1人旅と大好きなモノで人生をちょっとだけ豊かにするメディア

香川県西部で讃岐(さぬき)うどん食べるなら西讃の名店、上戸うどん(西端手打)へ!

四国に帰省しております。
四国の名物はいくつかありますが、全国的に有名なのはやはり香川のさぬきうどんですよね。
私も大好きで小さい頃からうどん屋に行くのが楽しみでした。
ただ、さぬきうどんのお店って星の数ほどありどこに行っていいかわからないですよね…
そんな中、今回は香川の西の地区、西讃と言われるエリアの名店をご紹介します。
ご紹介するお店は、観音寺の上戸うどん(西端手打)です。

香川県の端っこ

上戸うどんがある観音寺は香川県の西の端っこになります。
もうちょっと行くと愛媛県
そういうロケーションもあってか、観光客がそんなに多くはありません。
地元の人と、トラックの運転手さんが多いですね。

ただ、ここのお店はわざわざ食べにくる価値があると私は思っています。
西讃地区屈指のお店です。

国道11号線沿いなのでわかりやすいと思います。
こんな看板を目印に向かいましょう!
f:id:gami_bookmark:20161223101230j:plain

素敵なロケーション

うどんの前に、ここのお店のロケーションについてご紹介です。
目の前、瀬戸内海です。
この日は晴れてたので、最高の景色でした。
お店の中からも窓越しにこんな素敵な光景を見ることができます。

f:id:gami_bookmark:20161223101626j:plain

気持ちいいですねぇ。

そして、お店の横はローカル線の駅、箕浦駅です。
f:id:gami_bookmark:20161223101710j:plain

なので、電車で来ると徒歩0秒なのですが、電車の本数が少なすぎるので、やはり車がいいでしょう。
この駅もなんともかわいらしい駅で、風情がありますよ。
f:id:gami_bookmark:20161223101755j:plain

いよいよおうどん

お店の中は真ん中に大きいテーブルが1つと窓側に席があります。
テーブル席ではなく、みんなで相席するタイプのテーブルです。

あまり大きくはないので、混む時間には行列ですね。
でも、讃岐うどんって以外と早く回転するので、待ってみるのも手です。
ちなみに店内はこんな感じで、昔からあるザ・うどん屋さんです。
f:id:gami_bookmark:20161223103331j:plain

いよいよ待ちに待ったおうどんです。
かけうどんの中2玉で300円を頼みました。
とにかくさぬきうどんって安くていいですよねぇ。

ちなみにうどんメニューは、

  • かけうどん小1玉 220円
  • かけうどん中2玉 300円
  • かけうどん大3玉 380円
  • 冷やしぶっかけうどん小1玉 250円
  • 冷やしぶっかけうどん中2玉 330円
  • 冷やしぶっかけうどん大3玉 410円

という感じで、これに天ぷら100円、おむすび60円などがあります。
私は天ぷらを付けていただきました。
f:id:gami_bookmark:20161223101536j:plain

お店の看板にも「ひうちのいりこは日本一」とありますが、いりこのだしがうまいです!
私はこういうだしで育ったので、DNAレベルでこの味を受け入れますねww
今回はいわゆるあつあつで食べました。
私はなんだかんだで汁がさめないあつあつが好きなんですよね。
あつあつでも十分コシがありますんでご心配なく。
小麦の味も強く本当に美味しい麺です。

あぁ、記事書いている時点でまた食べたくなりました。

四国観光の途中に

四国を観光される時には、1つの県で終わらせるのもったいないですよね。
かといって、交通の便もそんなに良くないです。
ですので、レンタカーを借りることを私はおすすめしています。
そんな時に国道沿いにあるこの名店に是非、寄ってみてください。
香川から愛媛への移動の途中にあるお店です。
高松あたりでさぬきうどんを1杯食べて、ここでさらにもう1杯。
そして愛媛を目指すルートは結構いいと思います。
他にもたくさんのさぬきうどんのお店がありますので、今後もご紹介したいと思います。