"くらし" と "1人旅" をちょっと豊かにするブログ

銀座にある「珈琲だけの店」、カフェ・ド・ランブルでネルドリップの珈琲(コーヒー)をいただく

コーヒーではなく、珈琲を飲みたいときってないですか?
おしゃれなカフェではなく、昔から続いているであろう、喫茶店にていただく1杯。
わたしは、たまにそういうお店に行きたくなります。
そこで、今回訪れたのは、銀座の名店ランブルです。

珈琲だけの店

このお店はメニューに珈琲しかありません。
ただし、メニューの数がものすごく多いです。
ちなみに看板にも「珈琲だけの店」とあります。
f:id:gami_bookmark:20161220212132j:plain

お店に入るとカウンターとテーブルを選ばせていただきました。
できればマスターの珈琲を淹れるところが見たくて、カウンターにしました。
ものすごい雰囲気のあるカウンターです。
f:id:gami_bookmark:20161220213017j:plain

はじめて行ったので、右も左もわからなかったので、とりあえずお店の方に
「このお店で一番ベーシックなものをください。」
とお願いしました。

わたしは、とにかく迷ったらお店の人に聞くことにしてます。
そこでおすすめされたのが、一番ベーシックだという№2 カフェ・クレーム 普通カップです。

ネルドリップで。

珈琲はネルドリップで淹れていただけます。
注文が入ってから、豆を挽いていました。
そのミルがこの写真のオレンジの機械です。
f:id:gami_bookmark:20161220213640j:plain

こんな機械はじめてみました。
ちなみに手前の冷蔵庫も現役です。
冷凍室には大きな氷が入っており、アイス系の飲み物に使うようです。
奥の洗濯機はネルを洗うものです。

珈琲は一杯一杯、丁寧に淹れられていました。
ケトルで沸かして、ちょうどよい温度に下げたお湯を使います。
ものすごく真剣に、戦いのように淹れていただけました。
迫力ありすぎて写真はさすがに撮れませんでした…

酸味のある深い珈琲

そうして淹れていただいた珈琲がこちらです。
f:id:gami_bookmark:20161220213834j:plain

一般的な喫茶店のコップより一回りくらい小さいです。
初めに酸味が強くくる感じが現代のカフェではなかなか味わえない美味しさですね。
その後、酸味だけでなく、深い旨味を感じます。
いやぁ、ため息出ますね。
これが珈琲だけで勝負し、長年続いているお店の実力なんでしょうね。
お値段は銀座価格ですが、その価値は十分あると思います。
ネルドリップの珈琲を頂きに、またお邪魔します。