GAMILOG
出張族が見つけたいろんなモノやコト

自転車通勤に最適、キャノンデールのクロスバイク、Badboy(バッドボーイ)で通勤してます!

今年で自転車通勤5年目に突入しました。
f:id:gami_bookmark:20170320092514j:plain

以前はバイクに乗っていたのですが、オフィスの移転に伴い、自家用車での通勤禁止が出てから自転車をメインに通勤しています。
朝から満員電車に乗るのはいやなので、できるだけ自転車で通勤できるようにしてます。
そんなわたしの自転車通勤のお供はキャノンデール(Cannondale)のバッドボーイ(Badboy)というモデル。
名前だけきくと微妙な感も否めないですが、これが本当にいい自転車。
今回はそんなわたしの愛車をご紹介です。

キャノンデールとは

キャノンデールはアメリカの自転車メーカーです。
f:id:gami_bookmark:20170317103038j:plain

キャノンデール・ジャパン

日本で売られているメジャーな自転車メーカーの1つでしょう。
自転車を買おうと思った時には必ず候補にあがるメーカーだと思います。
その他の入門バイクとして有名なところといえば、

などでしょうか。
わたしの主観ですが、このどれと比べても、キャノンデールがかっこいい。
もう、それだけで選びました。

もともとキャノンデールは、「HAND MADE IN USA」にこだわっていたメーカーです。
わたしが買ったモデルの前年まではUSAで生産されていました。
その生産拠点が台湾に変わり、価格も少し落ち、現在は販売されています。

キャノンデールロードレーサーから、クロスバイクシクロクロス、マウンテンバイクまで幅広く作っています。
どれも本当にかっこいいですが、わたしが選んだのはクロスバイクです。
なんでクロスバイクかは別の記事でご紹介したいと思います。

クロスバイクのBadboy

Badboyというクロスバイクの特徴は真っ黒だということ。
ハンドル、フレームはもちろん、チェーン、ギアまで全て真っ黒です。
そこにひかれました。
納車時の写真がこちらです。
f:id:gami_bookmark:20170317101632j:plain

まだかなりキレイ。
やっぱりかっこいいなぁ。
f:id:gami_bookmark:20170317101737j:plain

このシックなつや消しの黒がいいです。
なんでスポーツ用の自転車ってカラフルなのが多いんでしょうか?
競技用ならまだしも、普段使いはシックな方がうれしい。
自転車通勤ではビジネスカジュアルな服装で乗ることも多いのでシックな方がいいです。

フレームはアルミです。 クロモリよりも断然軽くて、走りも軽くなります。
持ち運びも軽くて便利ですよ。

タイヤの太さは28Cがちょうどいい

この自転車にはシュワルベの28Cのタイヤがついています。
この5年の間に23Cと32Cに変えてみましたが、28Cがちょうどいいです。
f:id:gami_bookmark:20170317101657j:plain

23Cだと歩道の段差や、側溝の溝でタイヤをとられそうになることがありました。
純然なるロードであればそんな道は通らないでしょうが、自転車通勤なんでそういう道も通ります。
ですので32Cにあげたのですが、重い…
せっかくシクロクロスなので、軽いほうがいい。
軽快に走るためにも28Cがちょうどいい太さでした。

ですので、それからずっと28Cです。
現在わたしが使っているタイヤはこちらです。

マラソンタイヤというだけあってもちはなかなかいいです。

いろんなところに行きました!

この自転車と一緒に単身赴任にも行きました。
さみしい終末のお金のかからないいい趣味です。
みなとみらい地区にはよく走りにいきましたよ。
f:id:gami_bookmark:20170317102139j:plain

鹿児島に戻ってからはなるべく自転車で通勤するように。
通勤の途中では桜島も見えます。
f:id:gami_bookmark:20170317102350j:plain

とにかく、もう道具になっているこの自転車。
特に不満な点もないので、フレームが壊れるまで乗り続けようと思っています。

自転車関連の記事はこち 自転車通勤に最適、キャノンデールのクロスバイク、Badboy(バッドボーイ)で通勤してます!
新生活、自転車通勤をはじめてみませんか?
自転車通勤初心者にはクロスバイクをオススメします!
自転車通勤をするために最低限揃える必要があるモノのオススメ
自転車通勤をするために最低限揃える必要があるモノのオススメ(その2)