ガミログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガミログ

道後温泉本館を、三階個室で満喫してきました。

ついに行ってきました道後温泉本館
事前に下調べして、万全の状態で温泉に入ってきました。
下調べした情報はこちら。

松山に来たら道後温泉本館へ!オススメの時間、入り方などをご紹介。 - ガミログ

こちらの情報から、三階席の入浴コースで道後温泉本館を堪能することに。
今回はそんな道後温泉本館についてご紹介です。
f:id:gami_bookmark:20170223171408j:plain

路面電車に揺られて

その日の宿は松山一の繁華街である大街道です。
大街道から路面電車に乗って10分程度。
道後温泉の最寄り駅になる道後温泉駅に到着です。
なお、こんなレトロな電車に乗っていきました。
f:id:gami_bookmark:20170223161815j:plain

床は木です。
f:id:gami_bookmark:20170223161849j:plain

もうテンション上がりますね。

雰囲気ありすぎる建物

道後温泉駅から商店街を通って歩くこと10分弱。
商店街を抜けたところに道後温泉本館があります。
f:id:gami_bookmark:20170223161927j:plain

絵になりすぎる佇まい。
まさにジブリの「千と千尋の神隠し」の油屋のような雰囲気のある建物です。
写真、撮りまくってしまいますよね。

三階席の入浴コース

事前に調べてたので、入浴コースは三階席の一択。
すぐにチケットを買います。
待ち時間は20分とのことで、比較的ラッキーでしたね。
三階席は時間制限があり、1時間20分までしか使えません。
といっても1時間20分もあれば十分。
大体早く終わるらしいので周りで待っててくださいね、と言われました。
その言葉とおり、10分せずに名前を呼ばれました。
チケットを買うといよいよ入場です。
靴箱に靴を入れて入りましょう。
f:id:gami_bookmark:20170223162011j:plain

3階までのプロセス

はじめてなので、どうすればいいか悩みますよね。
でも、心配することはないです。
受付の人から、お部屋の案内まで、かなりスムーズに丁寧に案内してもらえます。
まずは受付で説明をうけて、奥の階段を登ります。
階段までの道でもなんかいい雰囲気。
f:id:gami_bookmark:20170223162110j:plain

意外と急な階段です。
f:id:gami_bookmark:20170223162142j:plain

そして2階につくとそこにもスタッフの方がいて、丁寧に案内してもらえます。
さらに急な階段を登って3階へ行きます。
この階段はちょっとコワイ…
f:id:gami_bookmark:20170223162230j:plain

そして3階に行くと、世話してくれる方がいらっしゃって部屋に案内してもらえます。
まずはここまでです。

素敵な個室

案内された部屋はもう素敵の一言。
老舗温泉旅館のような雰囲気が漂ってます。
f:id:gami_bookmark:20170223162311j:plain

そこに1人、すこし寂しいです。
まどから外をみるとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170223162401j:plain

湯船のある部屋の天窓が見えます。
ベランダ(?)も風情があっていいですね。
これだけで三階席にした価値があります。

なお、この部屋には鍵付きの押入れがあり、そこに貴重品とかを入れて鍵をします。
下着に、浴衣を来て室内にあるボタンをおすと世話してくれるスタッフの方が来てくれて、お風呂まで案内です。
とにかく、至れり尽くせりでなんの問題もありません。

2種類の温泉を満喫

まずは2階にある霊の湯に入ります。
こちらは比較的空いていますね。
なのでお湯もわたしが行ったときはキレイでした。
浴槽が深いのが特徴です。
大人でもそこに座ると口は出ません。

歴史を感じさせる造りで気持ちよく入ることができます。

次に1階の神の湯にも入りましょう。
2階から階段を降りて行きます。
こちらはいつも賑わってますね。
お客さんでいっぱいです。
わたしは比較的空いた時間に行きましたが、湯船は人でいっぱいでした。

ですので、ゆっくり入るなら2階の霊の湯がいいと思います。

お風呂上がりにお菓子とお茶

そしてお風呂を終えて部屋に戻るとお菓子とお茶です。
三階席は坊ちゃん団子をいただけます。
f:id:gami_bookmark:20170223165029j:plain

松山銘菓ですね。
坊ちゃん団子を食べながらお茶を飲んで、窓からの景色を楽しむ。
なんとも贅沢な時間です。
少し高いですが、観光で行くなら、間違いなくこの入浴コースがオススメですね。

地ビール飲んでから街へ

洋服を着替えたら建物の写真を撮りまくりましょう。
お風呂前だと時間もったいないんで、日が落ちていい雰囲気になるお風呂の後に写真を撮ることをオススメします。

風呂上がりにはビール飲みたくなりますね。
そんな時には是非、道後のクラフトビールである道後ビールを飲んでみてください。
このビールかなりおいしいです。

愛媛、松山のクラフトビール「道後ビール」は種類豊富で飲みやすく、万人にオススメです。 - ガミログ

クラフトビールにしては飲みやすいと思いますのでどなたでも合うかと思います。
地ビールでいっぷくしてから、街へ繰り出しましょう!

松山関係

松山関係の記事はこちら 松山に来たら道後温泉本館へ!オススメの時間、入り方などをご紹介。
松山で観光するならホテルは大街道周辺が便利です
松山、大街道に泊まるなら屋上大浴場がついているカンデオホテルズ松山がオススメです。
子供が絶対に喜ぶアンパンマン列車に乗りに四国へ行きましょう!