ガミログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜で住むならここ!期間限定なら横浜の中心、日本大通りでアーバンライフを!

コラム

新生活の季節。
これから住む場所を決める方に横浜でおすすめの場所をご紹介です。
以前は田舎ものが落ち着いて暮らせる場所として大口をご紹介しました。

新生活を横浜で始める方へ、田舎者がおすすめする住みやすい街、大口(おおぐち)の魅力 - ガミログ

今回は横浜の中心地であるみなとみらい地区に隣接する日本大通りです。
ここは田舎ものが落ち着いて暮らすというよりは横浜らしい暮らしができる場所。
そんな場所としての日本大通りをご紹介です。
f:id:gami_bookmark:20170320114727j:plain

みなとみらいに隣接した立地

日本大通りは横浜の観光スポットに隣接しています。
地図でいうとここになります。

中華街、みなとみらい、赤レンガ倉庫横浜スタジアムなどなど、横浜の有名な観光スポットに徒歩圏です。
横浜を楽しみつくせますね。

路線は東横線直通のみなとみらい線日本大通り駅と、すこし歩けばJR関内駅も使えます。
渋谷、新宿方面には東横線で30分程度、品川方面にも京浜東北線で30分程度と、都内に出るのも1本で出れるのは便利です。
もちろん横浜駅には10分程度。
便利な場所ですね。

横浜らしい風景

なんといっても大さん橋赤レンガ倉庫あたりは朝、夕のウォーキングや、ランニングに最適な場所。
私も出張中にたまに歩きますが、かなり気持ちのいい場所です。
赤レンガ倉庫から見た朝焼けはこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170304151130j:plain

街並みも古き良き横浜の感じが残っています。
f:id:gami_bookmark:20170304151155j:plain

秋には銀杏並木が色づきます。
日本大通りの銀杏並木は有名ですね。
横浜市のHPでも配信されています。

中区役所 日本大通りイチョウ通信2016年

私は今シーズンは少し遅くて、散っていました…
f:id:gami_bookmark:20170304152305j:plain

すこし足を延ばしてみなとみらいまで歩いていくと夜景が見えます。
ランドマークタワーに上るとこんな夜景を見ることができますよ。

とにかく、海が近く、海を感じながら住むことができると思います。
これぞ横浜という生活を送ることができます。

食事と買い物

お隣は横浜中華街です。
歩いて10分くらいでつきます。
f:id:gami_bookmark:20170304151251j:plain ここはおいしいものだらけ。
おすすめはこちらです。  

さらに反対側のお隣は関内です。
関内には星の数ほどの飲食店があります。
わたしも出張の際にはかなりお世話になっています。

買い物はみなとみらいですませましょう。
日本大通りの近くにはあまりありません。
ここだけがデメリットですね。

期間限定ならアリ!

日本大通りはオフィス街です。
ですので、住宅地というわけではないので落ち着いて暮らすという場所ではないです。
でも、横浜を感じるにはもってこいの場所。
オフィス街ですので治安も隣の繁華街よりはよいですね。

永住というわけではなく、単身赴任や、専門学校、大学への進学で住むのであればおすすめです。
期間限定でヨコハマアーバンライフを満喫してみてはいかがでしょうか?

新生活関連の記事はこちら 新生活を迎える方に!出張族、転勤族の私がレオパレスをオススメする理由
家賃を下げたい!アクセス抜群な町田は住む場所にもおすすめです!
田舎モノにオススメ、住む場所としての大森
新生活を横浜で始める方へ、田舎者がおすすめする住みやすい街、大口(おおぐち)の魅力
平日の通勤は楽に、休日はのんびりすごしたい社会人にオススメ!都会なのに静かな街、田町で新生活を。