお店で、レコードを掘る楽しみを味わうことができます。
そんなお店が出しているのが今回ご紹介するクリーニングアイテムです。

このお店はクリーニングのアイテムの他にもいろんな音楽にまつわるアイテムを開発・販売しています。
特に有名なのがこちら。

ソフトCDケースです。
わが家でもこれを愛用していますが、収納スペースを1/3にすることができますよ。

クリーニングアイテム

レコードのクリーニングには2つのアイテムを使います。
洗浄液クリーニングクロスです。
両アイテムともに、このお店のオリジナルです。

洗浄液

洗浄液はこんな霧吹きケースに入ってます。
f:id:gami_bookmark:20170424095234j:plain

この霧吹きでレコードを湿らせてからクロスでふきあげます。
この洗浄液は安いです。
他社のものに比べると安いので、じゃぶじゃぶ使いましょう。
わたしはいつもつめかえ用をストックしています。

クリーニングクロス

クロスは2種類あります。
目の細かいものと、あらいもの。
f:id:gami_bookmark:20170424102016j:plain

まずは目の細かいものでレコード全体に洗浄液を広げます。
広げる際にはレコードの溝に沿って拭きましょう。
f:id:gami_bookmark:20170424102211j:plain

そして全体的にいきわたれば目の荒あらいものでふきあげます。
f:id:gami_bookmark:20170424102302j:plain

こちらは吸収性があります。
レコードについている洗浄液を拭き取る感じで使います。

そしてレコードを回す

ここで終わりではないです。
この状態だと、レコードの溝に洗浄液で浮かび上がらせた汚れが残っている状態です。
レコードをターンテーブルに乗せて、回してレコード針でその汚れをかきだします。
びっくりするくらい汚れがレコード針につきますよ。
ですので、このタイミングでは安いレコード針を使った方がいいでしょうね。

効果絶大

そして一通り針を落としたら、いよいよ聞いてみます。
明らかにクリアな音になっていると思いますよ。
これまで某レコード屋さんの別のクリーニング液とクロスも使ってみましたが、断然こちらですね。
わたしの周りのレコード好きもみんなこっちです。
ネットで気軽に注文できるので是非、試してみてください。

こちらのページから注文できます!

CDソフトケース.com

人気記事セレクション 旅で使える道具の1つ、無印良品のたためる仕分けケースでパッキング
コンビニやドラッグストアで買える入浴剤おすすめ3選
小学生くらいの子供のカメラに最適です、Nikon COOLPIX W100
仕事用の靴にドクターマーチンという選択