旅、音、食、モノをキーワードに出張族がお届けするナンデモ発信メディア

九州の玄関口、門司港でコンパクトに観光するならここがおすすめ

門司港は九州の玄関口です。
下関から関門海峡を挟んで九州の玄関口にあたります。
そんな門司港に遊べる場所、おいしいもの、がたくさんあります。
そんな門司港で私がおすすめの観光スポットをご紹介します。

なお、門司港での観光の拠点にはこちらのホテルがおすすめです。

レトロな雰囲気のJR門司港駅

まずは、朝一のJR門司港駅がおすすめです。
ここの駅は本当に雰囲気のいい場所です。
昔ながらの駅が今に残されており、フォトジェニックな表情を見せてくれます。
f:id:gami_bookmark:20170104133019j:plain

朝だとまだ観光スポットはまだ開いていないところも多いなか、ここはもちろん早朝から開いていますね。
入場券160円で入場できますのでぜひ、入場してみてください。

JRの終点の駅の1つですので、このように奥行きがあります。
f:id:gami_bookmark:20170104132839j:plain

この有名な表示板はぜひ、写真に抑えておきましょう!
f:id:gami_bookmark:20170104132927j:plain

まずは、レトロなJR門司駅を堪能してください。

門司港レトロ展望室

そんなこんなで時間をつぶしておくと、展望室がオープンします。
展望室といいながら、門司港にある唯一の高層マンションの屋上にあります。

門司港レトロ全体を上から見ることができます。
上で紹介したプレミアムホテル門司港も一望できます。
高さは103メートルなのですが、周りの建物が低いのでかなり遠くまで見渡すことができますね。
f:id:gami_bookmark:20170104133223j:plain

関門海峡から本州を望むこともできますよ。
f:id:gami_bookmark:20170104133308j:plain

大人300円、子供150円で楽しめますので、ぜひ上ってみてください。

門司港レトロ展望室

名物焼きカレー

門司港の名物といえば、焼きカレーです。
カレーの上にチーズと卵を乗せてオーブンで焼いたものです。
お店はたくさんあるのですが、今回は子連れでも利用しやすいお店の王様のたまごをご紹介です。
f:id:gami_bookmark:20170104133949j:plain

ここは子供用のメニューも多くあります。

まずは大人用の焼きカレー
f:id:gami_bookmark:20170104133607j:plain

とろとろのチーズと卵がたまりません。
ハンバーグも乗せてみました。
カレー自体、そんなに辛くないので、小学生の高学年くらいだと食べれると思います。

我が家はまだまだおこちゃまばかりなので、キッズメニューを頼みました。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20170104133730j:plain

実はこの店、テラスもあります。
あたたかい時期にテラスでビール飲みながらとか最高ですね。

門司港レトロにも近いので、散歩しながらこのお店でご飯とか、いかがでしょうか?

おいしい地ビール

ごはんを食べた後に夜景を楽しみながらぶらぶらしてるとこんな看板が。
f:id:gami_bookmark:20170104134041j:plain

門司港は地ビールも有名で、いくつか種類があります。
私たちは食事もすませていたので、ホテルで飲むために買って帰りました。
選んだのはこの2本。
f:id:gami_bookmark:20170104134126j:plain

どちらもおいしかったですが、門司港駅ビールがコクがあり、ビールらしくうまかったです。
リピート決定です。

次回は、夕食時に楽しみたいと思います。
ちなみにAmazonでも買えますよー!