"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

吸水性や肌触りを求めるならハンカチより手ぬぐいがオススメです!

f:id:gami_bookmark:20170925142608j:plain

最近、手ぬぐいを持ち歩いて使っています。
これまではバンダナをハンカチがわりに持ち歩いていたのですが、どうも吸水性が悪くて…
手をふいた後にお尻のポケットに入れるとお尻が冷たくなっちゃったりとどうも納得いってなかったんですよ。
吸水性だけ考えるとタオル生地のハンカチもいいんですが、たたむと分厚いし、サラリーマンのお尻ポケットには収まりが悪いです。
そこで、なんかいいのないかなぁと探していたときに見つけたのが手ぬぐい
お店で触ってみたのですが、肌触りがよくて、とりあえず1枚買ってみました。
そこからずーっと手ぬぐい派です。

手ぬぐいとは

そもそも、手ぬぐいとはどういうものでしょうか?
Wiki Pediaによると

手拭(てぬぐい)は、汗や顔や手を洗った後の水を拭ったり、入浴時に体を洗ったりするための木綿の平織りの布である。その他、寒暑除けや塵除けなどの目的や、祭礼においての装身具として頭にかぶるものである。

とあります。

確かにお祭りのときに使っていますね。

手ぬぐい自体は木綿です。 ですので吸水性には優れています。
わたしが小さいころは祖母がよく使っていたのをおぼえています。
生地が薄いことも特徴の1つですよね。
反対側が透けて見えます。

オシャレな手ぬぐい

手ぬぐいといえば、昔ながらのデザインを頭に浮かべると思いますが、最近は手ぬぐいといえども、オシャレなものも多くあります。
代表的なのはかまわぬです。

株式会社かまわぬ

こちらは、代官山や原宿、みなとみらいなどというオシャレスポットに店舗を構えていて、江戸時代の古典柄から現代的なものまで素敵な手ぬぐいがたくさんあります。
実店舗は専門店が何箇所かありますし、他にも和風な雑貨屋さんなどで最近はてにはいります。
わたしは専門店の他にも、紙正というお店で買いました。
f:id:gami_bookmark:20170322215437j:plain

伝統柄

ここで少し手ぬぐいの伝統柄を見てみましょう。
いくつかご紹介です。

豆しぼり

f:id:gami_bookmark:20170322215343j:plain

手ぬぐいの代表的な柄です。
板前さんや、祭りの時にはなくてはならない柄。
白地に紺色の水玉が配されているこの柄はもっとも有名な柄ですね。
わたしは1枚目の手ぬぐいにこの柄を選びました。

かまわぬ

f:id:gami_bookmark:20170322220036j:plain

ブランドの名前にもなっていますが、かまわぬというのは伝統的な柄の名前でもあります。
鎌と輪の絵に「ぬ」の文字を合わせて「かまわぬ」と読む判じ絵
「構わぬ」という言葉にかけたものです。 江戸時代元禄の頃、 町奴(まちやっこ)達が好んで身につけていて、歌舞伎役者の七代目市川団十郎が舞台衣装に用いたことで大流行しました。
紺地に白抜きが多いですね。

矢絣(やがすり)

f:id:gami_bookmark:20170322220057j:plain

こちらも色々な色で展開されている伝統的な模様です。
和服の柄や千代紙の柄として使用されることが多いです。
日本では非常に古くから使われている模様です。
もともと、江戸時代に、結婚の際に矢絣の着物を持たせると出戻ってこないと言われ、縁起物となりました。
射た矢が戻ってこないことに由来してます。
こちらの模様は渋くて男性でも持ちやすいと思います。

ハンカチとして

手ぬぐいはとにかく吸水性がいいです。
タオルばりに水を吸ってくれます。
ですのでハンカチとして利用するのはかなりアリです。

しかも、乾くのもはやいです。 手ぬぐいの端は縫われておらず、切りっぱなしです。
そのため端っこもよく乾くのです。

広げるとタオルくらい広く、水も吸ってくれるのに、折りたたむとハンカチより少し分厚いくらい。
優秀なハンカチだと思います。
今後、もっと手ぬぐいを集めて、活用してみたいと思います。

関連記事:手ぬぐい買うなら「かまわぬ」の手ぬぐい。デザインも手触りも最高です! - GAMILOG