ガミログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ガミログ

[小学生向け]自宅で息子にパソコンを教えてみた。(その3:キーボードとマウス)

これまで、1回目、2回目を通して、とりあえずパソコンを触ってみるとこまでやってみました。
どうでしょうか?少しは子供1人で触れるようになったでしょうか?
我が家では、
「パソコン使っていい?」
と聞くようになり、親がいなくてもペイントでお絵かきしているところまでは1人でできるようになりました。
そこで、今回は、もう少しパソコンを使えるようになるために、キーボードとマウスについて教えてみます。
キーボードとマウスはパソコンを使う上でははずせないですよね。
ここが使えるようになるともっとパソコンを使えるようになりますんで、しっかり教えてあげましょう。

これまでのお勉強:

マウスでの入力

これまでは
「マウスの左ボタンを押してね。」
って言ってたのですが今後は
「左クリックしてね。」
で通じるようにしましょう。

あわせてダブルクリック、右クリックも教えてあげた方がいいですね。
そうすると、これから先、いろいろな操作を教える時に便利です。
わざわざ「マウスの左ボタンを2回、カチカチって押して」って言ってると大変です…

ここはサラッと終わるかなぁと思ってたのですがダブルクリックでつまづきました。
うまくダブルクリックできないんですよね。
スピードが遅くて、左クリック2回押した感じになっちゃってます。
ここは練習してできるようになりましょう。

どうしてもダメな場合には、パソコンの設定を変えてあげてもいいですね。
コントロールパネル→ハードウェアとサウンド→デバイスとプリンター→マウスからダブルクリックの速度を変更してください。
f:id:gami_bookmark:20170131101852j:plain

テストして大丈夫な速さかどうかを確認しましょう。

マウスは小さめがいいでしょうね。
子供の手に合わせて大人のモバイル用くらいが使いやすいと思います。
我が家ではこちらのマウスを使っていますよ。
すごく安いですし、子供の手にはちょうどいい大きさです。

キーボードでの入力

キーボードに関しては、まずは何かということを説明してあげないとダメですね。
私は、
「パソコンで字を書いたり、パソコンに命令したりする時に使う道具」 という説明をしました。

字を書く、というのは理解できるようですが、命令するというのは難しそうでした。
ここはもう少しいい表現がないか考えてみます。

そしてメモ帳アプリを使っていろいろ練習しました。
ここで教えてあげないといけないことは、日本語、英語の入力の切り替え方法と変換ですね。
日本語英語の切り替えはキーボードの左上の「半角/全角」ボタンで切り替えることを教えてあげました。
f:id:gami_bookmark:20170131101914j:plain

その後、実際に英語でabc、日本語であいうと入力させましたが、簡単にできるものです。

あとは漢字の変換ですね。
できればパソコンを使うなら漢字に変換できた方がいいです。
知らない漢字に触れるいい機会だと思います。

ここで練習問題として、自分の名前をメモ帳に入力させてみましたよ。
10分くらいかかりましたが、楽しそうでした。

いろんな場面で使う入力

パソコンを使っている限り、マウスや、キーボードを使って入力する機会は多いです。
例えばインターネットを使うにしても検索キーワードを入力するためにキーボードを使います。
リンクをクリックする際にマウスを使います。
ここがしっかりできているとこの後、楽ですね。

ということで今回はここまでです。
マウスとキーボードは慣れですので、今できなくてもいずれできるようになるでしょう。
基本を教えてあげるところまでできれば十分だと思います。