"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

HILLTOP(ヒルトップ)のマフラーが普段使いにちょうどいい

寒くなってくると欲しくなるのがマフラー。
首元を温めると体全体が温まるので、保温効果の高いアイテムですね。
そんなマフラーですが、最近決定版を手に入れました。
クリスマスにプレゼントしてもらったHILLTOP(ヒルトップ)のマフラーです。

HILLTOP(ヒルトップ)とは

HILLTOP(ヒルトップ)は1817年創業の老舗ニットメーカーです。
スコットランドのメーカーで創業当初は馬具類用のニット製品などを作っていました。
現在はマフラーをはじめとする職人によって作り出されるクオリティーの高いウールアイテムなどを多数生み出してます。

タグはこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170109092351j:plain

MADE IN SCOTLANDの表記が誇らしいです。

素材

マフラーの素材といえばアクリル、ウール、カシミアなどなど多岐にわたります。
その中で私が最終的に検討した素材は、カシミアと、ウールです。
長く使えるいいものを探していたのでアクリルは外しました。
これまで何本もアクリルの安価なマフラーを買っては手放しを繰り返してます…
ここらでいいものをと思ってました。

カシミアだと軽くて暖かくて、申し分ないですよね。
憧れの素材です。
ただ、耐久性に問題があるとのことを聞きました。
出張族としては、耐久性求めてしまします。

そうなるとウールなのですが、ウールってチクチクしますよね。
あれ苦手なんです。
首回り我慢できないんですよねぇ...

で、今回最終的に手に入れたマフラーですが、ラムウール75%、アンゴラ25%という素材です。
アンゴラを混ぜることで肌ざわりがよくなり、チクチクすることがありません。
アンゴラだけだと弱いので、いろいろな繊維と混ぜて使うようです。
肌ざわりと耐久性を両立できるようになります。

手に入れたマフラー

手に入れたマフラーはこんな感じのマフラーです。
f:id:gami_bookmark:20170109092500j:plain

ジャーナルスタンダードのマフラーです。
パッケージ、しゃれてます。
f:id:gami_bookmark:20170109092546j:plain

ジャーナルスタンダードは毎年この素材でヒルトップのマフラーを販売しており、結構人気のラインのようです。
柄も落ち着いたものが多く、公私ともに使えるマフラーが多いです。
f:id:gami_bookmark:20170109092803j:plain

私は仕事で紺のジャケットや、ワイシャツに、オフではグレーのスウェットなどと合わせることが多いのでこの色、柄がハマりました。

気にしていた肌ざわりはチクチクすることは全くなく快適そのものです。
むしろ気持ちいい。
かさばらないですがあったかいので、仕事でも使いまくってます。

ちなみにものすごく寒い日にはインナーダウンと一緒に使っています。
インナーダウンとの組み合わせだと怖いものなしです。

gamilog.hatenablog.com

高いコストパフォーマンス

暖かいし、軽いし、丈夫だし、肌ざわりいいし。
いいことだらけでかなりお気に入りです。
値段もカシミアに比べると半額~7割くらいでしょうか。
コストパフォーマンスも高く、かなりおすすめできるアイテムだと思います。
この冬のアイテムとして手に入れてみてはどうでしょうか?