旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

横浜の異国情緒ただようクラフトビールが飲める馬車道タップルーム(関内、馬車道)

去年、ホッピーの味を知って、どっぷりハマってしまいました。
出張のたびにホッピー×焼きとんを追いかけていろんなお店にいきました。
そんな私が、今年の年末年始の旅行で、出会ったのがクラフトビール
出会いは門司港レトロで飲んでビールです。
濃ゆい味がなんとも言えなかったんです。
ということで、今年はクラフトビールにハマってみようと考えています。
そんな中、私のホームグラウンドである関内にクラフトビールの専門店があるというので行ってきました。
馬車道タップルームです。
このお店、まるで、外国のような雰囲気でクラフトビールが飲めるお店でした。
f:id:gami_bookmark:20170214104658j:plain

静かな場所

場所は関内駅か徒歩5分くらいの場所にあります。
もちろん馬車道駅からも同じくらい近いです。
この付近は飲食店が多いのですが、街が静かなんですよね。
大人の街だと思います。
そんな場所にこんな出で立ちのお店が現れます。
f:id:gami_bookmark:20170214104245j:plain

3階まですべて今回ご紹介するお店です。

沼津のクラフトビール

ここのお店の本店は沼津にあります。
ベアードビールというクラフトビールを作っているブルワリーです。
コースターがベアードビールのものでした。
f:id:gami_bookmark:20170214104351j:plain

お店を入ると1Fは曲がったカウンターがあります。
1人でも気軽に飲めるお店です。
この日もカウンターで飲んでる先客が4名ほど。
1人はノートパソコン広げて作業していました。

そして、カウンターの先にはこんな数のタップが。
f:id:gami_bookmark:20170214104507j:plain

かなり多いですね。
ここまで多いのは初めて見たかもです。 ここから、外国人のスタッフの方が美味しく注いでくれます。

異国情緒があふれすぎる

とにかく外国人率が高いですね。
私が座ったカウンターも半分以上が外国人でした。
テーブル席にも外国人。
2階でパーティーしているのも外国人。
外国人が苦手な方は少し居づらいかもしれません。
ただ、横浜の街にこの異国情緒が合います。

とりあえず馬車道エール

ということで、ビールです。
この日は初めて訪れましたので、定番を。
馬車道にあるお店ですので、馬車道エールを頼んでみました。
この馬車道店のオリジナルになります。
こんなビール。
f:id:gami_bookmark:20170214104608j:plain

この日は0次会だったので、少なめに。
ハーフパイントでいただきました。

黒い色のビールです。
スモークブラウンエール。
その名の通り、かなりスモークの風味を感じます。
味も濃くて、これぞクラフトビール
まずはこれで間違いないでしょう。

前回飲んだクラフトビールとは全く趣が違うのでびっくりです。
クラフトビールって奥が深いですよねぇ。

たくさんのビールとおつまみもおいしいお店

とにかくビールの種類が多いので、通わないと満喫できないお店ですね。
3種類のビールのお試しセットもあるみたいなので次回はチャレンジします。
ネットでも飲み比べ売ってます。

この日は次の予定があったのでおつまみも頼まず、サク飲みになりましたが、この店おつまみも美味しいとのことです。
特にBBQが名物。
次回は是非、BBQも。
続報に期待してください。

チャージ代も取られませんので、さくっと飲んで帰るのに使えるお店です。
次回はお腹空かせて早めの時間に行ってみます。

関連記事:

今年はクラフトビールにハマってみようと思います。 - ガミログ

九州の玄関口、門司港でコンパクトに観光するならここがおすすめ - ガミログ