旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

【レビュー】ZERO AUDIO カルボ テノーレ ZH-DX200-CT を買いました!

この間、出張中に愛用していたイヤホンが断線しました。
愛用していたイヤホンはこちら。
関連記事:

格安ハイレゾ対応イヤホンSATOLEX Tubomi DH298-A1が調子いいです!(断線しました…) - ガミログ

すごく気に入ってて、音質もよく、最高なんですが、一点だけ懸念点がありました。
イヤホンジャック側がL字じゃないんです。
ここから断線しそうだなぁと思ってたら、案の定、断線してしまいました。

出張中にイヤホン使えなくなると結構ツライんですよねぇ。
移動中に音楽がないのは地獄です…
そこで急遽イヤホンを選ぶことになり、今回ご紹介するイヤホンを買いましたのでご紹介です。
手に入れたイヤホンは「ZERO AUDIO カルボ テノーレ ZH-DX200-CT」です。

ZERO AUDIOとは

聞き慣れないメーカーですが、イヤホンの世界では有名なメーカーです。
もともと協和ハーモネットという電線や、配線を事業として展開している日本のメーカーです。

協和ハーモネット

そんなメーカーの中にオーディオ事業としてZERO AUDIOというブランドがあります。
設立されたのは2010年なので比較的新しいブランドです。
そんなブランドが一気に台頭しているのはその音質のよさから。
配線事業を主たる事業としていることもあり、使われているケーブルの品質には定評があります。

というか、わたし、日本製とか、日本のメーカーに弱いです。
応援したくなります。

カルボシリーズ

ZERO AUDIOではヘッドホンとイヤホンを展開しています。
ハイレゾ対応のものも多いですね。
その中で人気なのがカルボというシリーズです。
カルボシリーズには4種類のイヤホンがあります。

  • ドッピオ(DOPPIO)
  • シンゴロ(SINGOLO)
  • バッソBASSO
  • テノーレ(TENORE)

この中でバッソとテノーレがいわゆる低価格と呼ばれる5,000円以下のイヤホンになります。
わたしはイヤホンは消耗品と思っているところがあるので、この価格帯以外はなかなか手が出ません。
そこで、この2つからどちらかを選ぶこととし、結局テノーレにしました。
以下、視聴したわたしの感想です。

重低音のバッソBASSO

f:id:gami_bookmark:20170330121602j:plain

バッソの特徴は重低音です。
確かに重低音は迫力があります。
HipHopハウスなどのクラブミュージックにはもってこいだと思います。
生音系だと中高音部がちょっと前に出てこないかんじで物足りないかもです。

中高音のテノーレ(TENORE)

f:id:gami_bookmark:20170330121612j:plain

こちらは中高音の伸びがいいですね。
わたしがよく聴くジャズなどではラッパの音が艶やかに聴けます。
バッソと比べるとたしかに重低音が弱いので迫力はないです。
バランスのとれた音ですね。
ジャズなどの生音系の音楽をよく聴くわたしはこちらを選びました。

カルボテノーレを買ってみて

で、カルボテノーレを買ってみてのレビューです。
家電量販店で視聴した後はネットです。

イヤホンのデザイン

パッケージがこれ。
f:id:gami_bookmark:20170330121738j:plain

必要最小限な感じです。
このパッケージにかかれているように、このイヤホンはカーボンファイバーとアルミの削りだしの筐体です。
見た目もそうですが、鳴りも期待できる素材ですよね。

そしてかなり小さいイヤホン。
f:id:gami_bookmark:20170330121829j:plain

以前使ってたイヤホンと比べると二回りくらい小さい印象です。
耳の中に入ってしまうかも、と思ってしまうレベル。
その為、とても軽く付けてて疲れることはないですね。

ケーブル

そして今回わたしがイヤホン選びでこだわったのがこのL字のジャック。
f:id:gami_bookmark:20170330122215j:plain

スマホAndroid)につけるとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170330122339j:plain

関連記事:

まだまだ現役のNexus5 - ガミログ

これで断線するリスクが少しでも減るといいなぁと思ってます。
これはこれから使ってみて結果がわかると思いますので、続報をお待ちください。

ケーブルは表面がスルスルしているタイプで絡みずらいです。
f:id:gami_bookmark:20170330122530j:plain

ちゃんとこういうパーツ(なんて言うんですかね?)ついてて、絡みづらく管理することができます。
実はこのパーツにはこだわりがあるようです。

f:id:gami_bookmark:20170330122659j:plain 写真でもうつっているイボのようなものですが、これがある方が左側ということ。
左右のイヤホンを認識しやすくできてます。
って、あんまりこの機能使いませんがww

ケーブルの品質もケーブル屋さんだけあって高く、高純度の無酸素銅を使用することで信号伝送ロスを抑えています。
これは高級なイヤホンと同等のモノです。

音質

そして気になる音質です。
視聴してたのでそんなに期待値と変わりませんが、悪くなく、特に中高音部の鳴りはいいです。
ただ、迫力、音圧には欠けますね。
ここは個人差があると思いますが、わたしはもう少し低音も前に出てきてほしい。
ジャズだとベースがもうすこし鳴ってほしい感じです。
とはいえ、総じていい音だと思います。

デメリットはタッチノイズ

視聴しただけでは気付かなかったことですが、タッチノイズがひどいです。
歩いているときは本当にひどい。
これまで使ったカナル型イヤホンの中で一番ひどいかもしれません。
電車や、飛行機での移動では気になることはないですが、歩いて移動することが多い人は避けた方がいいかもしれませんね。

迫力を求めない人にはオススメできます!

ということで、中高音部の音はかなりよく、ボーカルもキレイに聴こえるので優等生的なイヤホンとしてコストパフォーマンスはかなり高いと思います。
これで実売3,500円前後ですからね!

ただし、迫力、音圧にかけるので物足りない…
そんなに迫力を求めないのであればこのイヤホンはオススメできると思います。
ミュージックプレイヤーを変えると変わると思うのですが、そこはもう一つの沼になりそうなので避けておきます…

ということで、ZERO AUDIO カルボ テノーレ ZH-DX200-CTのレビューでした。
これから使い込んで、更なる発見がありましたらご報告します。

人気記事セレクション 旅で使える道具の1つ、無印良品のたためる仕分けケースでパッキング
コンビニやドラッグストアで買える入浴剤おすすめ3選
小学生くらいの子供のカメラに最適です、Nikon COOLPIX W100
仕事用の靴にドクターマーチンという選択