"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

今年はクラフトビールにハマってみようと思います。

ここ何年か、ホッピーにドハマリしていたガミです。
もともと、九州にはホッピーの文化がなくて、出張中に出会ったのがホッピー。
はじめて飲んだ時から大好きなお酒になりました。
そんなホッピー好きな私ですが、この年末年始にクラフトビールなるものに出会いました。
美味しいですよね。
そこで今年はクラフトビールにハマってみようと思っています。

クラフトビールとは

そもそも、クラフトビールとはどういうビールでしょうか?
こちらのクラフトビールのサイトでは

小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールです。 ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼びます。

と紹介されています。
以前は地ビールと言われていたものですね。
これを近年クラフトビールとし、各地で小さいビール工房(マイクロブルワリーというらしい)で作られており、盛り上がっています。

クラフトビールとの出会い

この年末年始で2つのクラフトビールと出会いました。

よなよなエール

コンビニにありますよね。
この独特な名前、見た目のビール。
明らかに異彩を放っています。
このビールもクラフトビールの一種ですね。
このビールは長野の地ビールメーカー、「ヤッホーブルーイング」のクラフトビールです。
ここは面白いビールをたくさん作っています。
年末年始の旅行中にコンビニで買って飲んだのですが、コレがうまい!
味が濃くて、味わって飲むタイプのビールです。

ちなみにツイッターで呟いていたらリプライいただけました。

しっかりチェックされているんですね。
大手に負けないように、こういうところで努力されているのが好感持てます。
ここのビールは箱で買ってストックしておこうと思います。

門司港の地ビール

年末年始の旅行で訪れた門司港で地ビールをいただきました。
門司港にはいろいろ地ビールがあって、力を入れているみたいです。
私が飲んだのはこの2種類です。

f:id:gami_bookmark:20170104134126j:plain

特に駅ビールの方がうまかったですねぇ。
これを飲んで、クラフトビールにハマってみようと思いました。

都内に多そうなクラフトビール

今年も出張ライフは続きそうです。
そこで、今年はホッピー×焼きとんを追いかけつつも、クラフトビールも追いかけたいと思います。
すでに幾つか行って見たいお店は見つけてます。
今後の活動にご期待ください!