"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

[出張メシ]横浜のソウルフード、泉平のいなり

みなさんの地元にはソウルフードといわれるものがありますでしょうか?
昔からあるあのお店のあの料理みたいなものです。
最近横浜の知り合いから教えてもらった横浜のソウルフードがあります。
それが今回ご紹介する泉平のいなりです。

株式会社 泉平 (1839年創業のいなり寿司)

泉平とは?

泉平。いずへいと読みます。
泉平は横浜に1839年、天保10年から営業しているお店になります。
とんでもなく古いお店です。
お店のHPによると、

江戸の札差し(大名相手に米の売買商)泉屋平佐衛門は、機を見て横浜に移り掘割川の土手で葦ず張りの屋台に人夫商人相手の江戸前寿司で大いに評判をとり、又二代目は高野山参詣の祈伝授されたいなり寿しを商い繁昌したと伝えられています。
とあります。

もう、歴史の教科書に出てくるレベルですねww

現在の本店は馬車道にあります。
最寄り駅は地下鉄関内駅ですね。
f:id:gami_bookmark:20161208221710j:plain

いなり寿司

もちろん、ここのお店の代表メニューはいなり寿司です。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20161208221752j:plain

このいなり寿司、今まで食べたことがない味でした。
ものすごく甘いのですが、香ばしくて、甘ったるくはないんです。
これだと量食べれます。
お米よりも油揚げの方が主張してきます。

この形も独特ですよね。
1本の細いいなりを半分に切っているようです。
大きくないので、子供でも食べやすい形です。

いろいろな種類のお弁当

いなり寿司単品だけでなく、お弁当としていろいろなバリエーションのメニューがあります。

  • いなり寿司
  • かんぴょう巻
  • 太巻き

があり、それをミックスした”まぜ”というメニューもあります。
この”まぜ”が一番オトクかもしれません。

(私が行った日は”まぜ”が売り切れでした…残念…)

ランチにお弁当を

最近、出張中のランチに時間を取れない時があります。
行列に並んで食べる時間が取れないのです。
そこで、最近お弁当を買って外で食べることも選択肢の1つとして考えてます。
仕事でよく行く場所として蒲田では以下のお弁当を見つけました。

gamilog.hatenablog.com

横浜もよく訪れる場所ですので、ここのいなり寿司をランチに食べさせてもらってます。
少し歩けば横浜スタジアムがありますし、もう少し歩けばみなとみらいもありますので、外で食べるにはもってこい。 是非、天気のよい日にここのいなり寿司を持って外でランチしてみてください。