1人旅と大好きなモノで人生をちょっとだけ豊かにするメディア

経済的で実用性の高いランタン、SOTO 虫の寄りにくいランタンは初心者にもおすすめです!(ST-233)

キャンプの道具の中でも重要なものの1つにあげられるのがランタンです。
我が家ではメイン用、食卓・タープ用、寝室用と3種類のランタンを使っています。
その中で今回ご紹介するのはメイン用に使っているランタンです。
メイン用のランタンは主に外で使います。
テントの外で一番明るい光を放ち、サイト全体を明るく照らしてくれるものです。
ですので、キャンプのかなめと言ってもいいでしょう。
そんなメイン用のランタンですが、我が家ではSOTO 虫の寄りにくいランタン ST-233というものを使っています。
今回はこのランタンについてご紹介です。

メイン用のランタン

メイン用のランタンはとにかく明るくないとダメです。
ですので、ガソリンタイプか、ガスタイプに絞られると思います。
LEDタイプもあるのですが、やはり光量が少ないです。
我が家も1回目のキャンプではLEDのランタンとしてはかなり明るい方であるジェントスのランタンをメインに使って行ったのですが、夜は暗くてダメでした。

見えないし、なんか怖いし。
ですので、LEDのランタンは食卓・タープ用として今は使っています。

ガソリンにするか、ガスにするか、悩ましいですよね。
我が家では、燃料代が安いガスを選びました。
カセットガスだとどこでも安く手に入ります。
長く使うものなのでできれば安いほうがいいと思いました。

あと、もう一つの理由として、ツーバーナーの燃料もガスだということです。
これはかなり重要で、バーナーとランタンなどは燃料を合わせるべきですね。
わたしはこちらのランタンと同じメーカーのSOTOのツーバーナーを使っています。

こちらもカセットガスですので、ランタンはやはりガスになりました。

虫が寄り付かない

そして手に入れたのがSOTOというメーカーのランタンです。
その名も「虫の寄りにくいランタン」。
f:id:gami_bookmark:20170406221442j:plain

ランタンを使うとどうしても気になる虫問題。
虫嫌いの人には深刻な問題ですよね。
こちらのランタンはその虫が寄り付かないとうたっているランタンです。
結果から言うと、寄り付かないことはないですが、「そういえば虫少ないかも」というレベルですね。
朝ランタンを片付けるときには虫の死骸がそこそこついていますww
なんで虫が寄り付きにくいかというと、

  • 虫が感じにくいオレンジの光
  • リフレクターに蚊取り線香を装着できる
  • リフレクターで森の側の光をカットできる

からです。
といっても我が家では香取線香は使っていません。
ランタンというよりもサイト全体で香取線香を使っています。
ですので、その効果はわかりません。

明るくやさしい光

LEDランタンと比べると明らかに明るいですね。
直視することができないレベルで明るくなりますよ。
f:id:gami_bookmark:20170406221506j:plain

サイト全体を明るくできる能力があります。
f:id:gami_bookmark:20170406221551j:plain

光がオレンジ色なので優しいのもうれしいところ。
申し分ないです。
f:id:gami_bookmark:20170406221625j:plain

ケース付がおすすめです

ランタンって割れるので持ち運びが大変。
ですので、専用のケース付で買うことをお勧めします。
専用のケースはランタンがもちろんピッタリ入ります。
f:id:gami_bookmark:20170406221706j:plain

クッション素材でできているので少々の衝撃であれば大丈夫そう。
このケースのまま、コンテナに入れて運ぶと問題なしですね。
コスパの高い初心者にもおすすめできるいいランタンだと思います。

ケースセットでお得に売られているものもありますので、初心者の方もこちらのランタンからはじめてみてはいかがですか?

キャンプ関連の記事はこちら 温泉併設のこじんまりとしたキャンプ場(北薩広域公園)
LOGOS(ロゴス)ハイパー氷点下クーラーが普段使いにもいい
サラリーマンはタフなユーロシルムの折り畳み傘で。
2ルーム?テント+タープ?ワンポール?はじめて買うファミリーキャンプ用テントのオススメ